gabbianaのように



カテゴリ:コンサート( 91 )


地元で初ソロコンサート

もう今週のお話...また間際でのお知らせになってしまって本当にすみません(>人<;)
5月24日(土)に地元茨城で初めて、ソロコンサートをさせて頂くこととなりました。
私の母校、水戸第三高等学校音楽科同窓会で主催して下さいました。
きちんとしたソロコンサートは人生でまあ2回目なので、すでに緊張ぎみなんですが、
気取らず、気張らず、音楽のたのしさが自然とお客様に伝わればと願っております。
皆さんがきっと聞いたことのある名曲を、私の面白エピソードとともにお届けしたいと思っています。
今後、地元でのコンサートはいつになるかわかりません。
もしかしたら、これが最後になるかも...?
もしお時間ございましたら、ぜひ会場に遊びにいらしてください。
音楽は、特に、クラシックは“生~ライブ”が一番です!!
最後には会場の皆さんと一緒に歌っちゃうかも(^.^)♪♪♪

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

f0208202_2403777.jpg


うたの愉しみ~人生で出会った名曲たち

2014年5月24日(土)
13:30開場/14:00開演
会場: ひたちなか市文化会館小ホール
チケット(全席自由):2500円(学生1000円)

メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:黒木直子
[PR]
by yucantus | 2014-05-20 02:43 | コンサート | Comments(0)

異業種交流会に初参加♪♪♪

いつも直前のお知らせで本当にすみません(>人<;)
今週末3月29日に、異業種交流会と音楽会を合わせたチャリティーイベントに参加させて頂きます。
その中で、私はソプラノの菊地美奈さん、念願叶って今回初共演させて頂くピアニストの瀧田亮子さんと一緒に、オペラコーナーで30分ほど演奏させて頂きます。
私もどんな会になるのか、出演者ながら興味津々です。
会場でお会いできますことを、楽しみにしております。


チャリティ・音楽を楽しむ社交会~春の音楽祭~

2014年3月29日(土)
会場:赤坂シュビア(SUBIR AKASAKA TOKYO)

会費:10,000円(お食事&飲み放題付き)
↑ペアのみ(2名様のみ)の受付となっています。(受付締切3/28(金)17:00まで)

ソプラノ:菊地美奈
メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:瀧田亮子

【今回の音楽会のチャリティ先】
公益社団法人 駆け込み寺~http://nippon-kakekomidera.jp/
主催:深川亭一門会    協賛:株式会社 コラボ
[PR]
by yucantus | 2014-03-28 01:14 | コンサート | Comments(0)

私の声をワインにたとえると...。

今年の目標...
“短くていいからオンタイムでブログを書くこと”...ですっ!!
と言ってすでに遅いのですが(^^;)

今年は初めて元旦に歌わせて頂き、またあらためて有難い気持ちで新年を迎えました。
場所は京王プラザホテル。
年末年始をホテル過ごすお客様の為のニューイヤーコンサートでした。

f0208202_212695.jpg

~左から私、大山亜紀子さん、山本益博さん、山本耕平さん、上江隼人さん、平塚洋子さん

司会進行役は、テレビや雑誌などで拝見していた山本益博さんでした。
ご挨拶するととても気さくにお話し下さり、勝手な意見ではありますが、
思った通りのお方でした。
上はタキシードで、下はジーパンにスニーカー。。。
“お客様はホテルにお泊りだから、あまり堅苦しくなくおしゃれにね(^^)”という、何とも心にくい山本さんのお心配りがそこにはありました。
胸に飾られた、ビーズでできた蝉のブローチをさして、
“これね、奥さんに頼んで作ってもらったの。これぞセミフォーマル(^^)”と。
蜂や蜘蛛のブローチはあるんだけど、蝉はどうしも見つからなかったそうです。
コンサートでは、中学生でオペラの虜になられたお話から、ちょっとマニアックなお話しまで、
お客様をうまく音楽の世界の誘って下さり、その空間演出とでもいいましょうか、脱帽いたしました。
さすが、料理評論家さん...すごいです。

ソプラノの大山さんとは2009年の蝶々夫人以来で、初めて本番で一緒に蝶々さんとの二重唱を歌わせて頂きました。
蝶々さんは歌う歌手によって本当に性格が変わり、私は大山さんの蝶々さんが大好きなんです。
今年は4月に木下美穂子さんの蝶々さんでスズキを歌わせて頂くのですが、今から楽しみです。
でも、緊張の方が大きいかな(^^;)
テノールの山本さんと上江さんは、来月2月に二期会のドン・カルロに出演されるという事で、その中から名場面を歌って下さいました。お二人ともイタリアで研鑽を積んでおられる素晴らしい歌い手さんで、きちんと気持ちのこもった歌声に感動しました。
そしてやっぱりドン・カルロはすんばらしい!!私が一番愛するオペラです!!
たまたま、私も今月1/30にトナカイのステージでドン・カルロをやりますが、二期会公演もぜひぜひ観にいらして下さい♪♪♪

コンサートの最後に、山本さんが歌手それぞれの声をワインにたとえて下さいまして、
私の声はイタリアの『Brunello di Montalcino~ブルネッロ ディ モンタルチーノ』だそうです。
まず私の声からイタリアワインを連想して頂けただけで嬉しかったのですが、あまり高くなくそれでいてとってもおいしいワインを選んで下さり、私は一人感激でした。
まさにそんな歌い手になりたい...
どういう意味か、わかって頂けるかなぁ~(^^)
ぜひ、このワインを近々飲んでみようと思います♪
みなさんもぜひぜひ!!

また長文ですみません(^^;)
[PR]
by yucantus | 2014-01-13 02:49 | コンサート | Comments(0)

ちょっとおもしろいバロック音楽...いかがですか?

明後日1月10日、東京オペラシティの近江楽堂でバロック音楽のコンサートに出演します。
チェンバロとリコーダーの共演は初めてで、今後もなかなかないと思います。
ちょっとおもしろいことをしますが、音楽は至って真剣です(^^;)
今年最初の初笑い。。。音楽と共にいかがでしょうか?

私の方へご連絡頂ければ、前売り券/3,500円としてご用意させて頂きます。
ゲスト出演とはいえ、主役を食う勢いで歌いますっ!!
それ以前に、みなさんよくご存知のたてぶえで、この江崎氏、すんごい事しちゃうんです!!
必聴ですよ!!

f0208202_15522439.jpg
f0208202_1552551.jpg


江崎浩司リサイタル「炎の中で~イカロスの飛翔」

2014年1月10日(金) 18:30開場/19:00開演
会場:近江楽堂(東京オペラシティ3F)

江崎浩司(リコーダー、オーボエ、語り)
伊藤一人(チェンバロ)
ゲスト出演:小林由佳(メゾソプラノ)

曲目:
<第1部>ヘンデル:リコーダーソナタ/イ短調HWV362 他
<第2部>ヘンデルの音楽で綴るギリシャ神話「炎の中で~イカロスの飛翔」(ヘンデル&江崎脚本)

チケット/全席自由:前売り3500円/当日4000円(120席限定)

予約&お問い合わせ/江崎浩司
mail:k-ezaki@ezakikoji.com
Tel:090-9387-7422

チケット取扱い
東京古典楽器センター(新宿区下落合3-17-49)
Tel:03-3952-5515、Fax:03-3952-5516
[PR]
by yucantus | 2014-01-08 15:55 | コンサート | Comments(0)

ありがとうございました。

今年2013年も、沢山の舞台で歌わせて頂き、沢山のお客様と出会い、沢山の方々に本当にお世話になりました。
本当に、本当にありがとうございました。
書きたい事は山ほどあるのですが…うまくまとめられそうにありません(苦笑)。
来年もオペラに出演させて頂く機会を頂戴し、今から身の引き締まる思いでおります。
精一杯がんばりますので、どうか来年もご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2014年も、皆様にとって素敵な年になりますように。
心よりお祈り申し上げます。
また劇場でお会いできます日を楽しみにしております。
どうぞよいお年をお迎え下さい。

小林由佳

f0208202_23541058.jpg

〜12/29のコンサート終了後、左から小林さん、大沼さん、高橋さん、大野さん、私、樋口さんです。
[PR]
by yucantus | 2013-12-31 23:43 | コンサート | Comments(0)

2013年の歌い納め

今年も残すところ、あと3日!!
早いですねぇ、時が経つのは。

お知らせが当日になってしまったのですが...
今日12月29日15時~オーチャードホールにて、
私が心から尊敬するマエストロ、大野和士さんのレクチャーコンサートに出演することとなりました。
テーマは『ホフマン物語』!!
今年8月の二期会公演で歌わせて頂いたニクラウスと、
なんと高級娼婦ジュリエッタも歌わせて頂きます。
(最近、こういった真逆の性格の役を同時に歌う事が多い気が...^^;)

ニクラウス役では、二期会公演では歌わなかった素敵なアリアを歌います。
この曲を歌えるだけでも幸せです(^_^)
ジュリエッタ役では、情熱的なホフマンとの二重唱を。この曲も大好き!!
内容は大野さんが面白く、またわかり易く解説して下さると思います。
世界で活躍するマエストロ、大野和士さんの気さくなお人柄を間近に感じる素敵なコンサート。
しかも今回はなんと1000円です!!!!!
年末でなかなか難しいかもしれませんが、ぜひぜひお越し下さいませ。


大野和士が語る!『ホフマン物語』の魅力

2013年12月29日(日) 15:00開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール

ピアノ・お話:大野和士

ホフマン:樋口達哉
ジュリエッタ/ニクラウス:小林由佳
ミラクル博士/ダペルトゥット:大沼 徹
オランピア:全 詠玉
アントニア:高橋絵理
アントニアの母の声:小林紗季子

チケット:1,000円(全席自由)
~イープラス...http://eplus.jp/sys/T1U14P002115239P0050001
[PR]
by yucantus | 2013-12-29 01:25 | コンサート | Comments(0)

今週も歌わせて頂きます♪

明日本番のコンサートですが、こちらでもお知らせさせて頂きます。

明日12/12(木)、会場を変えてオペラサロン・トナカイに出演させて頂きます。
トナカイが復活して初めてのステージで少々(いや、かなり)緊張しております。
やはり、ここ以上にお客様との距離が近い本番はないですね(^^)
『クリスマス・ガラ・2013』と題し、素敵な共演者の皆様と歌わせて頂きます。
おいしいお料理と共に、ライブの音楽なんていかがでしょうか♪

f0208202_22232332.jpg

Christmas Gala 2013~オペラ・サロン・トナカイ

2013年12月12日(木) 18:00開場/18:30開演
会場:イタリアレストラン サン・ミケーレ(JR/東京モノレール・浜松町駅北口徒歩3分、都営浅草線/大江戸線・大門駅A2出口徒歩2分)

ソプラノ 江口二美
メゾソプラノ 小林由佳
テノール 有銘哲也
ピアノ 丸山貴代

チケット(全席指定)~ディナー付 10,000円(コンサート&コース料理・1ドリンク付)
              ドリンク付 6,800円(コンサート&1ドリンク付/後方席~限定10名様)

ご予約・お問い合わせ/オペラ・サロン・トナカイ
Tel:03(3851)0810...平日10~18時、Fax:03(5820)7100
operasalon@opera.co.jp
詳細はこちら~http://www.opera.co.jp/special_stage.html

そして12月15日(日)は、年末恒例の第九を以前住んでいた小平で歌わせて頂きます。
合唱は200名以上!!すごいですね。
私も皆さんのエネルギーに負けぬよう、アルトソロはあまり目立ちませんがしっかり歌ってきます。
まだ少しだけお席が残っているようなので、お近くの方は是非聞きにいらして下さい。

f0208202_22301152.jpg

こだいら合唱団・東村山交響楽団演奏会『第九』

2013年12月15日(日) 15:00開演
会場:ルネこだいら大ホール

指揮 田尻真高
ソプラノ 平井香織
アルト 小林由佳
テノール 大澤一彰
バリトン 山下浩司

管弦楽 東村山交響楽団
合唱 2013こだいら合唱団
~ルネこだいらHP...http://www.runekodaira.jp/public_performance/12555.html
[PR]
by yucantus | 2013-12-11 22:31 | コンサート | Comments(0)

もう師走。。。

気づけば10月以来の投稿。
その間何をしていたかと申しますと、うれしいことにマイルがたくさん貯まりました(笑)。
そのお話はまた近いうちに。

有難いことに、今年はたくさん歌う機会を与えて頂き、本当にあっという間に過ぎてしまいました。
そのお知らせをどこよりも早くこのブログでお知らせしたい...いえ、お知らせしなければいけないのに、全く機能をなしておらず本当に申し訳ありません(><)

12月は6つの本番があり、まずは今週末のお知らせ。
明日(今日)から沼津に行ってきます。
沼津のみなさぁ~ん、是非いらしてくださぁ~い!!
200人を超える地元の皆さんによる合唱団とのこと。今から楽しみです♪
あと第九演奏の前に、ワーグナーの有名なオペラの重唱をオーケストラ伴奏で初めて歌わせて頂きます。
今年はヴェルディ&ワーグナーの生誕200年記念イヤー。
偉大な2大作曲家の作品を今年歌う事ができ、ただただ感謝感謝です。

f0208202_247469.jpg

沼津市制90周年記念『市民が歌う沼津第九演奏会

2013年12月1日(日)
会場:沼津市民文化センター 大ホール

指揮 中村健太郎左衛門
ソプラノ 福田玲子
アルト 小林由佳
テノール 青柳素晴
バス 与那城敬

管弦楽 沼津交響楽団
合唱 沼津市民合唱団(仮名)
静岡県沼津市HP~http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi//topics/h24/numazudaiku/index.htm

そして翌日は、東京でチャリティーコンサートに出させて頂きます。
なんと共演者は、自分にとって雲の上の方であった方々ばかり。
もうすでに何度か練習があったのですが、私が感動して泣きそうになってしまいました。
ここで残念なお知らせが...なんと、もうすでにチケットが完売だそうです(ToT)
でも当日18:45から少しだけ当日券が出るそうなので、ご希望の方は足をお運び頂ければと思います。
ただ全席自由なので(800席超)、いいお席は難しいかもしれませんが、とにかく皆さんと一緒に素敵な時間を過ごせればと願っております。
f0208202_2524242.jpg

f0208202_38141.jpg

ホープウィズクリスマスチャリティークラシックコンサート2013癒しへの誘いVol.5
2013年12月2日(月) 18:30開場/19:00開演
会場:東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂
ソプラノ 高橋薫子
メゾソプラノ 小林由佳
テノール 樋口達哉
バリトン 立花敏弘
オルガン 青田絹江
ピアノ 北村晶子

入場料:4000円(全席自由)

会場で皆様にお会いできるのを、心より楽しみにしております(^_^)
[PR]
by yucantus | 2013-11-30 03:09 | コンサート | Comments(0)

マエストロ・ムーティとの時間

ブログのスケジュールには敢えてのせていないのですが、
私は今でも合唱のお仕事を時々しています。
それは、自分のためになると判断したから。
ソリストと合唱で要求されるものも違うし、必要なものも違ったりする...
また、合唱を引き受けた事で歌の調子を崩したりするのも確か...
でもやはり、今回のお仕事もお引き受けしてよかった...
それは、今夜と明日の夜本番の『ムーティconductsヴェルデイ』。

確かマエストロ・ムーティの指揮で歌わせて頂くのは今回で3回目だが、
毎回、言葉では表せないとても大切なことを私達演奏家に与えて下さり、それを感じさせ気付かせてくれる。
その大切なこととは、実はとてもシンプルで当たり前のことのように思う。
ご一緒させて頂く度、それを自分がソロで歌う時に生かそうと努力していたつもりだが、
またこうして再び一緒に音楽をやらせて頂くと、自分の甘さや未熟さに嫌でも気づかされる。
“そんな事自分で気付けっ!!”と誰かに怒られそうだが(苦笑)、私は簡単に忘れる...。

私はあまり“才能”という言葉が好きではないが、
やはり本来うまれもった才能というものはあるのかもしれない。最近特にそう思う。
でもそれは、“努力”なしには生かされない...そう信じている。
その努力は探究心からくるように思う。
決してあきらめない...それはやはり何かしらに対する“愛”から生まれるのではないだろうか。

マエストロ・ムーティから、母国愛、音楽への愛、作曲家への愛、演奏家への愛、大きくは人類愛につながっているように今回感じた。
初めてマエストロとお会いした時、とても怖い人と感じたが、本来はそうではない気がする。
合唱との稽古の時も、時折冗談を言いながら、でも常にするどい目線でご指導下さった。

昨夜のGPのあと、マエストロは私たちにこう語りかけてくれました。
“この数日間、君たちと一緒に音楽作りができてとても幸せでした。君たちはイタリアのサウンドを持っている。それはイタリアの有名なオケのようだという意味ではなく、君たちの中にイタリアのスピリットがあるという事だ。こうした音楽を、私たちは次世代に残さなければならない。。。”

英語だったので、正しく理解できていないかもしれませんが、
なぜか私はそのお話しを聞きながら、知らないうちに涙が流れていました。
もっとお話し下さったのですが、機会がありましたらまたいつか。

合唱ではありますが、精一杯集中してがんばります。
最後になってしまいましたが、私たち合唱にそれはそれは熱心にご指導下さった、ガッビアーニさんにも敬意を表します。
本番では舞い上がることなく、あの集中力をもった稽古そのままを舞台で表現したいと思います。
きっと、奇跡のような空気が今夜と明日の夜の本番で流れると思います。
残券があるのかわかりませんが、ぜひお一人でも多くの方にこの音楽を聞いて感じて頂きたいです。

この貴重な機会を与えて下さった東京オペラシンガーズ、そして東京・春・音楽祭関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

f0208202_11253782.jpg

[PR]
by yucantus | 2013-10-30 14:14 | コンサート | Comments(2)

二期会オペラ講座『ドン・カルロvs蝶々夫人』

このブログを見て、先日の東大和市で行われたコンサートにお越し下さったお客様がいらして、とってもうれしかったです!!
ありがとうございました(ToT)

さて次の日曜日、今度はどっぷりオペラです。
しかも私が一番愛している『ドン・カルロ』と『蝶々夫人』!!
素晴らしいオペラというのは、内容がわからなくてもその音楽が琴線にふれてしまうように思うのですが、まさに、その音楽が私にとってはこの2作品なのです。
冷静な部分がゼロになってしまうと、たぶん全く歌えなくなってしまいます。
それ程感動してしまう作品ということです。

またそういった傑作作品というのは、実によくできています。
そこをお客様も知ることができたら、オモシロサ倍増だろうなぁ~、と常々思っているのですが、それを叶えてくれるのが、まさに今回のコンサートだと思います。
青島先生が間違いなく、一瞬難しそうな内容をわかりやすく、また笑いを含めて皆さんに楽しくお話しして下さると思います。
オペラはどの時代にも存在する人間の喜怒哀楽、また汚いものも悲しいものも全て美しい音楽に変えてしまう。それを直接心に届けてくれる唯一のもなのではないでしょうか...。
お時間ございましたら、ぜひぜひ会場へ足をお運び頂ければと思います。
どんなコンサートになりますか、どうぞお楽しみに♪
そしてそして、会場で皆様にお会いできますことを、心より楽しみにしております。

追伸~来年2014年4月、東京二期会本公演『蝶々夫人』にスズキ役で出演させて頂けることとなりました。

f0208202_03882.jpg

f0208202_035043.jpg

東京二期会オペラ講座
『ドン・カルロvs蝶々夫人』


2013年10月13日(日)13:30開場/14:00開演
会場:イイノホール

お話とピアノ:青島広志
賛助出演: 横山恵子(ソプラノ)、小林由佳(メゾソプラノ)、水船桂太郎(テノール)、成田博之(バリトン)

チケット:二期会オペラ愛好会会員ご本人 ¥3,500 / 一般 ¥4,000-(全席自由)

お申込み・お問合せ: 二期会チケットセンター
TEL:03-3796-1831

♪二期会、オペラを楽しむ
http://www.nikikai.net/enjoy/course_opera035.html

♪二期会blog、オペラの散歩道
http://www.nikikai21.net/blog/2013/10/post_504.html
[PR]
by yucantus | 2013-10-08 00:08 | コンサート | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル