gabbianaのように



カテゴリ:東日本大震災( 27 )


岐阜県可児市の皆様、ありがとうございました。

梅雨に入り、もう6月後半。
いつも訪れて下さっている皆様、すっかりご無沙汰してしまい本当にすみません。
前回の日記の後、声帯の調子を悪くしてしまい約10日間歌えず、
でもオーディションがあって、本番があって、稽古があって、、
でも何とか乗り越えました(汗)。
やっぱり花粉症の症状で歌うにが一番よくないように思います。

さてそんな中、6月15日、岐阜県可児市でチャリティーコンサートさせて頂きました。
会場には140人を超えるお客様がご来場下さり、大変盛り上がりました。
温かい雰囲気の中、皆様と素敵な時間を過ごせた事、心から感謝いたします。
何より、会場、宣伝、私たちのご飯までお世話下さった可児家の皆様、
本当に本当にありがとうございました。
そして、会場セッティングをお手伝い下さった可児さんの同級生、合唱団「いっ歩゜」の皆さん、
ご近所のかねちゃん、まこちゃん(ご年配の方々ですが愛情を込めて)、
本当にありがとうございました。

このコンサートにお越し下さったお客様はもちろん、
関わって下さった皆様のおかげでできたコンサート、
つまり、150人以上の方々の気持ちが、
東日本大震災で被災された皆様へ届けられたと思っております。

また当日、義捐金もたくさん集まりました。
終演後すぐ集計したのですが、後日あらためてご報告させて頂きます。

色々お知らせしなければいけないのですが、今色んな事に追われてできていません(ToT)
今夜にでもまたアップできればと思っております。
ではまた、、、

f0208202_139216.jpg

コンサートで頂いたかわいらしい花束。まだ我が家に元気に咲いてくれています♪
[PR]
by yucantus | 2011-06-20 13:09 | 東日本大震災 | Comments(0)

もうひとつ♪

6月はもうひとつチャリティーコンサートに出演させて頂きます。

f0208202_11294555.jpg


東日本大震災復興支援・被災地での音楽活動支援企画
Charity Gala Concert~Vol.1

2011年6月29日(水)
開場18:30/開演19:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール

入場料1,000円/全席自由

ソプラノ:小林沙羅、中村洋美、廣田美穂、嘉目真木子
メゾソプラノ:磯地美樹、小林由佳、澤村翔子
テノール:中嶋克彦
バリトン:青山貴、井上雅人
バス:ジョン・ハオ

コーラス:学生有志

ピアノ:黒木直子、朴令鈴、吉田幸央

主催:チャリティーガラコンサート実行委員会


※収益金は、被災地の音楽活動の支援(ピアノの贈呈等)に使わせて頂きます。


このコンサートはバリトンの井上雅人君の呼びかけで集まった歌い手さんたちです。
皆さん、今活躍中の方々ばかりで、二期会、藤原歌劇団、そしてフリーで海外で活躍と、なかなか集まれない顔ぶれとなっております。
そして今回はなんと合唱付き‼
学生さんは今忙しい時期で、決していい条件とはいえない中引き受けて下さいました。
練習時間や練習場所を確保するのも難しい状況ですが、
(これらの問題に対応して下さっている井上君、吉田さん、篠塚さん、坂本様、本当にありがとうございます!!)
開催に至れたことに感謝し、いいコンサート目指して頑張りたいと思います。

今の被災地の状況を知れば知るほど、自分の行動はこれでいいのかと悩んでしまいますが、やれることからやっていこうと思います。

このコンサートは、何やら大変なプロジェクトが立ち上がる気配です。
またおってお知らせいたします。

チケットご希望の方は、下記、また私の方まで遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

【お申込み】 080-6514-1435(坂本)
m.sakamoto.law@gmail.com
[PR]
by yucantus | 2011-05-31 12:18 | 東日本大震災 | Comments(0)

6月公演のお知らせ

台風が消え去り、つかの間の青空。
やっぱりいいですね♪
昨日からの納戸整理をしつつ、お洗濯をしつつ、、、
6月出演予定のコンサートのお知らせです。

まず一つは、岐阜でのチャリティーコンサートです!!


東日本大震災チャリティーコンサート
SATOKO KANI & YUKA KOBAYASHI

2011年6月15日(水)
開場18:00/開演18:30
会場:子守会館(岐阜県可児市/JR可児駅より車で5分)
全席自由:1000円

ソプラノ:可児聡子
メゾソプラノ:小林由佳
ピアノ:黒木直子

~コンサート当日、募金箱を設置致します。募金とチケット収益金全額を、
日本赤十字社より東日本大震災の義捐金として寄付させて頂きます。


今回共演する可児さん(通称かにちゃん)とは国立音大大学院時代からの親友。
今年3月、彼女のおじいちゃんがお亡くなりになり、
それがきっかけでかにちゃんの実家である子守会館でチャリティーコンサートを開催することとなりました。
色んな気持ちとタイミングが重なって実現したコンサート、
きっとかにちゃんのおじいちゃんが導いてくれたんだね、、、と二人で話しました。

ピアニストは心から信頼している黒木直子ちゃんに、忙しいところ無理を言ってお願いしました。
なおちゃん、本当に本当にありがとう!!!!!
やはりコンサートを進行する上でピアノは本当に大切なので、贅沢にお願いしてしまいました。
会場はコンサート専用ではないので、お聞き苦しい所もあるかもしれませんが、
身近に心温まるコンサートにできればと思っております。
“チャリティー”と言っても、一番も目的はお客様に楽しんで頂くことです。
このブログを岐阜の方が見て下さっているとは思えませんが(^^;)、
一人でも多くの方にお越し頂きたいと思っております。

名古屋からも1時間くらいですよぉ~~~。
ぜひお越し下さいませ。

チケットご希望の方は、下記までお問い合わせ頂くか、
私の方までコメントまたはメールでご連絡下さいませ。

【チケットお問い合わせ】
子守会館: 0574(62)1936
可児: 090(6591)0722

とブログを更新している間に、雲行きが怪しくなってきました。
それより東北のお天気がよくないようで、被災地の皆さんが心配です。。。
[PR]
by yucantus | 2011-05-30 14:32 | 東日本大震災 | Comments(2)

救援物資ご協力のお願い

もう5月ですね。そして、世の中はゴールデンウィーク♪
皆様はいかがお過ごしですか?
私は急に忙しくなりバタバタしていますが、何とか実家に帰郷する予定です。

3月11日の震災から、もうすぐ2か月。
被災地の生の声を聞くことのできる友人曰く、
その状況は震災後とそんなに変わらないそうです。。。

その友人であり、私の先輩であるテノールの大久保憲さんが、
釜石にいらっしゃる叔父様と協力して、
効率よく物資を直接被災者の皆さんに手渡せるよう、
独自の物流ルートを作り、がんばっていらっしゃいます。

そこで、皆様にお願いです。
もし可能でしたら、ご協力いただけないでしょうか。
以前、私も物資を送って、ここに書いたのですが、
元教員をされていらしたという大久保さんの叔父様の所へです。

教員時代のお仲間と手を組み、
物資を置ける場所も確保し、
今回はヤマト運輸さんと話し合ってルートなども決められたそうです。
大久保さんのお声かけで始まった救援物資のお願いですが、
もうすでに沢山の方々がお協力下さったそうで、
その方々に現地の様子もお伝えしようと、急遽ブログも立ち上げました。

そちらからの転送になりますが、
下記の送り先へ、指定の通りお送り頂ければと思います。

<物資の送り先>

028-3305
岩手県紫波郡紫波町日詰字郡山駅22-2
(いわてけんしわぐんしわちょうひづめあざこおりやまえき)

佐藤 悟(さとる) ~大久保さんの叔父様の教員仲間だそうです。

電話080-5576-3995

==========================
※大変恐れ入りますが、物資の内容質問等、
 直接のご連絡はお控えください。
 先方も被災しており、多忙を極めております。
 ご質問は私、大久保までお願いいたします。
==========================


<発送方法>

ヤマト宅急便


<曜日指定>

月曜日・木曜日


<時間指定>

19:00

======================
※時間指定は18時-20時なので、
 品名のところに、
   「救援物資」
   「19時指定」
 と書いてください。
 受付の人には、
 現地で話はついてる、と言って下さい。
======================


です。

解説します。
この場所は、薬屋さんの倉庫だったところを
全面的に開放してくださったそうです。
ここへ物資を一時保管し、仕分けし、それぞれの避難所等へ、
佐藤先生をはじめ、仲間の工藤先生や他の先生方、それと叔父が、
手分けして直接運ぶそうです。

運送会社、配達時間指定を一本化したのは、
その曜日、時間に誰かが必ずその場所へいき、
荷物を受け取る為だそうで、
ヤマトとも打ち合わせをし、話をつけたそうです。
ですので、曜日と時間指定を必ずご記入ください。


また、そういった訳ですので、
前回のように一つひとつの送り主情報の管理が、
どのくらいできるかわかりません。
私の方でも、番号をいただき到着確認をする程度しか、
管理できません。
一応、到着した伝票から、
ご発送下さった方のデータ管理はするよう、
お願いはしておきますが、
その限りではないことをどうかご容赦ください。


●仕分け作業簡略化のため、物資はできるだけ同じ種類のものを

●外箱には赤字で「救援物資」の文字と内容物の明記を

●ヤマトで月曜日か木曜日の19:00到着指定で発送

でお願いできれば大変助かります。


長期的な支援になります。
私たちに余力がないと、続かないことだと思います。
本当に無理のない範囲でお願いいたします。

また、送り先情報等、
周りのお知り合いなどに拡散してくださって結構です。
一人でも多くの方のご協力をいただければ助かります。
もちろん無理のない範囲で…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳しくは大久保さんが立ち上げたブログ、
“釜石への非常に個人的な支援記録”~http://luckyj.jugem.jp/

こちらを是非ご覧ください。
今の現地の様子を伺い知ることができると思います。

以前送った物資は、大変喜んで頂けたそうで、
自分で送ったものが確実にどなたかの手に渡ったと知ることができ、
私のほうがうれしくなりました。

現地ももちろん季節が変わり、
必要とされる物資も日々どんどん変わっているそうです。
“今、これが必要だ”というものは、上記のブログに載せるようにしているそうですが、
とにかく、悪くなるものでなければ何でも送っていただきたいとのことです。
責任を持って倉庫に保管し、必要な方に必要な時お渡しするとおっしゃっていました。
これから仮設住宅に移れば、また必要なものも変わるでしょう。
本当に“なんにも、なんにもない”状況なんです。。。

長い目で協力したいと大久保さんもおっしゃっているので、
どうぞご無理のない範囲でご協力頂ければうれしく思います。
何か質問等ございましたら、私にご連絡下さっても構いません。

また、こちらでも何かお伝えできればと思っています。
どうかご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

被災地の皆さんのためにも元気にいきましょう‼
どうぞすてきなゴールデンウィークを(^^)
[PR]
by yucantus | 2011-05-02 02:45 | 東日本大震災 | Comments(0)

チャリティーコンサート追加報告

4月24日に集まりました義捐金の報告が、代表・高田正人君から届きました。

当日、会場で皆様から寄せられた義捐金が73万2573円。
そこへチケット収入から諸経費を引いた金額を合わせて、
総額101万4938円となりました!!!
本当に本当に本当にありがとうございました。

コンサートの前、100万円なんて集まったらすごいね...
っと仲間の間で聞こえていたのですが、まさか本当に実現するとは思っていませんでした。
感謝感謝です。
このお金がどうか被災地の皆様のお力になりますように。

確かにお金は大事ですが、今回のコンサートでは、
それ以上、いや、比べものにならないくらい大切なものをお客様、共演者、関係者の皆様、そして音楽から実感させてもらいました。

師匠ジュリアーノが生前、
「確かに生きていく上でお金は必要だ。でもお金はただの紙っぺらだ。それを忘れるな。」
と言われたことをふと思い出しました。
お金だけではない、みんなの気持ちも一緒に届く...そう信じています。

津田ホールHPのコンサートお知らせ欄で、出演者メッセージのコーナーを作って下さり、なにを書こうか本当に悩みました。
悩んだ末、私の中にあったのは「gioia~喜び」という言葉でした。
これもずっと師匠に言われ続けてきた言葉です。
喜びを持って歌えた時、いい声が生まれ、人の心を動かす何かが現れる。。。

音楽は喜びの塊、そして喜びはすべての原動力、
喜びが連鎖してめぐりめぐって被災地のみなさんのところに必ず伝わると信じ歌いました。

この日歌った「サムソンとデリラ」~私の心はあなたの声に花開く...は、
美貌のデリラが怪力サムソンの弱点をつかもうと誘惑するアリアです。
魅惑的なメロディで有名ですが、なぜ誘惑するのかというと、
それは自分の故郷を救うためだからでした。
そのため失敗は許されず、必ずサムソンを落とさねばならない。
そう思えば思うほど、より妖艶に魅力的になってしまうのではと思い、
なんかどこか重なる思いがあってこの曲を選びました。

色んな意味でいい歌を歌いたいと、演奏中はデリラに集中しましたが、、、
ん~~~、音楽は難しいですね。
でも、だからこそ一生身を捧げるだけの魅力と価値があるのかな。。。
中村健先生、嶺貞子先生、栗林義信先生、伊原直子先生のように、
今できなくても、年を重ねていつか、
本当にいい歌が歌えるようになろうと心に近いました。

どうか見守っていてください。

今後も被災地の方々のことを忘れずに、息の長い支援を続けていけたらと思っています。
ありがとうございました。
[PR]
by yucantus | 2011-04-28 15:12 | 東日本大震災 | Comments(0)

二期会の若い仲間たちによるチャリティーコンサート終了。

4月24日のチャリティーコンサート、無事に終了いたしました。
お越し下さった満員のお客様、出演して下さった大御所の先生方、
津田ホール、二期会スタッフ、裏方を無償で手伝ってくれた歌い手の皆様、
そして共演者のみんな、、、
本当に本当に、本当にありがとうございました。

そしてコンサートを企画し、本番では素敵な歌にMCまで披露してくれた高田正人君。
本当に本当にありがとう。。。

出演した私が言うのも変かもしれませんが、本当にいいコンサートだったと思います。
私にとって一生忘れられないコンサートとなりました。

まさにあの日は会場がひとつになっていました。
なんででしょう、、、今思い出しても涙が出そうになります。
それはやはり、被災地や被災者の方々、
また救援の為頑張って下さっている大勢の皆さんへの気持ちがあったからですよね。

これは発起人の高田君が言っていたのですが、
私もこの日、音楽の力はすごいとあらためて気づかされました。
最後、大合唱となった「ふるさと」は涙をこらえてしっかり歌うのに必死でした。
おセンチになった訳ではなく、これが本当の私の姿でした。

出演者の歌もそれぞれの気持ちがこもっていて、本当にみんな素晴らしかった!!
またそれを支えるかのようにお客様が盛り上げて下さり、お客様も素晴らしかった!!!
あの場にいられた事に心から感謝したい。。。
気合が入り過ぎたのか、私はたった1曲しか歌っていないのに次の日もヘロヘロで、
ここですぐにご報告できませんでした(^^;)いつも遅くてごめんなさい。

スペシャルゲストの先生方の歌は、何と言葉にしたらよいのか、、、
我が師匠の中村健先生は御年79歳。
先生の歌う「さっちゃん」と「いぬのおまわりさん」にはいつもながら号泣。
こうしてまだ元気でいてくれる師匠と同じ舞台に立てただけで、
有難くて幸せで感謝感謝。一生忘れません。

伊原直子先生の「ハバネラ」は品格までも感じるカルメンで、
嶺貞子先生の「落葉松」は驚く程つややかなお声で優しさでいっぱいでした。
栗林義信先生の「ヴェニスの幻想」は78歳とは思えない本当に立派なお声で驚愕致しました。

人生の積み重ねがそこに全て表れ、長い間音楽と向き合ってきたその愛情が全て溢れる出るような素晴らしい歌でした。ありがたくて頭が下がる思いで、聞きながら涙が止まりませんでした。
出演者みんなが会場で聞きたいと言って、会場の一番後ろで立って聞いていたのですが、
他にも涙している仲間もいて、全員が何かを感じ、あの場でとても尊いものを学んでいたように思います。

開演前、袖でいらした信頼する二期会Oマネージャーさんが高田君に、
「被災地で本当に多くの方々が亡くなられた。きっと今夜はこの会場に来ているにちがいないよ」と声をかけたそうです。

きっとあの会場にいた全ての人たちの気持ちが伝わったはずです。
また、この仲間たちと一緒に何かができたらいいな。

f0208202_15503083.jpg

終演後、舞台で撮った集合写真。本当に素敵で楽しい共演者でした♪
[PR]
by yucantus | 2011-04-27 15:53 | 東日本大震災 | Comments(0)

小平チャリティーコンサート、追加公演決定

4月1日の行われた小平でのチャリティーコンサートの写真を送って頂きました。

f0208202_12183623.jpg
〜開演前に、出演者、会場のお客様全員で黙祷
f0208202_1219619.jpg
〜ソリスト出演者全員で、フニクリフニクラを熱唱(^^;)、右から2番目が私です


そして昨夜、発起人でありますテノールの下村さんから、
チャリティーコンサート第二弾を公演するとの連絡を頂きました。
また調子にのって(^^;)、私も参加させて頂くこととなりました。

チャリティーといっても、目的は皆さんと一緒に音楽を楽しむことです。
どうぞお気軽に、多くの方々にお越し頂ければと思います。

と言っても、こういう時間が持てるのは、
やはりこの会場にいる全ての方々が被災地の皆さんを思い、
何か力になりたいと思っているからだと思います。
被災地の皆さんにはこの写真をご覧頂けない環境かもしれませんが、
多くの方々が何かしら思い心配しているのは確かです。
どうか、物資だけではなく、こうした方々の気持ちも届きますように。


小平チャリティーコンサート

7月30日(土)16時開演
小平市中央公民館ホール
入場無料


後日、またあらためて詳細をお伝えします。
[PR]
by yucantus | 2011-04-14 12:29 | 東日本大震災 | Comments(0)

4/24チャリティーコンサート追加報告

こちらのブログでお知らせして今日で5日。
チャリティーコンサートが急遽決まって、
公式に発表されてから数えてもまだ1週間しかたっていないのですが、
有り難いことにチケットの売れ行きが好評で、もう残券が間もないそうです。
本当に、本当にありがとうございます。

そしてこの数日の間に、それはそれは“スペシャルな”ゲストが決まりました。
栗林義信先生、我が師匠の中村健先生、伊原直子先生、そして、嶺貞子先生の4名の大先生方です!!!
もう緊張のあまり考えただけで気が遠くなりそうですが、
とにかく、こんな豪華な顔ぶれを1度に聞けるなんて、ほんとぉ〜〜〜に貴重だと思います。
代表の高田君のお話では、「力になれるのであれば...」と、快くお引き受け下さったそうです。
本当に、感謝感謝感謝です(T_T)
私達、若手共演者も先生方の演奏を客席で聞かせて頂こうかと話が出ているくらいです。
どうぞ、皆様ぜひ聞きにいらして下さい。
よろしくお願いいたします。


↓チケットのお問い合わせ
チャリティコンサート専用電話(津田ホール)
TEL.03-3402-7356(平日10:00-17:00)


二期会の若い仲間たちによる
東日本大震災被災地復興支援チャリティコンサート
「行け我が想いよ、黄金の翼にのって」

4月24日(日) 18:15開演
(17:45開場/20時終演予定)
津田ホール(千駄ヶ谷)
料金 1000円

出演
ソプラノ:臼木あい、三宅理恵、嘉目真木子、鷲尾麻衣、醍醐園佳、
メゾソプラノ:小林由佳、清水華澄、長谷川 忍、
テノール:大槻孝志、志田雄啓、高田正人、望月哲也、
バリトン:青山 貴、初鹿野剛、山下浩司、与那城敬、他
ピアノ:朴令鈴、小埜寺美樹

スペシャルゲスト!!
栗林義信、中村健、伊原直子、嶺貞子、(敬称略)

主 催  二期会若手有志震災支援コンサート実行委員会
協 力  津田塾大学津田ホール


↓津田ホールホームページ
http://tsudahall.com/concertinfo/concert110424.htm
こちらに、このコンサートに寄せる出演者全員の直筆メッセージがのっています。
私は“歌・音楽は喜びの固まり。喜びは全ての原動力。少しでもお客様に喜んで頂けるよう、そしてそれがめぐりめぐって被災地の皆様にも届くと信じて歌いたい”という気持ちをこめて、この1文とさせて頂きました。
[PR]
by yucantus | 2011-04-14 00:25 | 東日本大震災 | Comments(0)

「第九」テレビ放映のお知らせ

3月11日の大地震からちょうど1ヶ月。
そして、今日も大きく揺れましたね(>_<)
いいのか悪いのか、あまり驚かなくなってしまいました。

昨日の「第九」は、大盛況の中、終演いたしました。
実はこの公演が、生中継でインターネット配信されるとリハーサルで知り、
すぐに携帯からお知らせしようと思ったのですが、
上野が桜とパンダで大賑わいだったせいか、全く携帯が繋がらず断念致しました。

この公演は、早速4月17日(日)教育テレビで夜9時から、
「N響アワー」の番組で放映されるそうです。

↓NHKホームページより
http://www.nhk.or.jp/nkyouhour/prg/2011-04-17.html
(※ワンクリックでリンクできず、すみません)

もしお時間ございましたら、是非ご覧下さいませ。
私が変な顔で写っていたら、笑ってやって下さい^^;
涙こらえながら歌っていたので、どんな顔していたのか想像もつきません。

この日、会場の東京文化会館は満席。
合唱が舞台に並ぶところから、お客様が拍手で迎えて下さいました。
そしてマエストロが姿を現すとさらに大きな拍手とBravoの嵐!!
会場にいる全ての人達の熱い気持ちが一気に伝わってきました。

マエストロからの温かいメッセージの後、会場全員が起立をして1分間の黙祷。
約2300人のお客様と、舞台上はオケとシンガーズで200人はいたでしょう、
それだけ大勢の人たちが一瞬にして静かになり、祈りを捧げました。
また、この日会場には小泉純一郎元首相の姿も舞台上から見受けられました。

偉大な指揮者はやはり何かが違います。
マエストロの強さ、優しさ、情熱など目に見えない何かが伝わってきて、
最後には演奏者はもちろん、お客様もみんな1つになれたような気がしました。

歌い終えて、気付けば1階席は全員総立ち!!
一瞬、自分が歴史の1ページにいると実感しました。
この公演に参加させて頂き、あの舞台にのれた事を心から感謝しています。

東日本大震災は間違いなく日本史に記され、後世ずっと語り続けられるでしょう。
幾度となく、大きな試練を乗り越えてきた日本。
乗り越えられない試練はない。。。。
もちろん簡単ではないけれど、今こそみんなで力を合わせてがんばりましょう!!


“いまから ここから”
       〜by 相田 みつを
[PR]
by yucantus | 2011-04-12 02:03 | 東日本大震災 | Comments(0)

ズービン・メータ指揮「第九」

間際でのお知らせになってしまったのですが、
明日4月10日、上野の東京文化会館大ホールにて、「第九」が公演されます。

この日は、ワーグナー「ローエングリン」が演奏会形式で公演されるはずでしたが、
今回の震災で中止となってしまいました。
そこに、名指揮者ズービン・メータ氏が日本の為に何か力になりたいと、
急遽来日して下さることになり、この「第九」公演が決まりました。
演奏家がどんどん来日をキャンセルする中、本当に有り難く、本当に嬉しく思いました。
75歳になられるマエストロは昨日来日され、
お疲れのはずなのに、早速昨日の夜、私達合唱の稽古をして下さいました。

私が長年お世話になってきた東京オペラシンガーズは、
今まで小澤征爾、チョン・ミョン・フン、サイモン・ラトル、大野和士など、
素晴らしい指揮者と共に第九を演奏する機会をたくさん与えて頂きました。
小澤さんとは長野オリンピック開会式での演奏でした。
今回は東日本大震災被災者の皆さんのためのチャリティーコンサート。。。
私達日本人が一番愛しているといっても過言ではない、このベートーヴェン「第九」。
また意味合いの違った第九になりそうです。
私も合唱団の1人として、精一杯心をこめて歌いたいと思います!!
笑顔で『Freude!!喜び』と叫び訴えたい。

どうぞお時間がありましたら、1人でも多くの方に聞いて頂きたいと思います。
今からオーケストラ合わせの稽古、がんばってきます♪


東京・春・音楽祭
〜東北関東大震災 被災者支援チャリティーコンサート〜
ズービン・メータ指揮
/NHK交響楽団 特別演奏会
ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 op.125「合唱付き」


4/10(日)16:00開演(15:15開場)
東京文化会館 大ホール

出演
指揮:ズービン・メータ
ソプラノ:並河寿美
メゾ・ソプラノ:藤村実穂子
テノール:福井 敬
バス:アッティラ・ユン
管弦楽:NHK交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ

※東京・春・音楽祭ホームページ
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_785.html
〜c席は完売したそうです。

※NHKニュース/世界的指揮者が急遽来日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110409/k10015195311000.html
[PR]
by yucantus | 2011-04-09 10:35 | 東日本大震災 | Comments(0)


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル