gabbianaのように



終わりましたぁ〜。

昨日(もう一昨日^^;)、東京二期会オペラ劇場「蝶々夫人」の公演、全日程が無事に終わりました。
たくさんのお客様にご来場頂き、本当にありがとうございました。
今回もたくさんの花束やプレゼントを頂き、今、我が家はお花でいっぱいです♪♪♪

f0208202_235968.jpg

この他にもたくさんお花を頂戴したのですが、せっかくなので実家にも送らせて頂きました。
お花が大好きな母に、小さな親孝行ができた気持ちです。皆さんのおかげです。

昨年のオーディションに受かって以来、気持ちばかりが焦って何から手を付けて準備すればよいのかわからず、気付けばあっという間に本番を終えてしまいました。
9月から始まった立ち稽古、本当に40日間もたったのだろうかという感じです。
いつも以上に数秒のシーンの音楽や動きを何時間もかけて作っていたからでしょうか、、、演出家の栗山先生には「何時間稽古すればできるんだ!!」と何度も怒られましたが、それでももっとお稽古して頂きたかったくらいでした。

でもそれは甘えなのかもしれません。
栗山先生には言葉では言い表せないような大切な事をたくさん気付かせて頂き、また教えて頂きました。ただただ感謝、感謝、感謝です。
演技や音楽の事だけではなく、自分が今までどれだけ周りの方々に甘えてきたか、音楽をどれだけなめていたか、自分がどれだけ勉強不足だったか、、、色んな事を愛情を持って気付かせてくれました。この年になって、、、全く情けないです。
栗山先生のご指導は厳しくて有名なのですが、私は怖いというより、毎回有り難くて涙ぐんでいました。でも、そんな涙ぐんでおセンチになっている自分も嫌で、先生の教えに少しでも応えられるようにとがんばってきました。

この数ヶ月は私の人生にとって、本当にかけがえのない貴重なものとなりました。
毎回思う事ですが、オペラは本当に多くの方々の力が結集されてできています。
演出の栗山先生、マエストロのジャック・デラコートさん、読売交響楽団の団員の皆様、演出助手の小須田さんに澤田さん、舞台監督の菅原さんにスタッフのみなさん、舞台美術さん、衣装さん、ヘア・メイクさん、床山さん、照明さん、公演監督の高先生、二期会の制作スタッフのみなさん、この公演が成立するようご尽力下さった方々、歌い手の私たち、そして会場のお客様、、、最後に忘れてはいけない偉大なる作曲家プッチーニ。そして台本作者。
オペラは本当に総合芸術です。
さらに言えば、感動を与えてくれる音楽という存在。
師匠ジュリアーノが「私たち歌い手は音楽のしもべでしかない」という言葉が思い出されます。

また栗山先生が「劇場というのは生き物なんだよ。とても神聖な場所なんだ」というお言葉、
なんかわかる気がします。
次の写真は私の大好きな場所で、東京文化会館の下手側(客席から見て左袖)の風景です。
今までこの大舞台に立ってきた舞台人たちサインやパネルがずらりと飾られています。
こんなすごい場所に私も立たせて頂けるなんて、、、本当に有り難く思います。

f0208202_0351036.jpg
f0208202_0354921.jpg


今回もまた貴重な経験をさせて頂いた事に感謝し、自分の血となり肉として今後も音楽の世界で精進していこうと思います。
最後に主役の蝶々夫人を歌った文屋さんとのツーショット写真。

f0208202_0403466.jpg


本当にありがとうございました。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-14 00:42 | オペラ | Comments(2)

「蝶々夫人」初日

今日、無事に「蝶々夫人」初日を終える事ができました。
ご来場下さったたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
私が恵まれているのか、
私がのせていただく舞台のお客様はいつも温かい方ばかりな気がします。
今日もお客様の空気に救われたと申しましょうか、
いっぱい支えて頂きました。

一ヶ月以上も稽古をしてきたにも関わらず、どうしてもスズキの気持ちがわからないところがあり、
昨夜も早くに布団に入ったのですがなかなか眠れず、今日をむかえてしまいました。
結果はというと、本番直前に楽譜をみていた時ある発見をして、私なりには解決をして舞台に望む事ができました。
反省することはたくさんありますが、今日の本番を活かし、
明後日の千秋楽にはよい公演になるようがんばりたいと思います。

何度もいうようですが、栗山先生の舞台は本当に美しいです。
海外の公演映像を観ると、舞台設定や衣装が変だったりして、
日本人なのでどうしても色んなところが気になってしまいます。
でも栗山先生の演出ではそれがありません。
なかなか、こういう舞台には出会えないと思います。

オペラはなんと言っても音楽が主役だと私は思うのですが、
さすがプッチーニが一番愛したと言われる作品、
言葉がわからなくても何故か鳥肌がたってしまうような感動があります。
何かの文献で、プッチー二は涙を流しながらこの蝶々夫人を作曲したとありました。
どうすれば、こんな素晴らしいメロディーが浮かぶのでしょう、、、
音楽って本当にすごいと、またあらためて思ってしまいました。

この舞台を一人でも多くの方に観て頂きたいと願っています。
もしお時間がありましたら、明日11日と明後日12日の2公演ありますので、
ぜひお越し下さいませ。

私は明後日12日の本番を残すのみ!!
後悔のないよう、精一杯がんばります。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-10 23:53 | オペラ | Comments(2)

「蝶々夫人」GP修了。

今週に入り、正直、毎日舞台稽古で体はヘロヘロ(汗)。
つくづく体力・気力の大切さを実感しております。
そんな中、今日GPが終わりました。
もう反省することばかり、、、
でも最後まで少しでもいい舞台になるようあきらめません!!

先ほど東京二期会のHPをのぞいたら、
ブログコーナーに、昨日のGPシーンの写真と様子が紹介されていました。
お時間がありましたら、ぜひご覧になって下さい。

http://www.nikikai21.net/blog/2009/10/post_215.html

栗山先生の演出は本当に美しいです。
明日は「蝶々夫人」初日♪♪♪
私はおうちで明後日の本番の為に体を休ませつつ、
初日チームの好演を心から祈っていようと思います。

栗山先生演出の蝶々夫人を観られるのは、これが本当に最後になるかもしれないそうです。
どうぞお見逃しなく!!!!! 

※どうも集中力がなく、興味深い内容が書けずにすみません(><)
[PR]
# by yucantus | 2009-10-08 23:06 | オペラ | Comments(2)

中山悌一先生 ご逝去

平成21年9月29日、二期会の創設者であるバリトン歌手の中山悌一先生がお亡くなりになられた。
残念ながら一度もお会いした事はなかったのですが、
昨日10月4日のお通夜に参列させて頂きました。

1952年、中山先生を含む当時ご活躍されていた歌手4名で結成された『二期会』。
今年で創立57年目という事になる。
今では「オペラ」と耳にしてもそんなに珍しいものではなくなったが、
今から50年以上前の日本、、、クラシックがどのような存在だったか想像もつかない。
そんな中、二期会を立ち上げた中山先生方は本当にすごいと思う。
どこからそのエネルギーが湧いてきたのか、、、音楽に対する愛情なのだろうか。
日本でのオペラの普及に二期会が大きな影響を与えたのは言うまでもない。

そんな二期会の伝統を感じる演目、『蝶々夫人』の舞台に私はのせて頂く。
今更ながら、さらなるプレッシャーを感じる。
とにかく精一杯演じ、歌うしかない。
がんばります!!

中山悌一先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました、、、。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-05 21:58 | 出来事 | Comments(2)

蝶々夫人の稽古レポート

あっという間の9月、、、もう終わろうとしていますね。
9月1日から始まった「蝶々夫人」の稽古も終盤をむかえ、
明日はいよいよ通し稽古(全幕止めずに稽古する)です。
本当に止まらずに稽古がすめばいいのですが、、、(汗)

その「蝶々夫人」での必死な稽古姿が、
二期会のホームページに紹介されました。
かなりいけてない写真に愕然としてしまったのですが、
これをいつも目にいれて反省しつつ、
本番ではいい表情で、少しでもいい表現できるようがんばります!!
よかったら覗いてみて下さい。

http://www.nikikai21.net/blog/2009/09/post_214.html
[PR]
# by yucantus | 2009-09-29 20:32 | オペラ | Comments(2)

スカラ座日本公演「ドン・カルロ」

今日、スカラ座の「ドン・カルロ」を観に行ってきました!!
お知り合いの方が都合が悪くて急に行けなくなった事を偶然伺い、
たまたま稽古もお休みだったので、「これは運命!!」と思い即購入致しました。

いやぁ〜〜〜、大切な事を思い出させていただきました、、、。
イタリアでの師匠とのレッスンで体験したあの感覚、、、。

一番よかったのはフィリッポⅡ世を歌ったルネ・パーペ!!
3幕頭のアリア『Ella gimmai m'amo』で、久しぶりに感動して泣きました。
実は今日の公演、3幕から天皇、皇后両陛下がいらしたんです。
2階正面の席がガランと空いていたので不思議に思っていたら、そういう事でした。
(ちなみに私は3階右側の席でした。)
国王として生きる苦悩を歌ったあのアリアを、
両陛下はどんなお気持ちでお聞きになっていたんだろう、、、
などと考えていたら、余計に涙が出てきてしまいました。

お客様の反応もこの時が一番よかったように思います。
やはりお客様には伝わる、、、というかわかるんですね。
来月の「蝶々夫人」も同じ東京文化会館。
色々考えてしまって100%楽しんで観る事ができませんでしたが、
明日からの稽古に、この感動をうまくいかせればと思います。

あらためて、あの大舞台にのせて頂けることへ深く深く感謝、、、。
がんばらねば!!
[PR]
# by yucantus | 2009-09-18 00:04 | 舞台・映画鑑賞 | Comments(2)

お気に入りの場所

f0208202_1353976.jpg

f0208202_1353960.jpg

今日は久しぶりのオフ。
郵便局へ行く途中、私の大好きな玉川上水遊歩道を散歩してきました。ここは我が家から徒歩5分くらいの所にあり、東京とは思えない気分にさせてくれます。

昨年もそうだったのですが、うちのベランダに夏とともに生涯を終えた蝉さんが2匹いたので、そこの遊歩道の土に返してあげました。
すると、周りで「パチッ、、、パチッ、、、」という音が。
何かと思ったら、かわいらしいどんぐりが木から落ちてくる音でした。ほとんどがまだ緑色のどんぐり。これから季節と共に少しずつ色が深まっていくのでしょうね、、、。

あぁ〜、もう秋ですね。
久しぶりに自然にふれ、今まで稽古の緊張で浅くなっていた呼吸が少し深くなれました。

栗山先生がおっしゃっていた、「俳優はいつでもニュートラルでなければならない」というお言葉、、、
自然のおかげで深い呼吸と共に少しニュートラルに戻れた気がし、、、ます(苦笑)。

よしっ、明日からの稽古もがんばるぞ!!
さあ、練習練習♪♪♪

やっぱり自然ていいですね(^-^)
[PR]
# by yucantus | 2009-09-14 13:53 | 日常 | Comments(2)

東京二期会公演「蝶々夫人」

ブログに書きたい事はたくさんあるんですが、、、
取り急ぎ、今、稽古している「蝶々夫人」のお知らせです!!

「蝶々夫人」
オペラ(日本女性の悲劇)全3幕
字幕付原語(イタリア語)上演
台本:ルイージ・イッリカ及びジュゼッペ・ジャコーザ
作曲:ジャコモ・プッチーニ
会場: 東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口前)
公演日:2009年10月 9日(金)18:30
          10日(土)14:00
          11日(日)14:00
          12日(月・祝)14:00
開場は開演の60分前/上演予定時間:約2時間50分(休憩を含む)

指揮: ジャック・デラコート
演出: 栗山昌良

キャスト
配役9日(金)/11日(日) 10日(土)/12日(月・祝)
蝶々夫人大山亜紀子 文屋小百合
スズキ 山下牧子  小林由佳
ピンカートン樋口達哉 小原啓楼
シャープレス直野 資  久保和範
ボンゾ 佐藤泰弘 三戸大久
神官 大塚博章  渥美史生
ゴロー 近藤政伸  栗原 剛
ケート 渡邊 史    谷原めぐみ
ヤマドリ鹿野由之  境 信博
ほか
合唱:二期会合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団

詳しい内容はこちらをご参照下さいませ。
http://www.nikikai.net/lineup/butterfly2009/index.html

私は蝶々さんの仕える女中役のスズキを演じ歌います。
今回の舞台の為に色々な映像を観ましたが、
私はやっぱり日本人が演じる蝶々さんが一番だと思いました。
でも、あくまで音楽はイタリアンでいきたい!!
、、、というのが私の目標です。
一度は歌ってみたいと思っていたスズキ。
またいつものように、これが人生で最初で最後と思い頑張ります。
一人でも多くの方にお越し頂ければ幸いです♪♪♪
[PR]
# by yucantus | 2009-09-06 01:31 | オペラ | Comments(2)

「蝶々夫人」立ち稽古開始!!

あっという間にもう9月。
皆様はいかがお過ごしですか?
知らないうちに、秋の空気が感じられるようになりましたね。

私はというと、いよいよ蝶々夫人の立ち稽古が昨日9月1日から始まりました。
これから10月頭の本番まで、ほぼ毎日稽古です。
体調を崩さず、内側からすっかりスズキ役になれるよう頑張ります!!
公演の情報はまた改めて報告させて頂きます。

新型インフルエンザの心配ですが、
ウィルスも吹っ飛ばすつもりで元気にいきましょう♪♪♪

余裕があったら(ない可能性100%、^^;)、稽古の様子などお伝えしたいと思います。
[PR]
# by yucantus | 2009-09-02 11:09 | オペラ | Comments(4)

第九にて記念撮影!!

先日8月15日、「第九」終演後に、
神奈川県立音楽堂さんの意向で、会場ロビーにてお客様を交えたレセプションがありました。
その時に撮影した写真を事務局の方が送って下さったので、
私の思い出のためにもここに載せちゃおうと思います。

f0208202_22393836.jpg


左から与那城敬さん、小林沙羅さん、マエストロの飯森範親さん、私、中嶋克彦さん。
マエストロの浴衣姿、素敵でした♪
音楽堂の皆さんとも一緒にお写真撮りたかったです(><)

会場でお客様がお声をかけて下さって、とってもうれしかったです。
ありがとうございました。
[PR]
# by yucantus | 2009-08-20 22:44 | コンサート | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
日本のオペラのかたち
at 2017-08-26 10:30
感謝…
at 2017-08-23 23:19
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル