gabbianaのように



<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


椿姫の稽古@熊本

この週末は熊本に行ってまいりました。
久しぶりの羽田空港。駅とか空港って、なぜかワクワクしちゃうんですよね。

熊本に降りるともうすっかり空気は春...いや、初夏のようでした。
なのに私はタートルセーターしか持って来ず、完全に服装を間違えました。
でも今日帰京すると、東京はなんと雪!!
間違えてよかったです(^^;)

さて、椿姫共演者との初めての顔合わせ。
少し緊張していたのですが、皆さん気さくな方ばかりで楽しい舞台になる予感がしました。
特に演出家の小西さんはとても魅力的な方で、指示もわかりやすく、
次回の稽古にはもっとディスカッションをして、合唱の皆さんとともに、
そのシーンの空気感だったり、
主役の関係をより際立たせられるように盛り上げていきたいと思います。

強行スケジュールの中、しっかりおいしいものも食べてきましたよ♪
まずは居酒屋さんでお刺身と馬刺を頂きました。
f0208202_23154366.jpg

〜この盛り合わせで1980円!!東京だったら一体。。。







馬刺は写真を撮り忘れてしまいました(><)
本州ではめずらしい“たてがみ”のお刺身。見た目は油の固まりみたいなんですが、
アルフレード役の井ノ上さんに「コラーゲンだよ」と言われ、どきどきしながら口へ、、、。
思ったよりあっさりしていて、次の日の朝はお肌の調子がよかった気がしました。

そしてそして、忘れちゃいけない「熊本ラーメン」!!
f0208202_23195353.jpg

〜地元で行列ができるというラーメン屋さん「黒亭」







お店の前をとんこつ独特のにおいが漂っていましたが、
こちらも思ったよりあっさりしていておいしく頂きました。
地方に行くとどうしてもおいしいものに走ってしまうんですよね(^^)
きちんと稽古の様子もお伝えしなければ!!

今日は熊本が濃霧のため飛行機が大幅に遅れ、離陸したものの乱気流で大きく揺れ、
東京に着いた時にはもうヘロヘロでした。
もう無理のきかない体になったのを痛感。
やっぱり長距離移動は結構体に負担がかかっているんですよね。

寒かったり温かかったり、気温の変化が激しいので皆さんも気をつけて下さいね。
[PR]
by yucantus | 2011-02-28 23:31 | | Comments(0)

ご先祖様にご挨拶

先日のつくばでの本番を終えてホッと一息。。。
花粉も飛び始めていたので心配でしたが、風邪やインフルエンザにもかからず、
何とか無事歌いきることができました。

それはいつも心配してくれている家族はもちろん、ご先祖様のおかげかな...と思い、
東京へ戻る前に、久しぶりにお墓参りに行ってきました。
お墓をきれいにお掃除して、お線香をあげると気持ちが落ち着きます。

うちのお墓は“法蔵院”というお寺にあるのですが、私はこの場所が大好きなんです。
山門前には「岩瀬小学校発祥之地」という碑が立っていて、
その文字通り、私が通った小学校はここから始まりました。
1875年(明治8年)太田法蔵院に「犬田小学校」として創立、
今の場所には1939年(昭和14年)に新築移転されたそうです。
私が確か小学校2年生の頃に新しい校舎になり、
それまでは木造立ての校舎で、毎日ぞうきんかけをしていました。
木でできた長い廊下はよく磨かれ、黒光りしていたのを今でも覚えています。
きれいだったなぁ。。。

この法蔵院では、どんな授業風景だったんでしょうね。。。
ここを訪れる度、いつも素敵な日本の四季を教えてくれます。
この日は近くに梅が咲き、風もどことなくやわらかく感じました。
初夏には田植えが終わると田んぼの苗がきれいに並び、水の上を風が通る度きれいな波紋を描き、
夏には畑が緑のじゅうたんとなって、その上には元気な太陽がにこにこ笑って蝉がなき、
秋には山々が紅葉し、畑は稲穂で金色に輝き、赤とんぼが飛ぶ。
冬の雪の降った日には“ゆぅ〜きやこんこん♪”と歌いたくなる風景。
当たり前だった風景が、今ではとても貴重で贅沢なものに感じます。
ちょっと残念なのは、その風景の中に北関東自動車道ができてしまったこと。
でも仕方がないのかな。。。

2005年には岩瀬町、大和村、真壁町が合併して桜川市となり、「桜川市立岩瀬小学校」と改称。
建物などはどんなに変わっても、この自然だけは今後もずっと残ってほしい!!
最近特にそう思います。
その為には、今生きる私達がそれを未来に残す努力をしなければですよね。

4月には、山桜が咲きみだれます。
あまり、、、嫌、全く知られていないのですが、
「西の吉野、東の桜川」といって、我が故郷はサクラの名所なんです。
地元の方々のご努力でここ数年のうちかなり知られてきましたが、
私も微力ながら町おこしのお手伝いをしたいといつも思っております。

なんと雑誌・家庭画報の4月号では、桜川の桜が特集されているそうです!!
http://www.kateigaho.com/magazine/notice/index.html

こちらでも、きれいな桜川のサクラを紹介しますね♪
という事で、ご先祖様、私の故郷・旧岩瀬町、ありがとう!!

f0208202_12273867.jpg

〜帰り際撮った法蔵院の一角。右側に並ぶお地蔵さんに、よく生前のおばあちゃんがお賽銭をあげていました。
[PR]
by yucantus | 2011-02-24 13:28 | 家族 | Comments(0)

モーツァルト「レクイエム」終演♪

2月20日、つくばのノバホールにてモツレクの本番が終わりました。
お越し下さったお客様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
つくばフィルハーモニー合唱団の皆さんとは、昨年に引き続き2回共演させて頂いたのですが、
やはり皆さん、本番は見違えるように変わりますね!!
どの公演でもそうなんですが、私は不器用な人間で本番は特に演奏に集中したいので、
回りの方にはきっと不機嫌に見えたかと思います。ごめんなさい。

今回は写真を撮りそこねてしましましたぁ(>_<)
ソプラノは明野町出身の鈴木さん。
地元でこうして頑張ってらっしゃる歌い手さんが存在するのは嬉しいものです。
テノールはそのお人柄が歌ににじみ出ている青地さん。
ソリストとして共演するのは初めてだったのですが、一緒にハモれて嬉しかったです(^_^)
バスは先月も共演した薮内さん。
バスから歌い出す「Tuba mirum...」は、堂々としていて余裕のブレスには驚きました。

終演後、所用があってロビーに出たら、“1月も水戸のコンサートに行きましたよ”
とお声をかけて下さった方がいて、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
昨年から茨城で歌う機会が増えるようになったのですが、今度はいつ歌えるかなぁ。。。
数年後くらいには茨城でソロリサイタルをやりたいなぁ〜と密かに考えています。
必ず実現させます!!!!!

ありがとうございました。
[PR]
by yucantus | 2011-02-23 00:27 | コンサート | Comments(0)

「椿姫」in 熊本

4月1・2日に熊本で公演される「椿姫」のチラシが届きました。
九州にご友人、お知り合いの方などいらっしゃいましたら、
ぜひお声かけして頂ければとってもうれしいです!!!!!
フローラの出番は少ないのですが、両日出演なので、
その分お稽古も倍で、ほぼお休みなし。。。
体調に気をつけてがんばります。
f0208202_12275751.jpg
f0208202_1333421.jpg

[PR]
by yucantus | 2011-02-19 13:06 | オペラ | Comments(0)

運命のような、素敵な出会い

夜中3時に帰宅した次の日、15日は、4月公演「椿姫」のマエストロ稽古でした。
普段本番があった次の日は歌わないようにしているのですが、
今年に入って2ヶ月弱、少々無理をしてしまいました。(いや、いつもかな^^;)
本番というのは、曲数、舞台の大きさに関係なく、やはり稽古とは疲れ方が違います。
稽古の時から本番と思って練習していますが、集中しているのでしょうか、
次の日は心身共にふにゃふにゃです。

この日程は昨年末から決まっていたので、知らない内に頭の中で準備していたのでしょう、
何とか乗り切れました。私もちょっとは強くなったようです(苦笑)
なぜ15日お断りできなかったかというと、マエストロとソリストさん達がわざわざ熊本からお越し下さったからです(>_<)頑張らないわけにはいきません!!
この日お稽古した場所は、以前から気になっていたイタリア文化会館の“アニェッリホール”
f0208202_1221863.jpg

〜舞台から撮った客席の写真。

さすがイタリア!!シンプルでありながらセンスがよく、客席のいすは革張り♪
この座り心地がまたいい感じでした。ホールの響きもうわさ通りすばらしゅうございました。
稽古でホールが使えるなんて、贅沢すぎです!!
おかげで自分の声を確認するいい機会にもなりました。
いつかこのホールで歌ってみたいなぁ。。。

この「椿姫」に出演することになったきっかけは、
この公演を主催する“ラスカーラ・オペラ協会”を立ち上げたバス歌手の岩本貴文さんのお声がけ。
岩本さんとは2008年「ドン・カルロ」で共演させて頂いたのが出会いでした。
私の事を覚えていて下さってお声をかけて下さり、感謝感謝。
何より嬉しかったのは、彼のオペラに対する情熱!!
いつか熊本にオペラハウスを...と真剣に望んで頑張ってらっしゃいます。
その努力が徐々に広まっているらしく、今回「くまもと県民テレビ」さんが後援本部になって下さったそうです(ToT)素晴らしい!!

そして、その情熱が本物だと確信したのは、
この日初めてお会いしたマエストロ、ステーファノ マストランジェロさんとの出会いです!!
見た目はサンタクロースみたいにかわいらしく(ごめんなさい^^;)、
でもレッスンが始まるや否や、その溢れんばかりの音楽への愛情に感動いたしました。
まるで自分の師匠ジュリアーノのよう。。。
故シノーポリの愛弟子であり、音楽学者としても著名なマエストロ。
またご両親がオペラ歌手で、あのマリオ・デル・モナコと親交があったそうです。
この日4時間のレッスンで椿姫全幕を見たのですが、「そうだったのかぁー!!」という発見ばかり!!
また、全てが納得せざるを得ない教えばかり。
お金を出してもこんな素晴らしいレッスンは、なかなかないと思います。本当に幸せでした。
ただ残念なのは、私が椿姫役でないこと(ToT)歌わないけど全ての教えを楽譜に書き込みました。
いつかマエストロと大きな役で共演してみたいというのが、今の私の夢です♪

その音楽に対する真摯な姿が国に認められ、イタリア文化勲章を受賞されたそうです。
素晴らしい!!それをきっかけに日本にも本物のイタリア音楽を...とご尽力されています。
そんなマエストロがふる「椿姫」、ぜひ観にいらして下さい♪♪♪
といっても、このブログを見て下さる熊本県民さんはいないだろうなぁ。。。(;_;)

話が少しそれますが、マエストロの奥様が日本人の方で、
通訳をして下さったのですが、これがまた素晴らしい!!!
夫婦の愛なのか、マエストロの言わんとする事を芯をついて、
また優しい言葉で的確に通訳して下さいました。
私もあんなふうに通訳できたらなぁ。。。イタリア語もしっかり勉強しまっす。
通訳を通して、あらためて言葉を感じる心、理解力は大事だな...と再確認してしまいました。

最後になってしまいましたが、
何が素晴らしいって、主役が尊敬する佐々木典子さんと井ノ上了史さんが歌われるという事です!!
15日、久しぶりに井ノ上さんのお声を近くで聞かせて頂きましたが、
いつものようにキラキラしていました☆☆☆もう愛情いっぱい、私がヴィオレッタになりたい!!
また、熊本からいらした東さんもいい素材をもってらして、今から本番が楽しみです。
これから稽古風景や、熊本の魅力などこちらで紹介できたらと思っています。
[PR]
by yucantus | 2011-02-18 13:13 | 出来事 | Comments(0)

2012年スケジュール

新国立劇場「沈黙」

作曲:松村禎三/全2幕【日本語上演/字幕付】
新国立劇場/中劇場

【指 揮】下野竜也
【演 出】宮田慶子
【美 術】池田ともゆき
【衣 裳】半田悦子
【照 明】川口雅弘

<2/15・17・19>    <2/16・18>
【ロドリゴ】小餅谷哲男   小原啓楼
【フェレイラ】久保和範   与那城 敬
【ヴァリニャーノ】成田博之 大沼 徹
【キチジロー】星野 淳    桝 貴志
【モキチ】経種廉彦     鈴木 准
【オハル】高橋薫子     石橋栄実
【おまつ】与田朝子     増田弥生
【少年】山下牧子      小林由佳
【じさま】大久保 眞(全日)
【老人】大久保光哉(全日)
【チョウキチ】加茂下 稔(全日)
【井上筑後守】島村武男   三戸大久
【通 辞】吉川健一     町 英和
【役人・番人】峰 茂樹(全日)

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

詳しくはこちら→http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000464_opera.html

※新国立劇場デビューです(感謝)


ひな祭りコンサート~メゾソプラノ“愛を歌う”

3月3日(土)10:00開演
会場~ふじみ野市フクトピア2F多目的ホール
チケット~1500円

メゾソプラノ 小林由佳
ピアニスト 長澤恵美子


第3回東日本大震災チャリティーコンサートINこだいら

3月4日(日)14時開演
リハーサル公開
入場無料

小平市中央公民館2Fホール
西武新宿線『小平駅』 徒歩30分 Taxi10分
JR武蔵野線『新小平駅』徒歩10分 Taxi3分

~出演~
・コーラス霜月 ・安冨貴代子(ピアニスト)
・女声合唱団ぐみ ・秋田美穂子(ピアニスト)
・K.K.メンネルコール ・松行美左子(ピアニスト)
・古館由佳子(ジプシーバイオリン) ・三塚直美(藤原歌劇団ソプラノ)
・高居洋子(二期会ソプラノ) ・小林由佳(二期会ソプラノ)
・佐々木弍奈(二期会ソプラノ) ・下村雅人(二期会テノール)
・秀島晴美(二期会メゾソプラノ) ・三塚至(藤原歌劇団バリトン)
・境信博(二期会バスバリトン) ・吉田慶子(ピアニスト)
・山内佑太(武蔵野音大ピアノ科在学) ・下村敬子(ピアニスト)


チャリティー・ガラ・コンサート vol.2
3月5日(月)18:30開演

葛飾シンフォニーヒルズ アイリスホール
(最寄り 青砥駅:日暮里駅から約10分)

入場料2,000円+募金

会場に募金の箱をご用意いたしております。
募金全額、及び入場料から経費を差し引いた収益金は、
「School Music Revival こどもの音楽再生基金」を通じ、
被災地の音楽活動支援に使わせていただきます。

~出演~
ソプラノ:市原 愛、中村 洋美、廣田 美穂
メゾソプラノ:磯地 美樹、小林 由佳、清水 華澄
テノール:中嶋 克彦、渡邉 公威
バリトン:青山 貴、井上 雅人
バス:斉木 健詞、ジョン ハオ
ピアノ:黒木 直子、朴 令鈴、吉田 幸央
司会:加藤 牧菜

合唱:音大生、オペラ研修所研修生 、有志合唱団


新国立劇場「オテロ」

エミーリア役カバー
2012年4月1、4、7、10、13日公演


越谷女声合唱団発表会

2012年4月30日(月・祝)
川口総合文化センター・リリア音楽ホール
14:00開演(13:30開場)

ペルゴレージ:スターバト・マーテル

指揮 安藤伸二
ソプラノ 横山美奈
メゾソプラノ 小林由佳
弦楽合奏 Sonatori di Tokio
オルガン 堀井美和子


ア・ラ・カルテ!!
~五人で歌えば~日本とイタリアの風を運んで

2012年5月2日(水) 18:30開場/19:00開演
大田区民ホールアプリコ小ホール
全席自由 4000円

ソプラノ 田辺彩佳
メゾソプラノ 小林由佳
テノール 土崎 穣
バリトン 大沼 徹
ピアノ 吉田貴至


テオフィルス室内管弦楽団第48回定期演奏会

5月4日(金・祝) 13:30開場/14:00開演
タワーホール船堀

ベートーヴェン交響曲“第九”

指揮 高畠浩

ソプラノ 里中トヨコ
メゾソプラノ 小林由佳
テノール 青地英幸
バス 鹿野由之


オペラサロン・トナカイ

5月8日(火)
ソプラノ 前川朋子
メゾソプラノ 小林由佳
バリトン 和田ひでき
ピアノ 相原郁美

1stステージ18:45~/2ndステージ20:00~/3rdステー21:05~

5月31日(木)
ソプラノ 中村洋美
メゾソプラノ 小林由佳
バリトン 笹倉直也 
ピアノ 村田千晶

1stステージ18:45~/2ndステージ20:00~/3rdステー21:05~

※ミュージックフィーお一人様3500円


二期会WEEK、第四夜・みなゆかいなせかい
~とっておきの愛をあなたに

2012年6月21日(木) 18:30開場/19:00開演
サントリーホールブルーローズ(小ホール)

ソプラノ 菊地美奈
メゾソプラノ 小林由佳
ピアノ 山田武彦

全席自由:4500円
(セット券=2回券・8500円/7回通し券21,000円)


早川正一メモリアル~オペラ・ガラ・コンサート

2012年7月27日(金) 18:30開演/18:00開場
オペラ・サロン・トナカイ

ソプラノ 川越塔子
メゾソプラノ 小林由佳
テノール 村上敏明
バリトン 須藤慎吾
ピアノ あずまみのり

チケット 10,000円(全席指定 ビュフェ・1ドリンク付き)


国立音楽大学静岡県同調会東部~プロムナードコンサート Vol.2

2012年7月29日(日) 13:30開場/14:00開演
富士ロゼシアター 小ホール

<第2部>
ソプラノ 萩原明美
メゾソプラノ 小林由佳
バリトン 高田智宏
バリトン 高田智士
ピアニスト 小森美穂

チケット 3000円(全席自由)


首都オペラ「カルメン」

2012年9月1日(土)/9月2日(日)
神奈川県民ホール

指揮 岩村力
演出 三浦安浩
美術 鈴木俊朗
照明 奥畑康夫
衣裳 小野寺佐恵
ヘア・メイク 篠崎圭子
音響 関口嘉顕
舞台監督 徳山弘毅
舞踏監督 横井茂

            <9/1>      <9/2>
カルメン    小林由佳     鮎澤由香理
ドン・ホセ    村上敏明      大野光彦
ミカエラ     山口佳子      斉藤紀子
エスカミーリョ 森口賢二      飯田裕之
スニガ     矢田部一弘     島田啓介
モラレス    岩田健志      相澤圭介
ダンカイロ   古澤利人      今野博之
レメンダード  澤崎一了      根岸一郎
フラスキータ  渡辺文子      美水香り
メルセデス   小谷円香      和久井恵津子

管弦楽 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
合唱 首都オペラ合唱団/赤い靴ジュニアコーラス

S席:12000円、A席:10000円、B席:8000円、C席:6000円


フィオーレオペラ協会「カルメン」

2012年9月16日(日) 13:30開場/14:00開演
東京芸術劇場シアターウエスト

指揮:岸本 祐有乃

カルメン:小林 由佳
ホセ:小山 陽二郎
ミカエラ:津山 恵
エスカミーリョ:須藤 慎吾
フラスキータ:西 正子
メルセデス:佐間野 朋美
ダンカイロ:大川 博
レメンダード:荒木 俊雅
ズニガ:後藤 春馬
モラレス:中村 基孝

オーケストラ:フィオーレ・オペラ管弦楽団
合唱:フィオーレ・オペラ合唱団&児童合唱
ピアノ:田村 ルリ
バレエ:渡邉 勝子

チケット:3000円(全席自由)


中村健傘寿記念
萠の会~第16回特別演奏会


2012年10月6日(土) 17:30開演(17:00開場)
会場:津田ホール(JR千駄ヶ谷駅前/都営大江戸線国立競技場駅A4出口前)

チケット:全席自由¥3,500

出演
テノール:中村 健
ソプラノ:小林厚子、平川千志保、山口道子、山本香代、吉田恭子
メゾソプラノ:岩森美里、奥野恵子、小林由佳、西 けい子
カウンターテナー:彌勒忠史
テノール:秋川雅史、井ノ上了吏、辻 裕久、安冨泰一郎
バリトン:大森いちえい、成田博之
バス:斉木健詞

ピアノ:河原忠之、花岡千春

後援:公益財団法人東京二期会


第三回 協奏曲と合唱の調べ
~ショパン作曲 ピアノ協奏曲第一番ホ短調作品11
 ベートーヴェン作曲 ミサ曲ハ長調作品86


2012年10月8日(月・祝)
14:00開演
会場:東大和市市民会館ハミングホール/大ホール

指揮:松井眞之
ピアノ:中村直樹

ソプラノ:鹿内真理
アルト:小林由佳
テノール:宇野弘和
バス:小田桐貴樹

合唱:東大和フィルハーモニー合唱団
管弦楽:マイスター・シンフォニカ

チケット:2,500円(全席自由)


平成24年度 水戸地区高等学校PTA連合会研修会

2012年10月19日(金) 13:00~16:30
会場:ひたちなか市文化会館 小ホール

講演会兼コンサート 演題「音楽との出会い」
メゾソプラノ 小林由佳
ピアノ     清水美和


青島広志がお話しして弾くオペラの見方~「コジ・ファン・トゥッテ」

2012年11月3日(土・祝)
13:00開場/13:30開講
会場:滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール/中ホール

講師:青島広志
ソプラノ:横山美奈
メゾソプラノ:小林由佳

入場料:1,500円

■チケット取扱い
びわ湖ホールチケットセンター TEL:077-523-7136
インターネット受付 http://www.biwako-hall.or.jp



西本智美プロデュース公演
オペラ「蝶々夫人」


2012年11月24日(土)、25日(日)
開場14:15/開演15:00

会場:オリンパスホール八王子

芸術監督・指揮:西本智美
演出:粟国淳

         24日(土)    25日(日)
蝶々夫人   松原有奈    小林厚子
ピンカートン  村上敏明    笛田博昭
シャープレス 折江忠道    須藤慎吾
スズキ     小林由佳    永井和子
ゴロー          中井亮一
ボンゾー        党主税
神官           上本訓久
ヤクシデ        石井敏郎
ヤマドリ         村田孝高
ケート          松岡万希

管弦楽:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
合唱:藤原歌劇団合唱部+八王子バタフライ合唱団
ゲスト出演:八王子芸妓衆



オペラの楽しみ~モーツァルトの4大オペラと共に

2012年12月1日(土)
14時開演
会場:第一生命ホール

バリトン:宮本益光
ソプラノ:鵜木絵里
ソプラノ:砂田恵美
メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:髙田恵子
ナレーション:松山いくお

全席自由 ペア席5000円、一般3000円、ヤング1500円(小学生以上、25歳以下)

■チケットお申込み方法
ホームページ http://www.triton-arts.net(トリトン・アーツ・ネットワーク)
電話 03-3532-5702(トリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスク)
FAX 03-3532-5703(上記チラシ裏にあります、FAXオーダーシートをご利用下さい)


中央区中学スクール

12月3日(月)14:00頃から
会場:銀座ブロッサム

※関係者のみ



アサヒビールコンサート

12月9日(日)15:00~
会場:朝日ビール本社最上階

テノール:角田和弘、藤川泰彰
バリトン:藤澤眞理、松尾健市
メゾソプラノ:小林由佳

※関係者のみ



オペラサロン・トナカイ

12月10日(月)
ソプラノ:志太 美那
メゾソプラノ:小林 由佳
バス:郷田 明倫
ピアノ:相原 郁美
1stステージ 18:45~ / 2ndステージ 20:00~ / 3rdステージ 21:05~

12月26日(水)
ソプラノ:福田 玲子
メゾソプラノ:小林 由佳
テノール:東小野 修
ピアノ:松本 康子
1stステージ 18:45~ / 2ndステージ 20:00~ / 3rdステージ 21:05~

ミュージックフィー 3500円
※12/20(木)~28(金)の期間中 コース料理はクリスマス特別コース(5000円)のみとさせていただきます。他にアラカルトもございます。
[PR]
by yucantus | 2011-02-18 11:44 | 2012年スケジュール | Comments(0)

二期会研修所での試演会

前回の日記に書いた本番の次の日、14日は二期会研修所の試演会でした。
この日バレンタインデーでしたが、もちろん私には全く関係ございませんでした(^^;)
試演会とはオペラの重唱部分を演技付き歌う試験なのですが、
私はメゾソプラノの役をお手伝いしたという訳です。
私がお手伝いさせて頂いたのは、弟55期本科の篠崎義昭先生クラス♪
私は篠崎先生をはじめ諸先生方、指揮者の時任さん、演出家の澤田さん、
ピアニストさん達、このクラスの皆さんがだぁ〜い好き(♡o♡)幸せでした!!

昨年の10月から研修生のみんなとがんばってきて、
この日はまさに先生のような母のような気持ちでした。
とは言え、研修生にとっては試験ですが、私にとっては本番。失敗は許されません。
何より、一緒に組んだ研修生が輝いてみえて欲しいですからね♪
前日の本番の疲れもあり少々不安でしたが、がんばりました。

とにかく、研修生のみんな、よく歌ってました!!よくがんばった!!えらい!!!!!
いつも通り歌えなかったり、体調を崩してしまったり、この日だけうまくいったり、
色々あったと思いますが、私の目にはみんな成長してみえました。
初めて稽古に参加した時の顔つきとは全く違って、この日はきりっとしていました。

2年前「蝶々夫人」でご指導頂いた演出家の栗山先生が、
「芸術の世界というのは、とても時間がかかるもの。そうわかった上で頑張りなさい。」
とおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。
今の時代、パソコンや機械、あらゆる技術の発展が色んな事を簡単に、且つすばやくできるようにしてくれましたが、自分たちの体は決して機械のようにはいきません。
そこを錯覚しないで欲しいと思います。“このボタンを押せばこうなる”とはいきません。
歌の世界に限りませんが、私達が学ぶべき所は目に見えないものの方が多いでしょう。
だから、そこを克服するのは難しい。逆を言えば簡単なことかもしれません。
うまく行かずもどかしい思いばかりするかもしれないけど、それができた時の喜びは格別のはず。
またそれは努力の証しでもあり、知らないうちに“自信”へと繋がるでしょう。
その喜びのための苦労を楽しめるようになってほしいと思います。

今回の助演で、また自分の未熟さを痛感しました。
それに気付かせてくれた先生方や研修生たち、そしてこの機会に感謝です。
稽古中、できもしないのに偉そうな事ばかり言ってすみませんでした(苦笑)。
いつか舞台で会える日を楽しみに、私もがんばります!!

打ち上げでは、たくさんのプレゼントときれいなお花、そして寄せ書きを頂きました♪
f0208202_139117.jpg

〜たぶん寄せ書きを頂くのは、母校に教育実習に行った時以来。嬉しいものですね...

この日は大雪で、この後帰宅が夜中3時になるとは夢にも思いませんでした(>_<)
みんなは結局朝まで飲んでたのかな...???
[PR]
by yucantus | 2011-02-17 13:25 | 出来事 | Comments(0)

練馬合唱団との素敵な時間

昨日は、練馬区民合唱団の皆さんの定期演奏会本番でした。
今回初めて共演させて頂き、とても有意義で楽しい時間を過ごさせて頂きました。
きっかけは、この合唱団でご指導・指揮をされていらっしゃる長井則文先生。
長井先生は国立音大時代の合唱の先生!!数年前に東大和音楽連盟で10年以上ぶりに再会し、以後何度かお声をかけて下さり、今回が2度目の共演でした。
その他、ピアニストはこれまた大学時代の先輩の江本さん。
ステージマネージャーには、東大和音連所属の元小学校教諭・オーボエ奏者の安永先生。
そしてもう1人のソリストは、人懐っこい性格だけど音楽にはとても真摯な西本真子ちゃん。
とてもアットホームな雰囲気の中、皆でいい公演にしようと頑張れた現場は本当に幸せでした。

1週間前が合唱団との初合わせ。
稽古場から聞こえてくる笑い声と明るい歌声に、私まで嬉しくなってしまいました。
演奏会は3部構成いなっていて、それはそれはすごい曲数!!
これだけの曲を1年間で練習し、まとめ仕上げるのは大変だったと思います。
それができたのも、団員さんの音楽を愛する気持ちと団結力、長井先生との信頼関係があってこそだったのはないでしょうか。。。

団員さんは11日に練習、12日が舞台稽古、13日当日にGP・本番とずっと歌いっぱなしで私一人で心配していたのですが、さすが皆さん、本番が一番よかったです♪
f0208202_1372966.jpg

〜12日、練馬文化センター大ホールでの舞台稽古風景

私は...というと今回も反省する事ばかりですが、まだ成長できる証拠とプラスに考え精進します!!
f0208202_13104710.jpg

〜ソプラノ西本真子ちゃんと一緒に。会う度に上手になっていてびっくり!!

お客様も常連の方々が多いのか、3部の時には皆さんノリノリ♪
長井先生のトークも益々さえて、本当に大成功の演奏会だったと思います。
アンコールでは合唱団の皆さんと一緒に2曲歌ったのですが、実は感動で得意の半泣きをしてしまい、まともに歌えませんでした。たぶん気付かれてはいないと思うのですが...
プロとしてはあってはならない事ですよね。ごめんなさい。

終演後はヘトヘトかと思いきや、場所をホテルに変えて打ち上げへ!!
f0208202_13255024.jpg

男性合唱の皆さんによる演奏♪みなさん楽しそう(^^)
f0208202_13282947.jpg

今度は女性合唱のみなさん♪指揮をふる先生も動きまわって元気いっぱい!!

みなさん、本番よりこちらの打ち上げの方がいい声が出ていたような(^^;)
でも当たり前ですよね。その気持ちは私が一番よくわかります。
女性合唱の演奏の時、聞いていらした男性陣まで歌い始め、結局混声になっていました(^^)
みなさん、本当に歌が好きなんですね。

実は今日これから二期会研修所の試演会で、研修生にとっては試験ですが、私にとっては本番!!
ということで、そっと打ち上げ会場を早めに失礼いたしました。
先生方や団員の皆さんにはきちんとご挨拶できなかったのですが、またいつかお会いできる日を楽しみにしております。

素敵な出会いに感謝。。。
団員の皆さん、よぉ〜く休んで下さいね(^^)
さっ、私はこれから本番に行ってきます!!がんばるぞ!!!
f0208202_13343596.jpg

〜練馬区民合唱団の皆さんに頂いたお花。ありがとうございました。
[PR]
by yucantus | 2011-02-14 13:35 | コンサート | Comments(0)

角筈ニューイヤーコンサート、終わりました。

怒濤の1月が一気に終わりました。
と言っても4つの本番だったのですが、私にはこれでいっぱいいっぱいです。
私の回りで活躍している友人達はもっともっと本番が続いていますが、本当にすごいと思います。

1月26日には、今年初めてのトナカイのステージ。
お忙しい時期にも関わらず、たくさんのお客様にお越し頂き本当にありがとうございました。
初めてお会いしたお客様が多かったのですが、この日も本当に温かいお方ばかりで、
「また来ますね」とおしゃって頂けてとてもうれしかったです。
今年はもう少しトナカイに出られるよう頑張りたいと思います。

そして30日は新宿・角筈区民ホールにてニューイヤーコンサートでした。
230席ほどの客席なんですが、音響もよく、とてもいい空間でした。
お客様の反応がとてもよく、ついついMCが長くなってしまいました。
ダメですねぇ〜(苦笑)。
こうした小さなコンサートをきっかけに、
本当のオペラ公演に足を運んで下さるお客様がお一人でも増えて下されば嬉しく思います。

終演後に舞台上で撮った写真を1枚。
f0208202_12442443.jpg

〜左からテノールの大久保さん、ソプラノ・石田さん、ピアニスト・飯坂さん、私、バリトンの薮内さん。

今回の共演者さんは、ソリストとしてご一緒するのは皆さん初めて。
大久保さんと石田さんは新国立劇場合唱団メンバーとしても活躍されており、さすが経験豊富と思わせる歌と演技でした。
ピアニストの飯坂さんは、昨年、新国フィガロのカバーの際にもお世話になり、歌やオペラの事を熟知されており本当に歌い易かったです。この日一番大変だったのは飯坂さんだったかもしれません。
ずっと弾きっぱなしで、オペラが10演目はあったはず。私達歌い手もそうですが、一役だけに集中できるオペラの舞台の方がコンサートより楽だったりします。それを飯坂さんは、全ての演目の情景を感じ全力で弾き分けて下さいました。Bravo、飯坂さん!!
そして2月のモツレクでも共演する薮内さんは、実は急遽代役で出演して下さいました。
出演予定だった渥美さんがインフルエンザになってしまい、泣く泣く前夜夜中に代役を立てる事に。
本番まで1日もないのに快く引き受け、立派に舞台を務めてくれた薮内さんは本当にすごかった!!
私だったらできるかなぁ〜...と考えてしまいました。

最近、コンサートで歌わせて頂くことを心から幸せと感じられる自分がいます。
歌い手としては、今が一番いい年齢。
ひとつひとつ悔いのないよう、一瞬一瞬の時間を噛み締めるよう歌っていきたいと思います。

お越し下さったお客様、ありがとうございました。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしております(^_^)
[PR]
by yucantus | 2011-02-02 13:48 | コンサート | Comments(2)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル