gabbianaのように



「蝶々夫人」初日

今日、無事に「蝶々夫人」初日を終える事ができました。
ご来場下さったたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
私が恵まれているのか、
私がのせていただく舞台のお客様はいつも温かい方ばかりな気がします。
今日もお客様の空気に救われたと申しましょうか、
いっぱい支えて頂きました。

一ヶ月以上も稽古をしてきたにも関わらず、どうしてもスズキの気持ちがわからないところがあり、
昨夜も早くに布団に入ったのですがなかなか眠れず、今日をむかえてしまいました。
結果はというと、本番直前に楽譜をみていた時ある発見をして、私なりには解決をして舞台に望む事ができました。
反省することはたくさんありますが、今日の本番を活かし、
明後日の千秋楽にはよい公演になるようがんばりたいと思います。

何度もいうようですが、栗山先生の舞台は本当に美しいです。
海外の公演映像を観ると、舞台設定や衣装が変だったりして、
日本人なのでどうしても色んなところが気になってしまいます。
でも栗山先生の演出ではそれがありません。
なかなか、こういう舞台には出会えないと思います。

オペラはなんと言っても音楽が主役だと私は思うのですが、
さすがプッチーニが一番愛したと言われる作品、
言葉がわからなくても何故か鳥肌がたってしまうような感動があります。
何かの文献で、プッチー二は涙を流しながらこの蝶々夫人を作曲したとありました。
どうすれば、こんな素晴らしいメロディーが浮かぶのでしょう、、、
音楽って本当にすごいと、またあらためて思ってしまいました。

この舞台を一人でも多くの方に観て頂きたいと願っています。
もしお時間がありましたら、明日11日と明後日12日の2公演ありますので、
ぜひお越し下さいませ。

私は明後日12日の本番を残すのみ!!
後悔のないよう、精一杯がんばります。
[PR]
by yucantus | 2009-10-10 23:53 | オペラ | Comments(2)
Commented at 2009-10-11 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-11 11:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 終わりましたぁ〜。 「蝶々夫人」GP修了。 >>


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
2018年スケジュール
at 2018-08-16 00:00
広島での第九
at 2018-08-15 22:54
新国立劇場 開場20周年記念..
at 2018-04-06 12:51
うれしいこと。
at 2018-03-03 11:44
私の古巣、東大和市でのコンサート
at 2018-02-24 23:30
カテゴリ
最新のコメント
♪仙堂新太郎様、 ..
by yucantus at 20:50
それは素晴らしかったです..
by 仙堂新太郎 at 02:30
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル