人気ブログランキング |

gabbianaのように



明日14:00から、無料ライブ配信

10/21(水)、14:00開演のコンサートはこちらから無料でご覧頂けます。1時間ほどの予定です。
もしお時間ございましたら、ちらっとでものぞいてみて下さい。

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=-RiwqW_FIqA
# by yucantus | 2020-10-20 22:11 | コンサート | Comments(0)

銀座ライオンでコンサート

つい先日お声をかけて頂き、急遽明後日10/21のコンサートに出演させて頂く事となりました。
平日のお昼間なので中々難しいと思いますが、ライブの歌声を楽しんで頂ければと思っております。また当日無料ライブ配信もされますので、遠方の方もお時間ございましたら覗いてみて下さい。

“音楽はやはりライブが1番”と思っていたのですが、ライブ配信は、普段から外出が難しい方や不意に時間ができた方、また身近なご家族や友人と気軽に見て聞いて頂ける素敵な機会なのかも…と思えるようになってきました。
ライブ配信については、詳細が分かり次第お知らせさせて頂きます。コンサートチケットはご予約制となっており、当日受付でお名前をお伺いし、お支払い・お引渡しとなります。チケットご希望の方は、私までメールでご一報下さい。

急に寒くなったので、皆さまくれぐれもご自愛下さいね。

銀座ライオンでコンサート_f0208202_12071228.gif


# by yucantus | 2020-10-19 11:53 | コンサート | Comments(0)

目に見えない大切なもの

10/12、新国『夏の夜の夢』全5公演を無事終える事ができました。共演者の皆さま、関係者全ての皆様、劇場に足を運んで下さった多くのお客様に、陰ながら声援を送って下さった皆様そして友達、本当に本当にありがとうございました。

今日10/14は、生きていれば父の82歳の誕生日…夏の夜の夢初日の100日前、父は天に召されました。
コロナの事も父の事も、自分が歌を歌っていた事も全て夢だったのでは…と思っていた稽古中、母から“パパのお財布に入ってたよ”とこの新聞記事を渡されました。20年間もこの記事をずっとお財布に入れていた父…あまり喋らなかった父が。こうして、人間は目に見えないもので強く支えられているのだと胸が熱くなりました。

いいのか悪いのか、20年経っても考えている事は全く変わっていない自分。“最高の声で歌いたい”。大きい声ならいいのか、感情がこもってればいいのか、正しければいいのか…全部必要なようで、どれも違うかもしれない。きっと死ぬまで考え探り続けるのでしょうね。歌も目には見えないけど、誰かを支えているはず。いつかそんな歌を歌えるようになりたい。
ここまで歌い続けられたのも、今まで出会った全ての方々のおかげです。皆さん、大好きです❣️
パパも大好き❣️
目に見えない大切なもの_f0208202_00000431.gif


# by yucantus | 2020-10-14 23:59 | 家族 | Comments(0)

『夏の夜の夢』千穐楽をぜひ劇場で‼︎

今日10/12は、『夏の夜の夢』千穐楽。無事にこの日が迎えられるのは、劇場関係者の皆様はもちろん、お客様お一人お一人の皆様のご協力のおかげでもあります。
本当に本当にありがとうございます。

東京都のイベント収容率緩和に伴い、まだお席のご用意がございますので、ぜひお一人でも多くのお客様にライブで観て感じて頂けましたら幸いです。

共演者一同、ブリテンが作曲した夏の夜の夢の世界を精一杯お届けします‼︎
よろしくお願いいたします。

『夏の夜の夢』千穐楽をぜひ劇場で‼︎_f0208202_01022344.gif
10/4初日終演後の写真〜新国立劇場ツィッターより

# by yucantus | 2020-10-12 00:45 | オペラ | Comments(0)

コロナ感染対策のご協力をお願い致します。

いよいよ明日、新国立劇場『夏の夜の夢』の初日を迎えようとしております。まだ先が見えぬ中、ご来場下さるお客様、そして応援して下さった多くの皆様に心より深く深く感謝申し上げます。
劇場ではコロナ感染対策として、多くの試みを行っており、お客様にはご面倒をおかけし恐縮ですが、ご理解のほどお願いいたします。
舞台関係者は毎日検温結果をアプリで劇場に知らせ、今月は2度のPCR検査を行い、全員陰性で今日を迎える事ができました。今後に続く国内全ての舞台公演の為にも、無事千穐楽を迎えられますよう、今一度お客様にもご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

# by yucantus | 2020-10-03 22:21 | オペラ | Comments(0)

新国立劇場『夏の夜の夢』

新国立劇場、ブリテン作曲『夏の夜の夢』のチケットが9/19より一般発売となりました。
劇場内ではいよいよ舞台での稽古、そしてオーケストラ稽古も始まっています。
屋根裏部屋を想定した何とも素敵な舞台。大人も子供も自然と摩訶不思議で魅力的な夢の世界へと誘われてしまうことでしょう。

今回、コロナ感染症対策の為、外国人招聘キャストの入国が叶わず、全キャスト邦人歌手へと変更になりました。指揮は飯森範親さんです。TOKYO FM少年合唱団のみんなも、この難しい音楽を既に完璧に歌い本当に素晴らしいです‼︎
そして、演出家デイヴィッド・マクヴィガーさんに代わり、レア・ハウスマンさんが毎日リモートでヨーロッパから稽古に参加して下さっています。
音楽・演出・舞台・照明スタッフさん、衣裳さんにヘアメイクさん、制作スタッフさんに劇場に携わる全ての方々(一体何人いらっしゃるのでしょう…)が連日感染対策に最善の注意を払い、皆様に何とか最高の舞台をお届けしたい一心で頑張っております。
約半年ぶりの新国立劇場でのオペラ公演、ぜひ劇場へ足をお運び下さいませ。

有難い事に、10/4と10/10は既に完売のようです。よいお席はお早めに。
皆様と劇場で再会できますことを、心より願っております。

新国立劇場『夏の夜の夢』_f0208202_13092375.jpg

新国立劇場『夏の夜の夢』_f0208202_13092353.jpg


# by yucantus | 2020-09-20 12:21 | オペラ | Comments(0)

新国2020/2021シーズン始動

残暑お見舞い申し上げます。
皆さま、お元気でらっしゃいますでしょうか。
すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。

悲しい事が続き、どう生活していたか覚えていないのですが…そんな事は言っていられません。
コロナ感染の不安はまだなくなりませんが、いよいよ新国立劇場の新シーズンが動き出しました。
2020/2021シーズンのオペラ最初の舞台は、ベンジャミン・ブリテン作曲『夏の夜の夢』。原作は勿論あのシェイクスピア。
私はヒポリタという女王様の役で出演予定です。

コロナ感染予防の為、以下のような変更がなされましたのでご一読頂けましたら幸いです。

♪『夏の夜の夢』公演内容変更のお知らせ

劇場関係者、そして共演者全ての方々と一丸となって、感染対策も含め安心して楽しんで頂ける素敵な舞台を作りたいと思っております。
不安な方もいらっしゃると思います…どうかご無理のない範囲で、劇場に足をお運び頂けましたら幸甚です。
10月には今以上に落ち着きが戻っている事を願って止みません。

どうぞお楽しみに‼︎

連日の猛暑、皆さまくれぐれもご自愛くださいませ。
私は地球ちゃんも心配です…。

♪新国立劇場〜『夏の夜の夢』新制作




# by yucantus | 2020-08-11 23:14 | オペラ | Comments(0)

『オペラ玉手箱』第二弾♪

みなさま、お元気ですか?
昨日から、第2弾“大野和士のオペラ玉手箱 with Singers”がYouTubeにて配信されております。今度は、マエストロセレクト『オペラ名曲集 ヴェルディ 〜サン=サーンス〜プッチーニ』。
私は『サムソンとデリラ』〜“私の心はあなたの声に花開く”(デリラのアリア)、そして『リゴレット』の四重唱でマッダレーナを歌わせて頂きました。

今回収録を経験して、舞台に立った時、どれだけ多くのエネルギーをお客様から頂いて自分が歌っていたのか、はっきりとわかりました。
今度みなさまの前で歌えた時は、私がたっくさんの元気をお届けしたいです。
肌寒い日が続くようなので、風邪などひかぬようお気をつけ下さいね。


# by yucantus | 2020-05-20 23:17 | オペラ | Comments(0)

大野マエストロのオペラ玉手箱『ホフマン物語』

あまりにもいいお天気で外へ出たくて堪らなくなっていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が発令される直前に収録しました、“大野和士のオペラ玉手箱 with Singers『ホフマン物語』”が配信されました。
オペラは劇場でお聞き頂けるのが1番ですが、お茶の間でまた違った雰囲気で楽しんで頂ければ嬉しいです。大野マエストロのオペラ愛が溢れて出てしまっています(笑)
もし『ホフマン物語』が公演されていれば、昨日が千穐楽でした…また劇場で皆様とお会いできる日を楽しみにしております。
どうかご無事でいらして下さいね。

# by yucantus | 2020-04-26 02:20 | オペラ | Comments(0)

E.T.A.ホフマンの世界

緊急事態宣言が出され、皆さまいかがお過ごしですか?私は舞台の予定がなくなり残念な反面、こんなに穏やかな気持ちは久しぶりで、今後の人生についてじっくり自分と向き合っています。

もしコロナ問題が起きていなかったら、今日は新国立劇場『ホフマン物語』の初日でした。
私達歌い手は本番に向け色んな準備をする訳ですが、その一つとして昨年、このオペラの原作作者であり主人公でもあるE.T.A.ホフマンが住んでいたベルリンに行ってきました。

E.T.A.ホフマンの世界_f0208202_15545068.jpeg
『Lutter & Wegner』というレストランが今もあり(1811年設立とある)、彼はこの同じ建物に住んでいたようです。

E.T.A.ホフマンの世界_f0208202_00311439.gif

『ホフマン物語』は“ルーテルおやじの酒場”で起こります。そう、まさにこのレストラン(名前から)‼︎ここに酒の妖精とミューズが現れ、ホフマンが夢中になっている歌姫ステラから彼を奪い返そうと親友ニクラウスに変装します。
今でもこのレストランの隣にはコンサートホール(ステラが出演していた?)があり、近くには音楽大学やベルリン国立歌劇場が。昔も今もこの辺りには若き芸術家が住み、夜な夜なこの酒場に集まってはホフマンと芸術について語り合っていたのでは…と勝手に想像。
ここでホフマンは、オランピア・アントニア・ジュリエッタ3人の女性との自分の恋物語を話して聞かせます。

E.T.A.ホフマンの世界_f0208202_02013147.gif
〜今にも酒の妖精とミューズが出てきそうな樽を発見

オペラ最終幕、悲しい結末の恋話ばかりを語り終えたホフマンが再び若者達と酒をあおり騒いでいると、ドン・ジョヴァンニの公演を終えた歌姫ステラが酒場に入ってきます。

〜因みにホフマンの本名はErnst Theodor Wilhelm Hoffmann。敬愛するヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにあやかってErnst Theodor Amadeus Hoffmannというペンネームにしたらしい。作曲家オッフェンバックはその事を知っていて、台本にモーツァルトの話を入れてきたのかもしれない…と考えるとまた楽しさ倍増〜

酔い潰れたホフマンを尻目にステラは顧問官リンドルフと去ってしまいます。1人になったホフマンに、ミューズは寄り添い幕となる。。。

E.T.A.ホフマンの世界_f0208202_02373701.gif
〜ホフマン物語そのものの雰囲気が今なお感じられる

やっぱり訪れてよかった。
今までスペイン(カルメン)、留学していたイタリア・フェッラーラ(コジ・ファン・トゥッテ)、ザルツブルグ(モーツァルト全般)、ウィーン(ばらの騎士)、ギリシャ(ヨーロッパの物語には欠かせない)、長崎(蝶々夫人や沈黙)、フランス・パリ(椿姫)など、趣味の旅行ではあるがオペラの物語を実感したいのもあり色んな所を訪れました。
今はインターネットで実にリアルに色んな物を見て知る事ができますが、やはり実際にそこへ行って、体験して、感じたものには勝てません。

いつかまたミューズとニクラウスを歌い演じられる日が来ますように。

# by yucantus | 2020-04-19 23:49 | | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
> hirokiyui..
by yucantus at 17:50
> hirokiyui..
by yucantus at 17:47
かもめのジョナサン懐かし..
by hirokiyui at 22:52
昨日はおつかれさまでした..
by hirokiyui at 19:17
♪仙堂新太郎様、 ..
by yucantus at 20:50
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル