gabbianaのように



カテゴリ:オペラ( 84 )


サイトウキネン、オペラ公演初日

8/23、無事に「子どもと魔法」「スペインの時」二本立て本番初日があきました‼
いやぁー、本番素晴らしかった‼稽古からずっと観てきた私達カバーキャストも感激でした。何よりこの公演で復帰された小澤さんの指揮を降る姿を見ているだけで、なぜか目頭が熱くなってしまいました。

この日は天皇皇后両陛下が観劇にいらっしゃり、松本の街はおまわりさんや警備で大変でした。サイトウキネンの公演にいらっしゃるのは、初めて開催された22年前以来、実に21年ぶりだそうです。美智子妃殿下が、ラヴェル作曲「子どもと魔法」を大好きなんだと伺いました。
つねに天皇様が美智子様を気遣われ、優しい笑顔と光につつまれ、本当に、同じ空間にいられただけでこちらが幸せを頂いた気がしました。

最初に、今年亡くなられたバイオリニスト潮田益子さんにむけて、モーツァルト「ディヴェルティメント」第二楽章が特別演奏され、ただただ胸いっぱいでした…今思い出すだけでも涙が出ます。祈り、感謝、悲しみ、音楽の喜び…色んなものを感じました。

「子どもと魔法」は、ラヴェルの母親が亡くなった年に作曲された作品。最後の子どもが言う〝ママン(ママ)〟という一言でいつも涙が出てしまう。
そして「スペインの時」は、浮気性の妻をもつ時計屋さんのお話。こちらはついつい笑ってしまう。私はこの舞台のセットが大好きで、色使いや使われているものなど本当にかわいくセンスがいい‼やはり、フランスのなせる技なのか。

演奏・演出・舞台・衣装・ヘアメイク全てのバランスがよく、歌手の皆さんは歌がうまいのはもちろん、演技も素晴らしい‼本当に、この舞台に関われただけで幸せです。
自分もいつか彼らのように歌い演じたい…そのためには…。そして最近、これらの経験をこれからの若い人たちに伝えたいと思うようになりました。
そのためにも経験あるのみ‼がんばります。
残り3公演、いらっしゃるお客様はお楽しみに♪トリュフとうなぎを同時にいただくような贅沢さです(^_^)
[PR]
by yucantus | 2013-08-25 00:10 | オペラ | Comments(0)

長野県松本市からこんにちは。

毎日猛暑が続いていますが、みなさんお元気ですか?
私はホフマン物語終演後、寝ずに荷造りをして、次の日の朝から松本に来ています。松本も暑いのですが東京ほど湿気を感じず、朝夕は涼しくなるので過ごしやすいです。あっ…でも暑い時間帯は劇場にずっといるからかもしれませんね。

私が関わっているのは、ラヴェル作曲のオペラ「子どもと魔法」の雌猫とリス役のカバーキャスト。世界で活躍する歌い手さんの舞台稽古を毎日見学し、本キャストが殆んどフランス人という事もあり浴びるように日常会話のフランス語を聞き、色々考えさせられたり刺激を受けたりしています。

指揮の小澤さんが稽古に加わると、稽古場の空気がいい緊張感に包まれ、その感覚が私は好きです。
とはいえ、もし自分が歌う事になったら…と考えると鳥肌が立ちます。しっかり準備しなければ‼
ホフマンではミューズ、今度は猫にリス…早く人間に戻りたいです(^_^;)

f0208202_11313418.jpg

〜松本城
[PR]
by yucantus | 2013-08-12 11:33 | オペラ | Comments(0)

ホフマン物語、終演。

f0208202_16552066.jpg

〜ジュリエッタ役の菊地美奈ちゃんと一緒に。
f0208202_16552124.jpg

〜終演直後、舞台上で出演者全員で

8/4、無事ホフマン物語、全公演を終了いたしました。
たくさんのお客様にお越し頂き、本当にありがとうございました。また大好きな共演者、スタッフの皆様、そてサンタさんみたいに優しい、でも音楽には厳しかった(それはフランス音楽を愛するがゆえ)マエストロ・プラッソン、演出の粟国さん、とってもとっても大好きでした。
皆さんと素敵な時間を共有できたことを心から感謝いたします。
またどこかで必ず会いましょう(^_^)‼
[PR]
by yucantus | 2013-08-06 16:57 | オペラ | Comments(0)

ホフマン物語、あと2日‼

8月1日、樋口組のホフマン物語初日が終わりました。
劇場に足をお運びくださった皆様、本当にありがとうございました。
今日は福井組の2日目、明日はホフマン物語千秋楽です。まだ残席ございますので、ぜひぜひお越し下さいませ。
新国立劇場オペラパレスの舞台機能を全て使いきったと言っても過言ではない今回の舞台セット、照明、衣裳、ヘアメイク、合唱、そして少年のようにきらきらしたマエストロ、ミッシェル・プラッソン氏の指揮と東フィルさんのオケ、それを幻想的な世界へと創り上げた粟国淳さんの演出。
たくさんの力を結集した舞台、生で観て頂きたいです。

ゲネラルプローべの様子が、写真付きでクラシックニュースさんに掲載されました。1人でも多くの方にいらして頂けたら、この上ない幸せです(^_^)

♪クラシックニュース〜二期会、ホフマン物語ゲネプロ
http://classicnews.jp/c-news/index.html
[PR]
by yucantus | 2013-08-03 11:35 | オペラ | Comments(0)

「ホフマン物語」いよいよ本番です!!

7月31日、初日があき、8月1日は樋口組のホフマン物語初日です。
二期会ホームページでは、ホフマン物語のキャスト全員のメッセージムービーが掲載されました。
私は考えすぎて、上手に言いたいことをまとめられずお恥ずかしい限りなのですが、
他のキャストのみなさんは、それぞれの役に対する思いや本番への意気込みなど語られていて、とても興味深いです。お時間ございましたら、ぜひのぞいてみてください。

私は言葉で表現するのが本当に下手で、、、だから歌を歌っているんだ、、、なんて思ってしまいました(^^;)
なのに今回、私が演じるニクラウスとミューズはあまり歌うところがなく、でも全てのシーンに現れ、最後にはせりふがあります。どこまで皆様にミューズの気持ちをお伝えすることができるか、、、とにかくがんばります。
劇場でお会いできるのを楽しみにしております。


♪東京二期会「ホフマン物語」
http://www.nikikai.net/lineup/hoffmann2013/index.html

♪ホフマン物語、キャストメッセージ、小林由佳
http://www.youtube.com/watch?v=1nYKIxCEkoo&feature=youtu.be
[PR]
by yucantus | 2013-08-01 01:20 | オペラ | Comments(0)

『ホフマン物語』が産経ニュースに

ただ今、公演に向けて日々稽古をしている『ホフマン物語』についての記事が産経ニュースに掲載されました。
演出家・粟国淳さんの言葉の中に、今回私が演じるミューズに関しても触れています。どうしたらうまく表現できるのか…考えすぎたのか、今、大風邪をひいています。
そんな表情が観て取れる、何ともいけていない私の稽古姿が粟国さんの後ろに写ってしまいました(ー ー;)
今更ですが、全てをさらけ出してやるしかないですね。がんばります。
全日ともD席は完売で、平日7/31と8/1公演はまだまだお席に余裕があるそうです。ぜひぜひ、オペラは生でライブで聞いて感じていただきたい‼お時間のある方は、是非劇場へ足をお運びくださいませ。
お客様と一緒に、素敵な時間を共有できますことを心より楽しみにしております。

♪産経ニュース〜理想に生きる意味を問う幻想オペラ、東京二期会『ホフマン物語』
http://sankei.jp.msn.com/smp/entertainments/news/130721/ent13072113160013-s.htm
[PR]
by yucantus | 2013-07-23 01:17 | オペラ | Comments(0)

ホフマン物語へ全力投球!!!

f0208202_20153445.jpg
f0208202_2016719.jpg


アイーダ後も色んな本番が続き、やっと今日一息つくことができました。
ほっ、、、。
っと言っている暇もなく、、、そうです、ホフマン物語!!
もう本番まで4か月を切ってしまいました。ひゃあーーーー!!!!!

もうとっくにどこかで目にされているかもしれませんが、
ホフマン物語のチラシを載せます。
(いつものことながら、遅くて本当にすみません...)

このチラシに載っている舞台写真がまさに本当の舞台セッティングなんですが、
みなさん、美しいと思いませんか(^^)?
この公演の舞台監督さんは、私が尊敬し心から信頼する菅原さんなのですが、
昨年11月“蝶々夫人”の公演でお会いしたとき、
“このホフマン物語の舞台は本当に綺麗で、舞台デザイン画を自宅に飾ってあるんだよ”
とおっしゃっていたんです。あの寡黙な菅原さんが...。
数えきれないほどの舞台を見てきた菅原さんがそうおっしゃるんですから、
それはそれは魅力的な舞台なのだろうと、私も今からワクワクしています!!
ワクワクすればするほど、ドキドキして緊張してすでに吐きそうです(^^;)
なら、いい舞台になるよう万全な準備をするしかありません!!
がんばります!!
ぜひぜひ、みなさんいらしてください(^^)
[PR]
by yucantus | 2013-04-06 20:17 | オペラ | Comments(2)

まさにVediイヤー‼!!

3月13日の「アイーダ」公演、何とか最後まで歌い切ることができました。
雨の中、会場へお越し下さったたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
アイーダについて書きたいのですが、明日も本番なのであります‼!
今度はヴェルディオペラの傑作中の傑作、「椿姫」です。
昨日3月14日に熊本から帰京し、夜はこの椿姫の通し稽古でした。
前々からわかっていたスケジュールだったので、本番後とはいえしっかり歌えるように準備していたはずなのですが、恐ろしやアムネリス役、心身共に抜け殻で、一声も出ませんでした。
でも、稽古ですんばらしいソリストの皆さんの歌声を聞き、今日は声が復活していましたぁ~、、、本当によかったぁ~(ToT)
私にエネルギーを与えてくれたのは、他でもないヴェルディの音楽かもしれません。
本当にすごい、、、私はヴェルディを心から尊敬しています。
彼がこの世に生まれて200年。。。
200年経ってもこうして人に感動を与えられる作品を書いたヴェルディ、、、
すごすぎて言葉が見つかりません。

だれが言っていたのか忘れましたが、
「言葉で表現できなくなった時、その時音楽が生まれる」と聞いたことがあります。
まさにヴェルディの音楽は、言葉がわからなくても、喜怒哀楽、もっと深い心情までもを伝えてくれる気がします。
明日は演奏会形式ですが、きっと何か感じて頂けると思います。
有難いことに、明日のチケットはすでに完売だそうです。
ヴェルディさんにも喜んで頂けるような演奏をしたい、、、なぁ~(^^;)
1週間に2つのヴェルディオペラに出演させて頂けるなんて、本当に幸せです(ToT)
VIVA VERDI!!!!!!!!!!!!!

f0208202_024470.jpg

[PR]
by yucantus | 2013-03-16 00:25 | オペラ | Comments(2)

熊本からこんばんは。

f0208202_120920.jpg

f0208202_1201093.jpg

気付けば春の空気を感じる今日この頃、私は2月末から3月13日公演の「アイーダ」のため熊本に来ています。
ブログを書こう書こうと思いつつ、アムネリスという役が大きくて、日々いっぱいいっぱいになっております。

オペラのソリストを歌う事すら怖かった私が、アイーダという大曲の大役を歌っているとは…未だに信じられません。
先日オーケストラ合わせも終え、ヴェルディのオペラをオケで歌える喜び・感動と共に、その大音量と曲の持つ迫力に恐怖を覚えました。
でも全てをプラスに変えて、必ずやいい舞台になるよう、大好きなマストランジェロ・マエストロの指揮のもと、熊本の皆さんと頑張りたいと思います‼

熊本のみなさぁ〜ん、ぜひぜひ会場へ生のオペラを観にいらして下さぁ〜い。

そうそう、今回衣裳はイタリアからお借りしたそうで、あのゼッフィレッリ演出時のものとあってとっても豪華です。衣裳負けしないようにしなきゃ(^_^;)
[PR]
by yucantus | 2013-03-09 00:56 | オペラ | Comments(0)

2012年を振り返って…

f0208202_23454742.jpg

あと10分ほどで今年も終わろうとしています。
今年も実家の茨城で、家族と一緒にみんな元気で夕食を食べなからテレビを観ています。やはり日本は幸せな国ですね…感謝。

今年は新国立劇場初出演から始まり、また色んな作品を色んな所で歌わせて頂き、沢山のお客様にお越し頂きました。本当に、本当にありがとうございました。
その今年2月、少年役で出演させて頂いた新国立劇場/松村禎三作曲のオペラ「沈黙」の公演が、今月の朝日新聞夕刊で〝新しい時代に希望〟と表され紹介されました。
普段、私は批評等は見ないのですが、生徒さんが切り抜きを渡して下さり、その内容に思わず感動してしまったので、こちらにも紹介させて頂きます。本来、出演しているものが一記事を取り上げるのはよくないのかもしれませんが。
2012年のクラシック界を振り返り、〝新しい世代に今年ほど希望を見た年はなかった〟と…。その中でも充実度が際立っていた公演として「沈黙」を取り上げて下さいました。この文を読んだ時、なんとも…なんともうれしかったです。
こちらのブログでも書きましたが、本当に、毎日、出演者みんなで大泣きしながら稽古していました。それがいい事とは言いません。〝熱演〟は必ずしもいい公演に繋がらないからです。
でも、あの「沈黙」は何かが違っていました。やはり作曲家・松村禎三さんの思いの強さからでしょうか…。そんな公演に関わらせて頂いたことを、心から感謝したいと思います。

この記事の中に、合唱で何度となく共演させて頂いた指揮者チョン・ミョン・フンさんの言葉が紹介されていて、とても共感しました。

〝政治に隔てられる前に、音楽の感動で心を結び合わせよう。単なる癒しでなく、社会で豊かに機能してこその音楽だ。〟

決して難しいことを言いたい訳ではないんです。うまく言えませんが、世の中を動かしているのは政治やお金ではなく、人間の感情だと私は思ってしまうんです…。また的外れな事を言っていたらごめんなさい(^_^;)

自分も一滴のしずくでもいいから、すてきな世の中を夢みて一歩一歩進んで行きたいと思います。なんか偉そうですが、それは全て自分の幸せのためです(^_^;)

来年はどんな年になりますか…是非とも、せめて今年よりはいい年にしたいと思います‼

みなさま、今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎え下さい(^_^)

ありがとうございました。

小林由佳
[PR]
by yucantus | 2012-12-31 22:03 | オペラ | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル