gabbianaのように



大好きな長野県・松本市☆☆☆

11月17日、長野県は松本市にありますザ・ハーモニーホールで開催された、
「国際ソロプチミスト松本認証30周年記念コンサート」に東京オペラシンガーズとして出演して参りました。
毎年夏に行われるサイトウ・キネン・フェスティバルでよく訪れていた松本、
今回は3年ぶりでしょうか、訪れる事ができてそれだけでとても嬉しかったです。

f0208202_116529.jpg

松本のシンボル「松本城」

コンサートは各パート4人ずつで日本・世界の名曲を初め、合唱はもちろん、
重唱ありミュージカルあり、オペラありのプログラムで、
私は「カルメン」から“ハバネラ”をソロで歌わせて頂きました。
お客様が大変あたたかい雰囲気で、楽しく気持ちよく歌わせて頂きました。
最後には大きな拍手と声援を頂き、また立ち上がって拍手をして下さっていたお客様もいらして、
本当に有り難く、幸せでした。
ありがとうございました。

松本の方々はいつも感じるのですが、本当に心穏やかな優しい方が多くように思います。
今回も、至れり尽くせりのおもてなしをして頂き心より感謝申し上げます。
楽屋に行くと、そこにはすでに「ファイブ・ホルン」というお店のサンドイッチが用意され、
しばらくするとこれまたおいしいとんかつのお店「かつ玄」のお弁当が届き、
その他にも主催者の方々の手作りお漬け物、りんごや柿、地元のおいしいぶどう、桃、
リンゴのジュースをごちそうになりました。
あまり本番前は食べないようにしているのですが、今回ばかりは完食してしまいました。

f0208202_1114749.jpg

「かつ玄」のひれかつ弁当

このように、松本を訪れると一番楽しみになのが、食べること♪♪♪
今回一番の目的にしていたのは「おきな堂」のポークソテー!!!!!!!
もう食べたくて食べたくて、夢にまでみたくらいでした。
いやぁ〜、うんまっかったですぅ〜〜〜(^,^)
肉の厚さはたぶん4cmはあるでしょうか、なのに、ペロッと食べれちゃうんです。

f0208202_1134073.jpg

「おきな堂」のポークソテー♪♪♪

この写真、携帯の待ち受けにしたいくらいです(^^;)
私は普段そんなにお肉を食べないのですが、ここのポークソテーを知ってからかなり好きになりました。
最近はお店の入れ替わりが激しく、なかなか老舗と言われるお店が育っていないと思いませんか?
松本に来ると、「このお店のこれを食べたい!!」というところばかりで、滞在中は毎日のように外食を楽しんでしまいます。
今回は一軒しか行けず残念でしたが、また訪れた時、必ずお邪魔したいと思います。
そのためにも、いつまでも長くお店を続けて頂きたいです。
私もそんなお店のような歌い手になりたいな、、、
蝶々夫人が終わって、燃え尽き症候群になっていましたがまたがんばります。

みなさんも美味しいものを食べて、幸せいっぱい楽しい毎日をお過ごし下さいね♪
あっ、この時期におそばを食べずに帰ってきてしまった、、、うぅ、、、、、。

〜いつも食べ物の写真ばかりでごめんなさい。演奏会の様子も紹介できるよう努力します(汗)
[PR]
# by yucantus | 2009-11-20 01:17 | おいしいお話 | Comments(2)

寒くなりましたねぇ〜

f0208202_13291469.jpg

またまたすっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。

実は今、長野県の松本に向かう特急あずさの中でして、小淵沢辺りのトンネルを抜けたらなんとそこは雪景色でした。
今夜はザ・ハーモニーホールで東京オペラシンガーズの本番です♪♪♪ちょっと旅行気分ですが、お客様に喜んで頂けるよう頑張ります。

みなさんも風邪をひかぬよう気をつけて下さいね(^-^)
[PR]
# by yucantus | 2009-11-17 13:29 | | Comments(0)

「蝶々夫人」公演後記

今月10月9日〜12日に公演された、東京二期会オペラ公演「蝶々夫人」の様子が、
二期会ホームページのブログコーナーに公演後記として紹介されました。
作品のあらすじと共に写真が掲載されておりますので、ぜひご覧下さいませ。

http://www.nikikai21.net/blog/2009/10/post_220.html

やはり栗山先生の舞台は美しいです。
この舞台にのせて頂けたなんて、本当に夢のようです。
あれからまだ3週間しか経っていないのですが、
とても昔のように感じます、、、。
ただただ有り難い、、、感謝するばかりです。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-31 00:46 | オペラ | Comments(5)

新ジャンルに初挑戦!!

f0208202_16253498.jpg

f0208202_16253489.jpg

昨日から実家の茨城へ帰郷しておりました。やはり田舎は寒いです(><)皆様はいかがお過ごしですか?

さて、ちょっと大袈裟なタイトルにも感じますが、今度出演させて頂く演奏会のお知らせです。

“初世・宮下秀冽、生誕百年記念演奏会”
2009年11月1日(日)
12時30分開演(12時開場)
会場:国立劇場・小劇場
チケット:前売4500円/当日5000円

この演奏会で、私は「風花無限」という曲に参加致します。
和楽器を使った組曲と申し上げればよいでしょうか、その中で女声を務めます。歌う部分は本当に少なく、「風」「花」と言った単語のみの歌唱で、声も楽器のように扱われています。
私にとっては初の現代曲で、おばかな私はもうドキドキです。

先週初めて稽古に参加したのですが、思った通りハチャメチャでした(汗)。
でも今まで見た事のない楽器ばかりとの共演で仕上がりが、とても楽しみです。
三十弦琴にサンツールといったアジアン楽器き、チェロ、マリンバ、尺八・篠笛・竜笛・笙、鼓に鈴、その他色んな打楽器が使われています。
この初めての世界観に溶け込むには時間が足りないと思いますが、頭を柔軟にこの音楽を楽しみたいと思います。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-25 16:25 | コンサート | Comments(2)

ゴブラン会 秋の賞味会

蝶々夫人の千秋楽を終えた2日後の10月14日、
「ゴブラン会 秋の賞味会」というフランス料理を楽しむお食事会にお招き頂き、
昨年「ドン・カルロ」でお世話になったピアニストの長澤恵美子さんとミニコンサートをしてまいりました。
「ゴブラン会」とは食文化の発展を願って、食を提供する方、携わる方、愛する方の集まる会だそうで、大変著名な方々がたくさんいらっしゃいました。この日はちょうど京都版ミシュランが出版されたというニュースがあった日で、お一人のシェフがその話題を出して、お料理に対する熱い思いを語っておられました。食べる事が大好きな私も、舞台裾で「うん、うん!!」と聞き入ってしまいました。

そんな本物を追求する方々の集まりと聞いて、これはおいしいお料理の邪魔になるような演奏はできないと緊張して伺ったのですが、なんというんでしょう、、、おいしいものを愛する人に悪い人はいませんね♪たいへん和やかな雰囲気で、気持ちよく歌わせて頂きました。
会場はホテルニューグランド横浜の本館にあります、レインボーボールルーム。1927年に開業したというこのホテルは、私の大好きな歴史を感じる重厚な空間で、一目で気に入ってしまいました。

コンサート後はすぐに席につき、私もおいしいフランス料理のディナーをご賞味させて頂きました。ドレス姿のままお食事を頂くのは初めてだったのですが、これもまた、いいものでした。

お行儀が悪いとわかりつつも、素敵なお料理たちを携帯のカメラで写真を撮ってまいりました♪
もう写りが悪くてシェフに申し訳ないのですが、せっかくなのでここでご紹介します。

〜鮪とアヴォカドのカクテル さつまいものミニエクレア〜
f0208202_2314282.jpg

私の一番大好きな組み合わせ♪一皿目でもううきうきでした。

〜海の幸のデリース 毛蟹入りレムラードソース〜
f0208202_2341797.jpg

本当にそれぞれの海の幸さんがきれいな色で、見ているだけで幸せになれました。

〜セップ茸と野菜のスープ パイ包み焼き〜
f0208202_237867.jpg

初めて食べたきのこだったのですが、香り高くいい歯ごたえで、秋を感じる素敵な一品でした。

〜“シチュービーフ”温野菜添え〜
f0208202_23101441.jpg

シェフ渾身のお皿。ごまかしのきかないフランス料理の王道といった感じでした。
添えてある温野菜もそれぞれの味が濃く、一口頂く度に体の細胞が喜んでいるのがわかりました。

食後にピスタチオのムースと小菓子があったのですが、うっかり写真を撮り忘れました(汗)。
イタリアでよく食べていたピスタチオの味は本当に幸せでした。このムースは色だけではない、本物のピスタチオの味がしました。

という感じで、歌った姿や音楽に関する内容はゼロです(^^;)どうぞお許し下さい。
私は食べる事が本当に好きで、今後おいしいものを食べたら紹介しようと思います。

いやぁ〜、やっぱり“食”は大切ですね。
疲れていた体が一気に元気になりました。でも、帰宅後は全身筋肉痛状態でした。
愛情こもったおいしいお料理をありがとうございました、シェフ!!!
(写真の撮り方が下手で本当にすみません)
[PR]
# by yucantus | 2009-10-18 23:19 | おいしいお話 | Comments(2)

終わりましたぁ〜。

昨日(もう一昨日^^;)、東京二期会オペラ劇場「蝶々夫人」の公演、全日程が無事に終わりました。
たくさんのお客様にご来場頂き、本当にありがとうございました。
今回もたくさんの花束やプレゼントを頂き、今、我が家はお花でいっぱいです♪♪♪

f0208202_235968.jpg

この他にもたくさんお花を頂戴したのですが、せっかくなので実家にも送らせて頂きました。
お花が大好きな母に、小さな親孝行ができた気持ちです。皆さんのおかげです。

昨年のオーディションに受かって以来、気持ちばかりが焦って何から手を付けて準備すればよいのかわからず、気付けばあっという間に本番を終えてしまいました。
9月から始まった立ち稽古、本当に40日間もたったのだろうかという感じです。
いつも以上に数秒のシーンの音楽や動きを何時間もかけて作っていたからでしょうか、、、演出家の栗山先生には「何時間稽古すればできるんだ!!」と何度も怒られましたが、それでももっとお稽古して頂きたかったくらいでした。

でもそれは甘えなのかもしれません。
栗山先生には言葉では言い表せないような大切な事をたくさん気付かせて頂き、また教えて頂きました。ただただ感謝、感謝、感謝です。
演技や音楽の事だけではなく、自分が今までどれだけ周りの方々に甘えてきたか、音楽をどれだけなめていたか、自分がどれだけ勉強不足だったか、、、色んな事を愛情を持って気付かせてくれました。この年になって、、、全く情けないです。
栗山先生のご指導は厳しくて有名なのですが、私は怖いというより、毎回有り難くて涙ぐんでいました。でも、そんな涙ぐんでおセンチになっている自分も嫌で、先生の教えに少しでも応えられるようにとがんばってきました。

この数ヶ月は私の人生にとって、本当にかけがえのない貴重なものとなりました。
毎回思う事ですが、オペラは本当に多くの方々の力が結集されてできています。
演出の栗山先生、マエストロのジャック・デラコートさん、読売交響楽団の団員の皆様、演出助手の小須田さんに澤田さん、舞台監督の菅原さんにスタッフのみなさん、舞台美術さん、衣装さん、ヘア・メイクさん、床山さん、照明さん、公演監督の高先生、二期会の制作スタッフのみなさん、この公演が成立するようご尽力下さった方々、歌い手の私たち、そして会場のお客様、、、最後に忘れてはいけない偉大なる作曲家プッチーニ。そして台本作者。
オペラは本当に総合芸術です。
さらに言えば、感動を与えてくれる音楽という存在。
師匠ジュリアーノが「私たち歌い手は音楽のしもべでしかない」という言葉が思い出されます。

また栗山先生が「劇場というのは生き物なんだよ。とても神聖な場所なんだ」というお言葉、
なんかわかる気がします。
次の写真は私の大好きな場所で、東京文化会館の下手側(客席から見て左袖)の風景です。
今までこの大舞台に立ってきた舞台人たちサインやパネルがずらりと飾られています。
こんなすごい場所に私も立たせて頂けるなんて、、、本当に有り難く思います。

f0208202_0351036.jpg
f0208202_0354921.jpg


今回もまた貴重な経験をさせて頂いた事に感謝し、自分の血となり肉として今後も音楽の世界で精進していこうと思います。
最後に主役の蝶々夫人を歌った文屋さんとのツーショット写真。

f0208202_0403466.jpg


本当にありがとうございました。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-14 00:42 | オペラ | Comments(2)

「蝶々夫人」初日

今日、無事に「蝶々夫人」初日を終える事ができました。
ご来場下さったたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
私が恵まれているのか、
私がのせていただく舞台のお客様はいつも温かい方ばかりな気がします。
今日もお客様の空気に救われたと申しましょうか、
いっぱい支えて頂きました。

一ヶ月以上も稽古をしてきたにも関わらず、どうしてもスズキの気持ちがわからないところがあり、
昨夜も早くに布団に入ったのですがなかなか眠れず、今日をむかえてしまいました。
結果はというと、本番直前に楽譜をみていた時ある発見をして、私なりには解決をして舞台に望む事ができました。
反省することはたくさんありますが、今日の本番を活かし、
明後日の千秋楽にはよい公演になるようがんばりたいと思います。

何度もいうようですが、栗山先生の舞台は本当に美しいです。
海外の公演映像を観ると、舞台設定や衣装が変だったりして、
日本人なのでどうしても色んなところが気になってしまいます。
でも栗山先生の演出ではそれがありません。
なかなか、こういう舞台には出会えないと思います。

オペラはなんと言っても音楽が主役だと私は思うのですが、
さすがプッチーニが一番愛したと言われる作品、
言葉がわからなくても何故か鳥肌がたってしまうような感動があります。
何かの文献で、プッチー二は涙を流しながらこの蝶々夫人を作曲したとありました。
どうすれば、こんな素晴らしいメロディーが浮かぶのでしょう、、、
音楽って本当にすごいと、またあらためて思ってしまいました。

この舞台を一人でも多くの方に観て頂きたいと願っています。
もしお時間がありましたら、明日11日と明後日12日の2公演ありますので、
ぜひお越し下さいませ。

私は明後日12日の本番を残すのみ!!
後悔のないよう、精一杯がんばります。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-10 23:53 | オペラ | Comments(2)

「蝶々夫人」GP修了。

今週に入り、正直、毎日舞台稽古で体はヘロヘロ(汗)。
つくづく体力・気力の大切さを実感しております。
そんな中、今日GPが終わりました。
もう反省することばかり、、、
でも最後まで少しでもいい舞台になるようあきらめません!!

先ほど東京二期会のHPをのぞいたら、
ブログコーナーに、昨日のGPシーンの写真と様子が紹介されていました。
お時間がありましたら、ぜひご覧になって下さい。

http://www.nikikai21.net/blog/2009/10/post_215.html

栗山先生の演出は本当に美しいです。
明日は「蝶々夫人」初日♪♪♪
私はおうちで明後日の本番の為に体を休ませつつ、
初日チームの好演を心から祈っていようと思います。

栗山先生演出の蝶々夫人を観られるのは、これが本当に最後になるかもしれないそうです。
どうぞお見逃しなく!!!!! 

※どうも集中力がなく、興味深い内容が書けずにすみません(><)
[PR]
# by yucantus | 2009-10-08 23:06 | オペラ | Comments(2)

中山悌一先生 ご逝去

平成21年9月29日、二期会の創設者であるバリトン歌手の中山悌一先生がお亡くなりになられた。
残念ながら一度もお会いした事はなかったのですが、
昨日10月4日のお通夜に参列させて頂きました。

1952年、中山先生を含む当時ご活躍されていた歌手4名で結成された『二期会』。
今年で創立57年目という事になる。
今では「オペラ」と耳にしてもそんなに珍しいものではなくなったが、
今から50年以上前の日本、、、クラシックがどのような存在だったか想像もつかない。
そんな中、二期会を立ち上げた中山先生方は本当にすごいと思う。
どこからそのエネルギーが湧いてきたのか、、、音楽に対する愛情なのだろうか。
日本でのオペラの普及に二期会が大きな影響を与えたのは言うまでもない。

そんな二期会の伝統を感じる演目、『蝶々夫人』の舞台に私はのせて頂く。
今更ながら、さらなるプレッシャーを感じる。
とにかく精一杯演じ、歌うしかない。
がんばります!!

中山悌一先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました、、、。
[PR]
# by yucantus | 2009-10-05 21:58 | 出来事 | Comments(2)

蝶々夫人の稽古レポート

あっという間の9月、、、もう終わろうとしていますね。
9月1日から始まった「蝶々夫人」の稽古も終盤をむかえ、
明日はいよいよ通し稽古(全幕止めずに稽古する)です。
本当に止まらずに稽古がすめばいいのですが、、、(汗)

その「蝶々夫人」での必死な稽古姿が、
二期会のホームページに紹介されました。
かなりいけてない写真に愕然としてしまったのですが、
これをいつも目にいれて反省しつつ、
本番ではいい表情で、少しでもいい表現できるようがんばります!!
よかったら覗いてみて下さい。

http://www.nikikai21.net/blog/2009/09/post_214.html
[PR]
# by yucantus | 2009-09-29 20:32 | オペラ | Comments(2)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル