gabbianaのように



カテゴリ:東日本大震災( 27 )


水戸線の再開と母の再出発

コンサートを終えて4月2日、地震以来、初めて実家に帰りました。
最寄り駅を走る水戸線がまだ動いていなかったのですが、
両親が、片道車で1時間かかる小山駅まで迎えに行くからということで、
急遽、妹家族と三女も合流し大勢での帰省となりました。
実家までの道のり、青いビニールシートで覆われた屋根、崩れ落ちた塀やガラスなど、
地震被害を目の当たりにしました。
それらを義弟は撮影しまくり、すっかり1人お仕事モードでした。


ガソリンを節約しなければ...と頭をよぎったのですが、母の強い希望もあり賑やかな帰省に。
というのも、以前こちらでも書いたのですが、
母が3月31日をもって、長らく務めた県西病院を無事退職いたしました。
そう、退職を目前にこの大地震に見舞われてしまったんです。
母本人も言っていましたが、最後の最後まで病院に尽くして、、、きっと運命ですね。
ほとんど休まず色々大変そうでしたが、
あの大地震にも関わらず、病院内でのけが人はゼロだったそうで本当によかったです。


帰省したその日の夜は、ちょっとしたお祝いになりました。
母を支えてくれた父にも、本当にお疲れさまですという気持ちでした。
楽しい雰囲気の中、ただ1つ、悲しいお知らせが...という母。
聞くと、私達3姉妹が両親の結婚30周年祝いに贈った花器が割れてしまったとのこと。
生け花を習っていた母が、その花器に花をいけてずっと病院に飾っていたなんて全く知りませんでした。
地震後やっと落ち着いた頃、いつも飾っていたその場所に行ってみると花は跡形もなく、、、
きっと割れてしまったのだと、母は私達に謝ってきました。
でも、きっとあの花器が病院を守って変わりに割れてくれたから、
けが人が1人も出ずに済んだんだと思うと話してくれました。
母に言われると本当にそうな気がして...嬉しいなっと思いつつ、ちょっと泣けました。


翌日にはすぐ帰京するはずが、母が珍しくおなかが痛いと言い始め、
これまた母の要望で1日病院の検査に付き合うはめに。。。
久しぶりに訪れた県西病院は、むかぁ〜し子供の頃にお世話になった、
暖かい気持ちの通う病院に戻っていました。
活気もあって(病院には相応しくないですね^^;)、“お母さん、よかったねぇ〜”と、
私もうれしくなりました。やはり、病院は地域にとって大切なものです!!


母の検査結果はこれといって大きな問題はなく、でも何となく心配で結局4泊。
ちょうど帰京する前夜、お酒片手に私が作った料理を食べながら、母が泣き出しました。
“お母さん、幸せすぎて涙でっちゃう...3月はもう大変で、いつ寝て、いつ帰宅して、いつご飯食べたのか覚えてないもん(ToT)おっきい余震もずっと続いて怖かったぁ〜...(津軽弁混じり)”と。
私は笑い飛ばしましたが、これが本心なのよね...と泣けた母を見て、やっと安心しました。
地震もありますが、中卒でずっと働いてきた母にとって、
きっと今が人生で一番ほっとできているような気がします。
この体調不良も、精神的なものから来ているものでしょう。
これからは父と二人仲良く、のんびり暮らしてほしいです。


母が言ったからじゃないですが、本当に自分達は幸せすぎるくらい幸せだと感じます。
家があって、両親がいて、姉妹もみんな元気で、ご飯が食べられて、着る服もあって、、、
こうして普通に暮せることが何よりも贅沢で幸せな事だと実感。
そう感じれば感じる程、被災地にいる皆さんはどんなに頑張っているのだろうと心が痛いです。


3月11日の地震以来ずっと、水戸線の電車が上下線共に岩瀬駅に停車していました。
ちょうど母が就職した44年前の3月、水戸線が電気化されたそうです。
その電車が今は岩瀬駅にずっと停車したままでいる...
“なんかお母さん、変な感じがする。これも運命かしらね”なんて話してくれました。
その電車が今日、4月7日に復旧しました!!よかったですね(^_^)
ネット等で水戸線の被害を写真で見ましたが、復旧に携わった多くの皆様、
本当にお疲れさまです。そして、ありがとうございました。


先程観た番組で、ある会社の社長さんが“理想は知識を超える”とおっしゃっていました。
その通りだと思います!!!!!
理想がなくては何もできないし、何も始まらない。
今の時代、原発なしでの生活は難しいのかもしれないが、私はできると思う。
口で言うのは簡単なんですよね(^^;)
でも、やはり自然界にないものを人間が作ってしまう事に、私は恐怖を感じる。
また技術だけではなく、生活する私達もそのスタイルも変えていくべきなのだと思う。


素敵な未来を想像すれば、全てはそこに向かうはず。
水戸線も母も父も私も、そしてこの日本も、一体どんな未来がくるのだろう。
それは今より幸せであると信じている。そう思うとこれからが楽しみだ♪
両親の第二の人生が、健やかで楽しい毎日でありますように。。。
[PR]
by yucantus | 2011-04-08 04:18 | 東日本大震災 | Comments(0)

若手有志によるチャリティーコンサート

3月11日の大地震から、もうすぐで1ヶ月が経とうとしています。
長かったような、短かったような...
そんな中、私のまわりでも色んな動きが出始めました。

親愛なる歌い手仲間の高田正人君のよびかけで、
若手有志によるチャリティーコンサートが開催される事となりました。
入場料は1000円です。当日は募金箱を置かせて頂きます。

急ではありますが、1人でも多くの方にお越し頂ければと思っております。

二期会の若い仲間たちによる
東日本大震災被災地復興支援チャリティコンサート
「行け我が想いよ、黄金の翼にのって」

出演
ソプラノ:臼木あい、三宅理恵、嘉目真木子、鷲尾麻衣、醍醐園佳、
メゾソプラノ:小林由佳、清水華澄、長谷川 忍、
テノール:大槻孝志、志田雄啓、高田正人、望月哲也、
バリトン:青山 貴、初鹿野剛、山下浩司、与那城敬、他

♪当日、スペシャルゲストも登場する予定です!!

日時 4月24日(日) 18:15開演(17:45開場/20時終演予定)
場所 津田ホール(千駄ヶ谷)
料金 1000円
主 催  二期会若手有志震災支援コンサート実行委員会
協 力  津田塾大学津田ホール

高田君は自分の意見をきちんと言えるしっかりした人で、
年下ながら実は密かに尊敬しています。
少し前まで、チャリティーコンサートをする事に抵抗を感じるとブログ等で書いていた彼が、
色んな方の意見を聞き、このコンサート開催に至った経緯が文章にありますので、
その一部分を引用させて頂きます。


*******

一般人だけではありません。
同じ歌い手でも、人によっていろいろな考え方がありました。
こんな時に歌はなんと無力なのだろう、と嘆く人もいれば、やっぱり歌うことで何か伝えたい、声は力だ、という人も。
「歌う」という気持ちになるまでの時間も、人それぞれ。
でも。
等しく同じなのは、
「たとえ一かけらでも良いから、心を届けたい。なんでもいいから、人々の力になりたい。」
という想いだと思いました。
いろいろな意見の根っこにあるのは、それがどんな意見であろうと、被災地を思う心、日本を思う心です。


3月11日から3週間が過ぎ、やっと少しずつ、僕もそういう気持ちにもなれました。
そして友人たちからも歌の力で何かをしたい、という声がいくつか聞こえてきました。
なので、何をするべきか、何ができるのか、と椅子に座って考えているよりも、
今歌い手たちが何かをしたいと思っている、その心そのものをとにかく形にしたい、と。
例え押しつけでも自己満足でも良いじゃないか、
そこに喜んでくれる人がいて、1円でもお金が集まって、それが被災地の人の食べ物や温かさに変わるのなら、と。


そう思うようになりました。


思い立ったら即行動!(笑)行動無くして想いは形にはなりません。
僕はこの10年くらいで行動することの大切さを学びました。
それだけを学んだ、と言ってもいいかもしれません。
とにかく、考えているのと同じスピードで、(時にはそれよりも早く)行動できなかったら、どんな崇高な理想も考えも、形になる事はありません。
(ってこれはまた別の話かな?)


その日のうちにいろいろなホールにかけあい、歌わせていただける場所を探し、発起人達の近くにいる同世代の歌い手にお願いをしてみました。


チャリティーにもいろいろな考え方があると思います。
ギャラだって交通費しかお出しできません。
ですから、もちろんお断りしていただいて当たり前という気持ちでした。


が、、


お願いした全員が、ほぼその場で出演を快諾してくれました。
電話やメールをしていて涙が出ました。
本当はもっともっと声をかけようと思っていたのに、、
この2日であっという間に定員になってしまいました。。
有難い。。


これからチャリティーもたくさん行われるでしょう。
個人の力では出来ないような豪華絢爛なものもあります。
いろいろな時期にいろいろな形でコンサートが行われていくと思います。


僕は大きなコンサートにも小さなコンサートにも同じ重さの意味があるし、それぞれにしか出来ないコンサートの形があると思います。
ですので、このコンサートでしか出来ない事、この舞台でしか生まれない時間を大切に、精一杯務めさせていただきたいと思います。


どうぞ一人でも多くの方に来ていただけます事を。
なかなか一堂に会することのないメンバーだと思います。
もしよろしければお知らせを拡散していただければ幸いです。

*******

こんな彼に声をかけてもらえて、そして私も歌わせてもらえることに感謝しています。
この感謝の気持ちは、私の声で、音楽でお返しするしかできません。
かっこつけるつもりはありません。私には本当にそれしかできないのです。
それが一滴の水のようでも、被災地の皆さんのお力になれればと思っています。


今回の共演者の皆さんは、今活躍している歌い手さんばかりで、
本当にこんな機会はないと思います。
お名前は知っていても、初めての方が何人かいらして、
出演する私も今からお会いするのが楽しみです♪

チケットご希望の方は、私までご一報下さればご用意させて頂きます。
もしくは、津田ホールチャリティコンサート専用電話
TEL.03-3402-7356(平日10:00-17:00)までお願い申し上げます。

津田ホールのホームページにも案内が出ております。
http://tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm

最後になってしまいましたが、
今回ご協力下さった、津田ホールの皆様にもお礼を申し上げます。
本来個人には決して貸してくれるはずのないところを、
高田君の意見に賛同して下さり、それ以上に「私達も何かしたかった」とおっしゃって下さり、
このチャリティーコンサートの開催が早々に決まったそうです。
本当にありがとうございました。

本当に多くの、全ての方々が被災者や被災地の事を思っているんですよね。。。
もちろん会場にお越し下さるお客様も一緒なんです。
力を合わせれば、不可能なことはないんだ!!...そんな気持ちになってきました。
[PR]
by yucantus | 2011-04-07 17:40 | 東日本大震災 | Comments(0)

被災地に届け、みんなの思い

4月1日、小平市公民館でのチャリティーコンサートに参加してきました。
計画停電の影響等であまり宣伝できなかったにも関わらず、
この日おそらく170 人以上のお客様がお越し下さいました。
金曜日のお昼ですのに...本当にありがとうございました。
またこのコンサートの準備にご尽力下さった多くの皆様、
下村さんご夫妻を始め、合唱団の皆様、小平市議会議員の方々、本当にありがとうございました。
私はただ会場に来て2曲歌わせて頂いただけで、ちょっと申し訳ない気持ちです。

まずお伝えしなければならないのは、この日集まった義援金です。
なんと542,667円!!!!!

本当に、本当に、本当にありがとうございました。
発起人である下村さんは、10万円集まったらすごいと思っていたのに、
こんなにたくさん集まるとは本当にすごいし、とにかく有り難いとおっしゃっていました。
私もまさかこんなにたくさん集まるとは夢にも思っていませんでした。
感謝感謝です。

私が言うのも変かもしれませんが、とってもいいコンサートでした♪
小平の合唱団のみなさん、本番は特にすばらしかったです!!
お客様みなさんが温かく、下村さんに賛同されたお仲間が本当に素敵な方ばかり。。。

黙祷で始まったコンサートは、お客様も出演者も、
楽しみつつ被災地の皆さんへの気持ちが感じられるとてもエネルギーに満ちた時間でした。
人間ってすごいですね。皆で集まれば大きな力になる、、、
そんな事を実感しました。
また、東京で生活されている皆さんも何か楽しい事を欲しているようにも感じました。

この義援金は小平市を通して、日本赤十字社に送られます。
この皆さんの気持ちがこもったお金が有効活用されて、
1日も早く被災地の皆さんのお役にたてることを願うばかりです。

今回の震災は長期戦になるのは間違いないでしょう。
なので、すぐに風化させる事なく、今後もできる範囲で応援していけたらと思っています。
そういう意味でも、被災していない私達は元気に明るく生活し、
少しでも早く復旧できるよう日本全体を活気づけていきましょう!!

がんばるぞぉ〜〜〜(^o^)/

たくさんの義援金を、本当にありがとうございました。
[PR]
by yucantus | 2011-04-02 00:45 | 東日本大震災 | Comments(0)

今、私にできること

地震の日から、もう20日間。。。
その間、茨城の事や被災地の事、日本の将来、原発、自分の生活についてなどなど、
色々考えすぎて偏頭痛を起こしたりしていました。

そんな中、先週、ダンボール箱1箱を岩手県・釜石市に送りました。
f0208202_111177.jpg

〜私の荷造り名人の技が炸裂!!

私の歌い手仲間の先輩である大久保さんの叔父様が釜石で被災されました。
地震から1週間くらい経った頃やっと叔父様と連絡がとれ、
安心していたのも束の間、元学校教師でいつも冷静な叔父様がとてもあわてて、
「何でもいいから送ってほしい」と連絡を下さったとのことでした。
大久保さんはただ事ではないと察知し、仲間に協力を募り、私も少しですが協力させて頂きました。

現地では行政が定めた避難所以外に、自主的に集まってできた避難所もたくさんあり、
そこには救援物資は充分届かない状況、、、
日に日に悪くなっていると大久保さんの連絡で知り、これは急を要するとわかりました。
報道でもあるように、色んな団体が動いている中、
個人で物資を送るのはどうなのだろう...と躊躇する自分もいたのですが、
すぐに送って本当によかったです。

荷物は宅配業者の釜石営業所までしか行かなかったのですが、
次の日にはその叔父様の手元へ届き、予想以上に沢山届いた荷物を見て、
被災地の皆さんは拍手をして喜んで下さったそうです。
大久保さんがすぐに知らせて下さいました。
いつも募金などをしても、それがどのように使われているのか知る機会は一度もなかったので、
こうして初めて被災者の皆さんの様子を知ることができて、私の方が嬉しくなってしまいました。

先週末には大久保さん本人が物資を直接届けに釜石を訪れ、
とても言葉では表現できないような、とにかくひどい状況だったそうです。

これから、少しずつでも物資がきちんと届くようになるとは思われるのですが、
被災地の皆さんのご苦労はまだまだ続きます。
もしこのブログを見て、力になりたいと思って下さる方がいらっしゃいましたら、
今後ぜひご協力頂けないでしょうか。
釜石市だけでも被災者は数千人、
その叔父様は教員時代のお仲間を集めて、独自の物流ルートを今構築中だそうです。
もちろん、ご負担のかからない範囲でお願いできればと思っております。
送って頂いた物資は、叔父様がきちんと管理されて、
必要な方へ必要なだけ届けて下さっているそうです。

今後、こちらのブログでも釜石の状況をお伝えできればと思っております。
私の拙い文でうまく伝わっていない部分があると思いますが、どうかお許し下さい。
また物資をお願いしたい時は、あらためてこちらでお知らせいたします。

最近雑誌で知ったのですが、私の故郷、茨城も結構被災の影響がひどいらしいんです。。。
水戸線が再開したら、とりあえず実家の両親に会いにいきたいと思っています。

被災された皆さん、復興のために動いて下さっている皆さん、どうかお体を大切に。
[PR]
by yucantus | 2011-03-31 02:23 | 東日本大震災 | Comments(0)

小平でチャリティーコンサートやります。

地震から10日がたち、私も少し落ち着いてきました。
今回の災害で亡くなられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。
1人でも多くの方の命が助かるよう祈っています。
被災地で生活している方々には、少しでも早く物資がお手元に届きますように。
福島原発やあらゆる所で救援活動をされている方々、、、がんばってください!!

私にも何かできないかと考えている中、先日、
私と同じ小平市に住むテノールの下村雅人さんがチャリティーコンサートを企画したと知り、
気付いた時には参加させて下さいとコメントしていました。
下村さんは本当に素敵なテノールで、国立音大の先輩でもあります。

チャリティーコンサートは、大勢のお客様を呼べる有名なアーティストさんがやるもの、というイメージがあるのですが、
それに自分が参加...?と首をひねってしまう私がいます。
音楽は間違いなく素晴らしいものですが、自分の歌が誰かのためになるとは正直思えていません。
でも、会場にお越し下さった皆さんと楽しく過ごすことはできるのではないか、
そこで少しでもエネルギーが生まれてくれれば、
それが原動力となって何かが動くのではと今は思っています。

前半はアマチュアコーラスの皆さんが演奏して下さり、
後半には小平を中心に活躍されているアーティストさん達が演奏します。
最後には会場の皆さんも一緒に元気歌ってしまおうとも!!
どんなコンサートになりますか、私も楽しみです。

残念なことに、3月いっぱい節電の為、小平市内の公民館や施設が休館になってしまい、
チラシでの宣伝が難しくなってしまいました。
150人程のホールですが、 お一人でも多くの方にお越し頂きたいと思っております。
もしお時間がありましたら、ぜひいらして下さい。
会場でお会いできるのを楽しみにしております。

チャリティーコンサート小平
4月1日(金)13:30開演
小平市中央公民館ホール(西部多摩湖線・青梅街道駅から徒歩5分)

※計画停電等の影響で、公演できない可能性がございます。どうかご理解下さいませ。

音楽は本来、電気を使いません。
とってもエコで心身共に元気になれる、とっても素敵な神様からの贈り物。
一緒に楽しみつつ、被災者の皆さんを応援し、
10円でも多くの義援金を小平市にお渡しできればと思っています。
[PR]
by yucantus | 2011-03-22 01:39 | 東日本大震災 | Comments(0)

歌えることに感謝をして。。。

4月1、2日に予定されていた熊本の「椿姫」公演が8月に延期となりました。
8月の本番では、出演者一同一丸となっていい舞台を作る所存でおります。
お越し下さる予定でしたお客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、
どうかご理解頂き、ぜひとも再度8月に会場へ足をお運び下さいますようお願い申し上げます。

友達がブログで、
〜私達が音楽で食べさせて頂けるのは、世の中が平和だからこそ。
自分の国が大変な状況になれば、音楽などちっぽけなものだ、、、と書いていました。
本当にその通りだと思います。
普段から感謝の気持ちを持って歌っていましたが、
また今、歌える喜び、有り難さをしみじみ感じています。

今後歌い手として生活していけるのかさえ不安ですが、
今まで以上に精魂込めて歌いたいと思います。
地震以来会えていませんが、私の少ない生徒さんたちも、
いつもレッスンで伝えている「歌う喜び」に気付いてくれてるんじゃないかな...。

上記の公演延期を含め、2011年スケジュールを更新いたしました。
右側カテゴリよりご覧下さいませ。

今も茨城沖で地震発生との報道がされました。
そんな中、こうしてブログを書いている事さえ一瞬悪い事に感じますが、
今は行動を慎みつつ、明るい未来を想像して頑張りたいと思っています。

今日の東北は雪とのこと、被災地の皆さんが心配です。。。
命がけで動き回って下さっている福島原発の職員さんたち、
本当にありがとうございます。
[PR]
by yucantus | 2011-03-16 12:49 | 東日本大震災 | Comments(0)

東北地方太平洋沖地震

みなさん、ご無事でしょうか。
私も茨城の家族も友達も、みんな無事です。
多くの方々からご連絡頂き、本当にありがとうございました。
イタリアの友人からもたくさん応援メッセージが届き、本当にうれしかったです。
もっと早くここでお話したかったのですが、どうにも落ち着かず遅くなってしまいました。
ご心配下さった方々、ご連絡が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

地震翌日、熊本で稽古があり、気が張っていたのか頑張って行ってきたのですが、
なぜか具合が悪く、後々地震の影響で知らない内にショックを受けていた事が原因とわかりました。
友人の話では、被災地にいない方でも、ニュース映像などからのショック・インパクトにより、
脳内はアドレナリン過剰になっているそうです。
自分はショックに飲み込まれている状況だと理解することが、これを克服する助けになるとのこと。
そう思うと被災地の方々の苦しみはいかばかりか、想像もできません。

実家のある茨城も未だライフラインが安定せず、両親の精神面・身体面が心配です。
福島原発の問題もありますし、、、。
今月いっぱいで病院を退職予定の母は、地震以来ほぼ毎日当直で、
東大地震研究所に務めている義弟も、大学に泊まり込みで情報収集をし、
国民のためにがんばっています。
無力な自分が歯がゆいです。。。

つい先程、4月に予定されていた熊本の椿姫も公演延期と連絡がありました。
こういう時こそ公演してほしいという気持ちもありますが、仕方ないでしょう。。。
一体、私に何ができるのか、、、節電、節水はもちろん、必要以上の食料品は買い込まない。
冷静に判断し、自分の身は自分で守る。
ボランティアとしてかけつける事も考えましたが、
自分の食料さえも確保できないで現地に行くのはただの迷惑と知りました。当然なんですが...。

そして、やはり私にできることは歌うことしかありません。
被災地の映像を見ると、そんな事は言ってられないのですが、
こんな時でも音楽も何か力になれるはず!!私はそう信じたいです。
都内でもどんどん公演が中止・延期になり、歌う機会がなくなっているのですが、
いざという時にいい歌が歌えるよう、心身共に鍛えておこうと思います。

今は一人でも多くの命が助かること、1分でも早く少しでも穏やかな生活に戻れる事を、
心から願い、祈っております。
被災地のみなさん、茨城の家族、知人、友人、みんなすでに充分がんばってると思いますが、
どうか、、、がんばって下さい。
政府も海外からの救助隊も、東京電力の職員さんも、みんな命がけでご尽力して下さっています。
わたしもいつも応援しています。

もし私にできることがあれば、いつでも連絡ください。
私も何ができるか、しっかり考えたいと思います。

まだまだ余震も続き、原発からも目が離せません。
どうかみなさま、お気をつけくださいね。
みんなで微力でも力を合わせて、未来に向けてがんばりましょう!!
[PR]
by yucantus | 2011-03-15 16:08 | 東日本大震災 | Comments(2)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル