gabbianaのように



カテゴリ:オペラ( 80 )


「ホフマン物語」いよいよ本番です!!

7月31日、初日があき、8月1日は樋口組のホフマン物語初日です。
二期会ホームページでは、ホフマン物語のキャスト全員のメッセージムービーが掲載されました。
私は考えすぎて、上手に言いたいことをまとめられずお恥ずかしい限りなのですが、
他のキャストのみなさんは、それぞれの役に対する思いや本番への意気込みなど語られていて、とても興味深いです。お時間ございましたら、ぜひのぞいてみてください。

私は言葉で表現するのが本当に下手で、、、だから歌を歌っているんだ、、、なんて思ってしまいました(^^;)
なのに今回、私が演じるニクラウスとミューズはあまり歌うところがなく、でも全てのシーンに現れ、最後にはせりふがあります。どこまで皆様にミューズの気持ちをお伝えすることができるか、、、とにかくがんばります。
劇場でお会いできるのを楽しみにしております。


♪東京二期会「ホフマン物語」
http://www.nikikai.net/lineup/hoffmann2013/index.html

♪ホフマン物語、キャストメッセージ、小林由佳
http://www.youtube.com/watch?v=1nYKIxCEkoo&feature=youtu.be
[PR]
by yucantus | 2013-08-01 01:20 | オペラ | Comments(0)

『ホフマン物語』が産経ニュースに

ただ今、公演に向けて日々稽古をしている『ホフマン物語』についての記事が産経ニュースに掲載されました。
演出家・粟国淳さんの言葉の中に、今回私が演じるミューズに関しても触れています。どうしたらうまく表現できるのか…考えすぎたのか、今、大風邪をひいています。
そんな表情が観て取れる、何ともいけていない私の稽古姿が粟国さんの後ろに写ってしまいました(ー ー;)
今更ですが、全てをさらけ出してやるしかないですね。がんばります。
全日ともD席は完売で、平日7/31と8/1公演はまだまだお席に余裕があるそうです。ぜひぜひ、オペラは生でライブで聞いて感じていただきたい‼お時間のある方は、是非劇場へ足をお運びくださいませ。
お客様と一緒に、素敵な時間を共有できますことを心より楽しみにしております。

♪産経ニュース〜理想に生きる意味を問う幻想オペラ、東京二期会『ホフマン物語』
http://sankei.jp.msn.com/smp/entertainments/news/130721/ent13072113160013-s.htm
[PR]
by yucantus | 2013-07-23 01:17 | オペラ | Comments(0)

ホフマン物語へ全力投球!!!

f0208202_20153445.jpg
f0208202_2016719.jpg


アイーダ後も色んな本番が続き、やっと今日一息つくことができました。
ほっ、、、。
っと言っている暇もなく、、、そうです、ホフマン物語!!
もう本番まで4か月を切ってしまいました。ひゃあーーーー!!!!!

もうとっくにどこかで目にされているかもしれませんが、
ホフマン物語のチラシを載せます。
(いつものことながら、遅くて本当にすみません...)

このチラシに載っている舞台写真がまさに本当の舞台セッティングなんですが、
みなさん、美しいと思いませんか(^^)?
この公演の舞台監督さんは、私が尊敬し心から信頼する菅原さんなのですが、
昨年11月“蝶々夫人”の公演でお会いしたとき、
“このホフマン物語の舞台は本当に綺麗で、舞台デザイン画を自宅に飾ってあるんだよ”
とおっしゃっていたんです。あの寡黙な菅原さんが...。
数えきれないほどの舞台を見てきた菅原さんがそうおっしゃるんですから、
それはそれは魅力的な舞台なのだろうと、私も今からワクワクしています!!
ワクワクすればするほど、ドキドキして緊張してすでに吐きそうです(^^;)
なら、いい舞台になるよう万全な準備をするしかありません!!
がんばります!!
ぜひぜひ、みなさんいらしてください(^^)
[PR]
by yucantus | 2013-04-06 20:17 | オペラ | Comments(2)

まさにVediイヤー‼!!

3月13日の「アイーダ」公演、何とか最後まで歌い切ることができました。
雨の中、会場へお越し下さったたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
アイーダについて書きたいのですが、明日も本番なのであります‼!
今度はヴェルディオペラの傑作中の傑作、「椿姫」です。
昨日3月14日に熊本から帰京し、夜はこの椿姫の通し稽古でした。
前々からわかっていたスケジュールだったので、本番後とはいえしっかり歌えるように準備していたはずなのですが、恐ろしやアムネリス役、心身共に抜け殻で、一声も出ませんでした。
でも、稽古ですんばらしいソリストの皆さんの歌声を聞き、今日は声が復活していましたぁ~、、、本当によかったぁ~(ToT)
私にエネルギーを与えてくれたのは、他でもないヴェルディの音楽かもしれません。
本当にすごい、、、私はヴェルディを心から尊敬しています。
彼がこの世に生まれて200年。。。
200年経ってもこうして人に感動を与えられる作品を書いたヴェルディ、、、
すごすぎて言葉が見つかりません。

だれが言っていたのか忘れましたが、
「言葉で表現できなくなった時、その時音楽が生まれる」と聞いたことがあります。
まさにヴェルディの音楽は、言葉がわからなくても、喜怒哀楽、もっと深い心情までもを伝えてくれる気がします。
明日は演奏会形式ですが、きっと何か感じて頂けると思います。
有難いことに、明日のチケットはすでに完売だそうです。
ヴェルディさんにも喜んで頂けるような演奏をしたい、、、なぁ~(^^;)
1週間に2つのヴェルディオペラに出演させて頂けるなんて、本当に幸せです(ToT)
VIVA VERDI!!!!!!!!!!!!!

f0208202_024470.jpg

[PR]
by yucantus | 2013-03-16 00:25 | オペラ | Comments(2)

熊本からこんばんは。

f0208202_120920.jpg

f0208202_1201093.jpg

気付けば春の空気を感じる今日この頃、私は2月末から3月13日公演の「アイーダ」のため熊本に来ています。
ブログを書こう書こうと思いつつ、アムネリスという役が大きくて、日々いっぱいいっぱいになっております。

オペラのソリストを歌う事すら怖かった私が、アイーダという大曲の大役を歌っているとは…未だに信じられません。
先日オーケストラ合わせも終え、ヴェルディのオペラをオケで歌える喜び・感動と共に、その大音量と曲の持つ迫力に恐怖を覚えました。
でも全てをプラスに変えて、必ずやいい舞台になるよう、大好きなマストランジェロ・マエストロの指揮のもと、熊本の皆さんと頑張りたいと思います‼

熊本のみなさぁ〜ん、ぜひぜひ会場へ生のオペラを観にいらして下さぁ〜い。

そうそう、今回衣裳はイタリアからお借りしたそうで、あのゼッフィレッリ演出時のものとあってとっても豪華です。衣裳負けしないようにしなきゃ(^_^;)
[PR]
by yucantus | 2013-03-09 00:56 | オペラ | Comments(0)

2012年を振り返って…

f0208202_23454742.jpg

あと10分ほどで今年も終わろうとしています。
今年も実家の茨城で、家族と一緒にみんな元気で夕食を食べなからテレビを観ています。やはり日本は幸せな国ですね…感謝。

今年は新国立劇場初出演から始まり、また色んな作品を色んな所で歌わせて頂き、沢山のお客様にお越し頂きました。本当に、本当にありがとうございました。
その今年2月、少年役で出演させて頂いた新国立劇場/松村禎三作曲のオペラ「沈黙」の公演が、今月の朝日新聞夕刊で〝新しい時代に希望〟と表され紹介されました。
普段、私は批評等は見ないのですが、生徒さんが切り抜きを渡して下さり、その内容に思わず感動してしまったので、こちらにも紹介させて頂きます。本来、出演しているものが一記事を取り上げるのはよくないのかもしれませんが。
2012年のクラシック界を振り返り、〝新しい世代に今年ほど希望を見た年はなかった〟と…。その中でも充実度が際立っていた公演として「沈黙」を取り上げて下さいました。この文を読んだ時、なんとも…なんともうれしかったです。
こちらのブログでも書きましたが、本当に、毎日、出演者みんなで大泣きしながら稽古していました。それがいい事とは言いません。〝熱演〟は必ずしもいい公演に繋がらないからです。
でも、あの「沈黙」は何かが違っていました。やはり作曲家・松村禎三さんの思いの強さからでしょうか…。そんな公演に関わらせて頂いたことを、心から感謝したいと思います。

この記事の中に、合唱で何度となく共演させて頂いた指揮者チョン・ミョン・フンさんの言葉が紹介されていて、とても共感しました。

〝政治に隔てられる前に、音楽の感動で心を結び合わせよう。単なる癒しでなく、社会で豊かに機能してこその音楽だ。〟

決して難しいことを言いたい訳ではないんです。うまく言えませんが、世の中を動かしているのは政治やお金ではなく、人間の感情だと私は思ってしまうんです…。また的外れな事を言っていたらごめんなさい(^_^;)

自分も一滴のしずくでもいいから、すてきな世の中を夢みて一歩一歩進んで行きたいと思います。なんか偉そうですが、それは全て自分の幸せのためです(^_^;)

来年はどんな年になりますか…是非とも、せめて今年よりはいい年にしたいと思います‼

みなさま、今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さい(^_^)

ありがとうございました。

小林由佳
[PR]
by yucantus | 2012-12-31 22:03 | オペラ | Comments(0)

二期会「ホフマン物語」出演決定‼

いつも宣伝が遅いので、今回は反省をいかし、早速来年の出演予定のお知らせです。

来年8月1,4日、新国立劇場にて、
二期会公演オッフェンバック作曲「ホフマン物語」にニクラウスとミューズの一人二役で出演させて頂けることとなりました‼‼!
久しぶりにオーディションを通過することができ、とってもうれしいです。
昨日、東京二期会ホームページで発表になりました。

~東京二期会ホームページ
http://www.nikikai.net/lineup/hoffmann2013/index.html

演出は、先日八王子の「蝶々夫人」で初共演させて頂いた粟国淳さんです‼!
もうひとつ素直に嬉しいことは、念願だったあの新国立劇場のオペラパレスで歌えることです‼!
今年2月に新国デビューさせて頂きましたが、その時は中劇場でした。
そして6月のコンサート“みなゆかいなせかい”で共演した、ソプラノの菊地美奈ちゃんとなんとこれまたオペラ初共演でございます‼!
ん~~~、もう考えるだけで緊張してきますが、なら、今から努力するのみです。
でも、その前にこれまた大きな公演が、、、そちらも近々ご報告いたします。
とにかく、ひとつひとつ大切に歌い演じていきたいと思います。

ぜひお一人でも多くのお客様に観て頂きたいと願っております。
どうぞお楽しみに♪♪♪

オッフェンバック作曲『ホフマン物語』
オペラ全4幕
日本語字幕付き原語(フランス語)上演
台本:ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ
作曲:ジャック・オッフェンバック

会場:新国立劇場 オペラパレス

公演日:2013年7月31日(水)18:30、8月1日(木)18:30、3日(土)14:00、4日(日)14:00
開場は開演の30分前/上演予定時間:約3時間30分(休憩1回を含む)

指揮:ミシェル・プラッソン
演出:粟國 淳
装置:横田あつみ
衣裳:アレッサンドロ・チャンマルーギ
照明:笠原俊幸
演出補:久恒秀典
合唱指揮:大島義彰
音楽アシスタント:佐藤正浩
副指揮:松井和彦
舞台監督:菅原多敢弘
公演監督:三林輝夫


キャスト

               7月31日(水)/8月3日(土)       8月1日(木)/4日(日)
ホフマン               福井 敬                樋口達哉
ミューズ/ニクラウス       加納悦子             小林由佳
リンドルフ/コッペリウス/
ミラクル博士/ダペルトゥット 小森輝彦              大沼 徹
オランピア             安井陽子             佐藤優子
アントニア             木下美穂子            高橋絵理
ジュリエッタ            佐々木典子            菊地美奈
スパランツァーニ         吉田伸昭             羽山晃生
クレスペル             斉木健詞             大塚博章
シュレーミル/ヘルマン     門間信樹             佐藤 望
アンドレ/フランツ        大川信之             田中健晴
ルーテル              狩野賢一             倉本晋児
ナタナエル             新海康仁             山本耕平
コシュニーユ/ピティキナッチョ 坂本貴輝             新津耕平
アントニアの母の声        与田朝子            小林紗季子

合唱:二期会合唱団

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団


やむを得ない事情により出演者が変更となる場合がございます。

●入場料金(税込)
             S席     A席     B席     C席     D席     学生席
一般       ¥18,000  ¥14,000  ¥10,000  ¥8,000  ¥5,000   ¥2,000
愛好会会員   ¥17,000  ¥13,000   ¥9,000    ¥8,000  ¥5,000   ¥2,000
※チケットお申込みと同時に愛好会へもご入会いただけます。

●発売日
愛好会先行発売:2013年1月24日(木)~
一般発売:2013年2月7日(木)~

●ご予約・お問合せ
チケットスペース       03-3234-9999

二期会チケットセンター   03-3796-1831 (FAX 03-3796-4710)
受付時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~15:00/日・祝休業
[PR]
by yucantus | 2012-12-27 18:09 | オペラ | Comments(0)

八王子“蝶々夫人”終演

先週11月24日、無事“蝶々夫人”が終わりました。
たくさんのお客様にお越し頂き、本当にありがとうございました。
今回が2回目のスズキ役だった訳ですが、
あんなに読み込んだはずだったのに、また新しい発見がありました。
こうして少しずつでもオペラ歌手として成長していければと思っております。

f0208202_1848547.jpg

~GP後の一枚。右から蝶々さん役の松原有奈さん、子供役のれなちゃん、私。

この写真を見て、“ピンカートンが来なかったら、こういう幸せもあったかもしれないのに…”
と、思ってしまいました。
確かにこの時代、混血の子供と一緒に日本で幸せに暮らしていくのは難しかったでしょう。
でも生きてさえいれば、何かしら見いだせたはず。。。
蝶々さんが最後に死を選んだのは、明治時代まだ残っていた“武士道”からという考えが自然ですが、今回の粟国淳さんの演出は違いました。
そのことで、人生とは何なのか、世の中とは、人間とは、運命とは...といろぉ~~~んな事を考えた数か月でした。

“生きてさえいれば...”、こう私が思えるのも私が大人になったからなのか、時代の流れがなのか...
こんな風に一時でも深く考えさせてくれるのも、オペラの力だと私は思っています。
たった1冊の楽譜でしかないオペラ。
それを歌、演技、オーケストラ、舞台、衣裳、照明で3Dどころではない、より立体的なものへと再現されるオペラ。まさにオペラは総合芸術。
いつか一人でもいい、心の琴線に触れることができる舞台を作りたい。
そんな舞台の一員になりたい。
やっぱり、私はオペラを愛しているみたいです(^^)
ありがとうございました。

~急いで撮った写真だったので、つい足元が美しくないことに...
  まだ修業が足りませんな(^^;)
  そして写真に入らないようにとよけて下さった床山さんの姿が鏡に。
  今回も本当に多くのスタッフさんにお世話になりました。感謝。
[PR]
by yucantus | 2012-11-29 19:52 | オペラ | Comments(0)

いよいよ明日本番。

f0208202_1584389.jpg

あっという間に本番当日が来てしまいました。
「あと一週間あれば…」みたいな事を毎回思いますが、きっとあと一週間追加されても一緒なんですよね。
写真は明日の会場、オリンパスホールの客席です。
とってもきれいで、響きのいいホールです。
観にお越し下さる皆様、くれぐれもお気をつけて。
[PR]
by yucantus | 2012-11-24 01:59 | オペラ | Comments(2)

毎日偏頭痛。。。

オペラの稽古が始まってしまうと、なかなか他の事が考えられなくなる私。。。
気付けば“蝶々夫人”本番まで、あと2週間‼
稽古風景などブログに書きたいと思いつつ、いつもこんな間際で申し訳ないです(><)
立ち(演技付き)稽古は10月末から始まり、
今日からはほぼ実際の舞台の大きさと同じ、あるホールの大ホールで稽古が始まりました。
私が歌い演じるスズキ役は、あまり歌わないのですが、
ずっと舞台に出ている大切な役です。
スズキ役によって、主役の蝶々さんがどうお客様の目に映るか決まると言っても過言ではありません。
数秒の音、ひとつの動作・しぐさをどう捉えるか考えるだけで、あっという間に1時間が経ってしまいます。

本当に私は不器用な人間で、、、。
こういう状態になる度、いつも思い出すフレーズがあるんです。
それは3年前、初めて蝶々夫人をやらせて頂いたある日の稽古で、
やはり考えすぎて身動きがとれない状態になった時、
演出助手のとても信頼するS田さんに、
「ゆかちゃん、頑張ってるのはわかるけど、頑張り方を間違ってる」と言われ、
それはとてもハっとさせられました。

そんなつもりはないのですが、どこか頑張っている自分に酔ってしまっているような、
そんなことになってしまっていたんです。
やらなければいけない事は、悩むことではなく、少しずつでも決めていかなければならないという事です。
考えているだけでやった気になってしまう、“私こんなに頑張ってます‼”みたいな顔をして苦しんでいるだけ。それは決して偉いことではないですよね。

わかっていたはずなのに、また頑張り方を間違えているみたいです、わたし(苦笑)。
こうして自分で気付けるようになっただけで、成長したのかな。
という事で、今からお風呂に入って悶々と考えてきます(^^)

久しぶりのブログなのに、つまらない事書いてしまってすみません。
絶対いい舞台にするぞ‼
皆さん、観にいらして下さいね。
[PR]
by yucantus | 2012-11-09 00:07 | オペラ | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
ありがとう、2016年‼︎
at 2016-12-31 23:56
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル