gabbianaのように



2014年スケジュール、更新しました。

取り急ぎ、2014年スケジュールを更新しました。
ちょっとのぞいて頂けるとうれしいです(^^)

http://yukakoba.exblog.jp/i27/
[PR]
# by yucantus | 2014-06-04 13:20 | Comments(0)

ありがとう、茨城。。。

気付けばもう6月、、、
でも外の気温は真夏日の模様…皆様はお元気でらっしゃいますか?

5/24、地元での初ソロコンサートが終わりました。
母校の先生を始め、家族、親戚、友人、いつも応援して下さる方々、小学校の同級生まで来てくれて本当に嬉しかったです。また、ピアニスト黒木さんの茨城在住大学同期のお友達もいらして下さって、人との繋がりや温かみを感じました。。。本当にありがとうございました。

この日は体調が優れず反省する事ばかりですが、この経験もまた生かし、今後もがんばっていこうと思います。

アンコールで皆さんと一緒に歌った「ふるさと」は、本当に感動してしまいました。
今度は是非、本当の地元・桜川市で小さなコンサートをしたいなぁ〜。。。

皆様から頂戴したたくさんのお花は、実家の母がきれいに生けてくれました。
お花が大好きだったおばあちゃんも喜んでくれてると思います(^_^)

f0208202_0434313.jpg

[PR]
# by yucantus | 2014-06-02 00:26 | Comments(0)

地元で初ソロコンサート

もう今週のお話...また間際でのお知らせになってしまって本当にすみません(>人<;)
5月24日(土)に地元茨城で初めて、ソロコンサートをさせて頂くこととなりました。
私の母校、水戸第三高等学校音楽科同窓会で主催して下さいました。
きちんとしたソロコンサートは人生でまあ2回目なので、すでに緊張ぎみなんですが、
気取らず、気張らず、音楽のたのしさが自然とお客様に伝わればと願っております。
皆さんがきっと聞いたことのある名曲を、私の面白エピソードとともにお届けしたいと思っています。
今後、地元でのコンサートはいつになるかわかりません。
もしかしたら、これが最後になるかも...?
もしお時間ございましたら、ぜひ会場に遊びにいらしてください。
音楽は、特に、クラシックは“生~ライブ”が一番です!!
最後には会場の皆さんと一緒に歌っちゃうかも(^.^)♪♪♪

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

f0208202_2403777.jpg


うたの愉しみ~人生で出会った名曲たち

2014年5月24日(土)
13:30開場/14:00開演
会場: ひたちなか市文化会館小ホール
チケット(全席自由):2500円(学生1000円)

メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:黒木直子
[PR]
# by yucantus | 2014-05-20 02:43 | コンサート | Comments(0)

公演レビューが二期会blogに

先月公演『蝶々夫人』の公演レビューが、
二期会blog”オペラの散歩道”に掲載されました。
残念ながら劇場にいらっしゃれなかった方も、舞台の様子を感じて頂けると思います。
本当にたくさんの皆様にお越し頂き、
あらためまして本当にありがとうございました。

いまだに時々蝶々さんの音楽が頭に...
もういい加減切りかえなければっ!!

オペラの散歩道~二期会blog~2014年4月公演『蝶々夫人』
http://www.nikikai21.net/blog/2014/05/post_525.html
[PR]
# by yucantus | 2014-05-20 01:45 | オペラ | Comments(0)

蝶々夫人2014終演

気付けば蝶々夫人千秋楽からすでに10日が過ぎてしまいました。。。
たくさんのお客様にご来場頂き、またたくさんの拍手を本当にありがとうございました。
蝶々夫人の全公演を終えた後、蝉の抜け殻のようになっていました。それまで自分がどう過ごしていたか覚えていないのですが、場面場面では覚えており、今回も特に演出の栗山先生との時間は忘れられないものとなりました。
たった2拍の部分だけを約1時間稽古して下さったり、ちょっと時間ができれば、別のお部屋に行ってマンツーマンで楽譜から演技を読み取る事をこと細かに教えて下さったり、、、この感謝の気持ちはうまく言葉で表現できません。
いつか自らの力で演技し表現できるよう、今後も栗山先生に教えて頂いた事を少しずつでも理解できればと思っています。

またマエストロ ルスティオーニとの音楽も忘れられないものとなりそうです。
今回の滞在期間中31歳になったばかりのマエストロ、またいつか共演できる日を願ってやみません。

口にすると偉そうなのですが、いつも拍手を頂く度、“この拍手はプッチーニさん(作曲家)へですよ、ありがとうございました”と心の中で言っています。
100年以上昔に作曲され、字幕があるとはいえ日本語ではない歌詞で歌われているにも関わらず、今の時代でも人を感動させる事ができるオペラ…本当に素晴らしいと今回またあらためて思いました。
でもその感動は、稽古からお付き合い下さるスタッフさん、衣裳さん、メイクさん、床山さん、舞台美術さん、照明さん、字幕さん、オーケストラの皆様、指揮者さん、演出家さん、そして歌い手、制作に関わる皆様…全ての洗練された技が揃った時成し得る事ができる、まさに総合芸術です。
また、その感動は観て下さるお客様がいらっしゃらなければ成し得ないのです。

このオペラの魅力を1人でも多くの方にお伝えできるよう、今後も一人の歯車として精一杯がんばっていきたいと思います。
また劇場でお会いできます日を楽しみにしております。
心からありがとうございました。

f0208202_2294823.jpg

〜終演後、舞台袖にて(この写真は私の宝物です!)
f0208202_2294961.jpg

〜doroleちゃん(蝶々さんの子供)との1枚〜本当はとっても可愛い女の子だったんですよ(^_^)
[PR]
# by yucantus | 2014-05-08 01:58 | オペラ | Comments(0)

二期会公演『イドメネオ』に出演

連日、今月公演『蝶々夫人』の稽古に励み、白髪が倍増中です(苦笑)。
そんな中、今年9月に出演させて頂く二期会公演『イドメネオ』のキャストが発表になり、チケット販売も開始されました。
二期会の本公演に2公演連続出演させて頂くのは初めてで、この緊張感を喜びに変え、一舞台一舞台大切に演じ歌いたいと思っております。

愛に生きる蝶々さんに献身的に仕える明治の女性“スズキ”から、ギリシャ・ローマ神話でのクレタ島の王イドメネオの息子イダマンテへ。。。
そして、オペラ界の重鎮、栗山先生による王道を行く演出から、世界最先端を行くダミアーノ・ミキエレット氏の演出。。。
私がどこまで変貌できるか、、、どうぞお楽しみに(^^)

最近は特に、つい目に見える演出ばかりに話題が行きがちですが、やはりオペラは音楽が命です!!
そこで重要なのが指揮者!!!!!
3日前、今回の蝶々夫人公演の指揮者ダニエーレ・ルスティオーニ氏による初マエストロ稽古があったのですが、、、、一言、素晴らしいです!!!ただのイケメンではございません。
これでオーケストラ伴奏になったら、、、是非とも音楽はライブ(生)で聞いて頂きたい!!

そして『イドメネオ』の指揮は、準・メルクル氏。
指揮者の要求にしっかり応えられるよう準備したいと思います。

実はこの『イドメネオ』、昨年11月にすでにウィーンで初演されており、どぉ~~~~~しても気になってオーストリアまで観に行ってきてしまいました。
その時の旅の様子も(オペラに関する情報はほとんどありませんが^^;)、いずれちょこっとこちらで。

まずは蝶々夫人に全力投球、がんばります!!

f0208202_13225997.jpg
f0208202_13234683.jpg


『イドメネオ』

オペラ全3幕
日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
台本:ジャンバッティスタ・ヴァレスコ
原案:アントワーヌ・ダンシェ『イドメネ』
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

会場: 新国立劇場 オペラ劇場
公演日: 2014年9月 12日(金) 15:00
13日(土) 15:00
14日(日) 13:00
15日(月・祝) 13:00

開場は開演の30分前/上演予定時間:約3時間30分(休憩1回を含む)
協賛:みずほ証券

指揮: 準・メルクル
演出: ダミアーノ・ミキエレット

装置: パオロ・ファンティン
衣裳: カルラ・テーティ
照明: アレクサンドロ・カルレッティ
演出補: エレオノーラ・グラヴァグノラ

合唱指揮: 大島義彰
演出助手: 菊池裕美子

舞台監督: 村田健輔
公演監督: 曽我榮子

        9月12日(金)/14日(日)   9月13日(土)/15日(月・祝)
イドメネオ      与儀 巧              又吉秀樹
イダマンテ      山下牧子             小林由佳
イリア         新垣有希子            経塚果林
エレットラ       大隅智佳子            田崎尚美
アルバーチェ    大川信之             北嶋信也
大祭司        羽山晃生             新津耕平
声                   倉本晋児(全日)

合唱: 二期会合唱団
管弦楽: 東京交響楽団

※やむを得ない事情により出演者が変更となる場合がございます。

●入場料金(全席指定・税込)
※本公演の入場料金について、2014年4月1日以降の消費税率変更に伴う改定はございません。(料金据え置き)

S席:18,000円、 A席:14,000円、 B席:10,000円、C席:8,000円、D席:5,000円、学生席:2,000円
愛好会会員 S席:17,000円、A席:13,000円、B席:9,000円
※チケットお申込みと同時に愛好会へもご入会いただけます。


愛好会先行発売:2014年3月20日(木)
一般発売:2014年4月3日(木)

●ご予約・お問合せ
チケットスペース       03-3234-9999
二期会チケットセンター   03-3796-1831 (FAX 03-3796-4710)
受付時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~15:00/日・祝休業
[PR]
# by yucantus | 2014-04-10 13:37 | オペラ | Comments(0)

はるぅ〜〜〜\(//∇//)\

f0208202_9114073.jpg

来ましたねぇ〜、はるぅ〜、春がやって来ました♪♪♪
写真は熊本の友人宅の桜。
あまりにもきれいだったので、シェアさせて頂きました。
残念ながら、私はまだ生で桜を見ていません。
ん…今日も風が強そうですね。
美しい桜を見て、春のエネルギーをチャージしたいと思います‼︎
みなさまもすてきな日本の春を(^_^)
[PR]
# by yucantus | 2014-03-31 09:04 | 日常 | Comments(0)

異業種交流会に初参加♪♪♪

いつも直前のお知らせで本当にすみません(>人<;)
今週末3月29日に、異業種交流会と音楽会を合わせたチャリティーイベントに参加させて頂きます。
その中で、私はソプラノの菊地美奈さん、念願叶って今回初共演させて頂くピアニストの瀧田亮子さんと一緒に、オペラコーナーで30分ほど演奏させて頂きます。
私もどんな会になるのか、出演者ながら興味津々です。
会場でお会いできますことを、楽しみにしております。


チャリティ・音楽を楽しむ社交会~春の音楽祭~

2014年3月29日(土)
会場:赤坂シュビア(SUBIR AKASAKA TOKYO)

会費:10,000円(お食事&飲み放題付き)
↑ペアのみ(2名様のみ)の受付となっています。(受付締切3/28(金)17:00まで)

ソプラノ:菊地美奈
メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:瀧田亮子

【今回の音楽会のチャリティ先】
公益社団法人 駆け込み寺~http://nippon-kakekomidera.jp/
主催:深川亭一門会    協賛:株式会社 コラボ
[PR]
# by yucantus | 2014-03-28 01:14 | コンサート | Comments(0)

3.11...あれから3年。

2011年3月11日の東日本大震災から3年。。。
今年はこの日にブログを書こうと思っていたのに、
色んな思いが入り混じって書けずに過ぎてしまいました。
昨年も書けなかった。。。
でも、あの日の事は常に頭を離れません。
あの日以来、私の中で何かが変わったのは確かです。

当時、釜石に親戚を持つ歌い手仲間の一声に賛同し、
私は1箱の段ボールを石巻に送りました。
とりあえず、何かの役に立つのではと思えた物はすべて。
実はその後、釜石からご丁寧にお礼のお手紙を頂いたんです。
読むと被災から50日後...
“送って頂いた物資は、このように多くの方の手に渡り、役に立ってますよ”...と。
f0208202_01330256.jpg
f0208202_01332282.jpg
f0208202_02071406.png
 

まだまだ大変だったはずなのに、、、。
その後義捐金をお送りした際も、ご丁寧にお葉書を頂きました。

今年は都合が合わず、残念ながらチャリティーコンサートに参加できなかったのですが、
今後も自分にできる事を探して、少しでも被災された方々のお力になれればと思っています。
一日も早く、心穏やかな生活が訪れますように。。。

日常の幸せは決して当たり前のものではない。。。
日々すべてに感謝して生きていきたい。

[PR]
# by yucantus | 2014-03-14 01:50 | 東日本大震災 | Comments(0)

今度はスペインからブルージュへ

先日2月23日は、東京文化会館小ホールで「フィガロの結婚」の本番でした。
たくさんのお客様にお越し頂き、本当にありがとうございました。
残念ながら共演者と1枚も写真を撮れず。。。(T_T)
モーツァルト協会の方には、”マルチェッリーナがとても若く見えた”と、
ダメ出しされたような褒められたような...(^^;)

マルチェッリーナは老け役と思われがちですが、
当時モーツァルトの時代の人間の寿命はそんなに長くなかったですし、
フィガロももしかしたら10代かもしれないと思うと、
そのお母さんの彼女は、下手すると40歳になってなかったんじゃないかと思います。

それにしても、『フィガロの結婚』は喜劇なので笑える作品になっているはずなのに、
今回マルチェッリーナをやらせて頂いて、何か所か涙が出そうになりました。
やっぱりモーツァルトはすごい!!
彼は本当に天才だと思います。

実はこの本番の次の日、診察でインフルエンザと判明。。。
ですが、昨日から新国立劇場の稽古に参加しております。
もちろん、お医者様のお許しを得ております。


「フィガロの結婚」の舞台はスペイン、
今はコルンゴルド作曲「死の都」で舞台はベルギーのブルージュ。
色んな所に行けて幸せです、空想の世界ですが(^^)
そんな新国立劇場の稽古の様子が“ぶらあぼ”に掲載されたので、
よかったらのぞいてみてください。
http://ebravo.jp/archives/8006
[PR]
# by yucantus | 2014-03-01 01:15 | オペラ | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル