gabbianaのように



<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


第九にて記念撮影!!

先日8月15日、「第九」終演後に、
神奈川県立音楽堂さんの意向で、会場ロビーにてお客様を交えたレセプションがありました。
その時に撮影した写真を事務局の方が送って下さったので、
私の思い出のためにもここに載せちゃおうと思います。

f0208202_22393836.jpg


左から与那城敬さん、小林沙羅さん、マエストロの飯森範親さん、私、中嶋克彦さん。
マエストロの浴衣姿、素敵でした♪
音楽堂の皆さんとも一緒にお写真撮りたかったです(><)

会場でお客様がお声をかけて下さって、とってもうれしかったです。
ありがとうございました。
[PR]
by yucantus | 2009-08-20 22:44 | コンサート | Comments(0)

終戦記念日に「第九」

昨日8月15日は終戦記念日、、、
64年前のこの日の日本は一体どんな空気が流れていたのだろう、、、。

そんな意味深い日に、神奈川県立音楽堂で「第九」のアルトソロを歌って参りました。
蒸し暑い中、あの紅葉坂を上ってお越し下さったお客様、本当にありがとうございました。
今回久しぶりの第九ソロで大変緊張していたのですが、とにかく共演者に恵まれ目に見えぬ力で支えて頂きました。(本来支えてもらってはいけないのですが、、、苦笑)
マエストロの飯森さん、「ナクソス島のアリアドネ」で大変お世話になった東京交響楽団の皆様、とても素晴らしいと噂で聞いていた東響コーラスの皆様、ソリストの小林沙羅ちゃん、中嶋克彦くん、与那城敬くん、そして音楽堂のスタッフの皆様、、、
そしてそして共演者として忘れてはいけないのが、会場にお越し下さったお客様方!!本当に温かく、熱気あふれるお客様で、あの舞台に立てた私は本当に幸せでした。
この本番で、また改めて、演奏会というのは舞台上の人間とお客様とみんなで作るものなのだと実感しました。

今の時代では当たり前のこうした演奏会。
好きな音楽を演奏し、それを楽しみに聞きにいらっしゃるお客様がいる。そこには、基本的生死に対する不安は全くない、、、当たり前だけど、64年前は当たり前ではなかった。当時の人にすれば、今の日本は夢のような時代だろう。
「第九」の最後に歌われる合唱はシラーの「歓喜に寄す」という詩からなる。この曲が日本人に愛される理由が、昨日少しわかったような気がした。
原爆、戦争、大震災等、、、日本はあらゆる苦難を乗り越えてきた。それはどんな時も「喜び」というものを忘れずに、「喜び」に立ち戻れたからじゃないだろうか。そういう経験をしてきたからこそ、「喜び」がどんなものか知っているのかもしれないが、、、。

昨日の公演は、神奈川県立音楽堂55周年記念「あっ!ベートーヴェン。交響曲全曲演奏会」という3日間かけてもので、その最後を飾る「第九」でした。第1日目(8/13)の交響曲1.2.3.4番を演奏する本番で、マエストロは3kgも痩せられたそうです。ベートーヴェンは楽しみ、悲しみ、苦しみ、憎しみ、、、色んな感情と向き合いながら生きてきて、最後に辿り着いたのは喜びなのではないかと思いました。まるでヴェルディが最後のオペラに「ファルスタッフ」を書いたように。いやっ、悲しみ苦しみながらも、根底には「喜び」が何よりも大切なのだと無意識ながらもわかっていたのかもしれませんね。そこの部分に、日本人も無意識のうちか音楽でしか体感できない魂のようなもので「喜び」を共感してしまうような、そんな気がしました。

昨日は3日間続けて足をお運び下さったお客様が沢山いらして、マエストロやオケの皆さんと共に何かを造り上げたというか、成し遂げたような空気が「第九」の後に流れていました。
あの空気感はあそこにいた人じゃなければ作れなかった。出演者、お客様、スタッフ、、、誰か一人でも別の人だったら何かが違っていたはず。そんな奇跡のような時間を与えてくれる音楽はやっぱり素晴らしい!!、、、そんな幸せな気持ちにさせてくれた一日でした。
こういう当たり前のようで当たり前ではない幸せな時間に感謝をしながら日々生きて行くことが、戦争でなくなった人への追悼となり、また明るい未来につながると信じたい。そうすれば、もし今後他国と争うようなことになっても、決して「戦争」という手段は選ばないだろう。「戦争」という言葉に「喜び」は微塵も感じない!!

また昨年亡くなった師匠・ジュリアーノの言葉を思い出した。
「どんなに悲しい事があっても、音楽は常に美しく楽しいものでなければならない。音楽は、花のように、私たちを喜ばせるためだけに生まれたものだからだ。歌う時は決してgioia(喜び)を忘れるな!!」

もっと強い人間になって、少しでもいい音楽を奏でられるようになりたいと思う。

感謝。

http://www.tokyosymphony.com/concert/20090813special.html

f0208202_0334792.jpg
(ソプラノの小林沙羅ちゃんと一緒に♪)
[PR]
by yucantus | 2009-08-17 00:31 | コンサート | Comments(0)

神様ありがとう!!

気付けばブログを書かずにもう2ヶ月経ってしまいました。
訪れて下さっていた方、本当にすみません(>_<)

ニュースは沢山あったのですが、全くパソコンに向かう余裕がなく、
(何ぶん不器用な人間なもので、、、^^;)
本当にあっという間の2ヶ月でした。

その中で一番嬉しかったことを今日お伝えします♪♪♪

私には妹が2人いるのですが、
そのうちの1人に、今月2009年8月5日(水)14:23、
2750gの元気な女の子が生まれましたぁ〜〜〜(//∀//)
おめでとう〜〜〜〜〜゚+。(*′∇`)。+゚
やったぁ〜!!!!!!!
母子共に元気という事で、これほど嬉しいことはありません。
陣痛は同じ日の夜中2時過ぎくらいからはじまって、
誕生するまでちょうど12時間かかったようです。
いやぁ、本当によく頑張ってくれました。
妹はある難病を持っているもので、家族みんなで心配していました。

すごいなぁ〜、妹もお母さんかぁ、、、
小学生の頃、一緒に川で遊んだり、花火したり、
けんかばかりしてた妹がお母さんなんて、、、
なんか涙が出てきます。
これで、私も晴れておばさんです(*^_^*)いいおばさんになりまぁ〜す♪

妹よ、お疲れさま
そして、おめでとう、、、
これからも幸多き人生を。
[PR]
by yucantus | 2009-08-11 11:50 | 家族 | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
今年最後のオペラ
at 2017-11-16 00:44
『ばらの騎士』再始動‼︎
at 2017-10-24 16:32
日本のオペラのかたち
at 2017-08-26 10:30
感謝…
at 2017-08-23 23:19
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル