gabbianaのように



水戸線の再開と母の再出発

コンサートを終えて4月2日、地震以来、初めて実家に帰りました。
最寄り駅を走る水戸線がまだ動いていなかったのですが、
両親が、片道車で1時間かかる小山駅まで迎えに行くからということで、
急遽、妹家族と三女も合流し大勢での帰省となりました。
実家までの道のり、青いビニールシートで覆われた屋根、崩れ落ちた塀やガラスなど、
地震被害を目の当たりにしました。
それらを義弟は撮影しまくり、すっかり1人お仕事モードでした。


ガソリンを節約しなければ...と頭をよぎったのですが、母の強い希望もあり賑やかな帰省に。
というのも、以前こちらでも書いたのですが、
母が3月31日をもって、長らく務めた県西病院を無事退職いたしました。
そう、退職を目前にこの大地震に見舞われてしまったんです。
母本人も言っていましたが、最後の最後まで病院に尽くして、、、きっと運命ですね。
ほとんど休まず色々大変そうでしたが、
あの大地震にも関わらず、病院内でのけが人はゼロだったそうで本当によかったです。


帰省したその日の夜は、ちょっとしたお祝いになりました。
母を支えてくれた父にも、本当にお疲れさまですという気持ちでした。
楽しい雰囲気の中、ただ1つ、悲しいお知らせが...という母。
聞くと、私達3姉妹が両親の結婚30周年祝いに贈った花器が割れてしまったとのこと。
生け花を習っていた母が、その花器に花をいけてずっと病院に飾っていたなんて全く知りませんでした。
地震後やっと落ち着いた頃、いつも飾っていたその場所に行ってみると花は跡形もなく、、、
きっと割れてしまったのだと、母は私達に謝ってきました。
でも、きっとあの花器が病院を守って変わりに割れてくれたから、
けが人が1人も出ずに済んだんだと思うと話してくれました。
母に言われると本当にそうな気がして...嬉しいなっと思いつつ、ちょっと泣けました。


翌日にはすぐ帰京するはずが、母が珍しくおなかが痛いと言い始め、
これまた母の要望で1日病院の検査に付き合うはめに。。。
久しぶりに訪れた県西病院は、むかぁ〜し子供の頃にお世話になった、
暖かい気持ちの通う病院に戻っていました。
活気もあって(病院には相応しくないですね^^;)、“お母さん、よかったねぇ〜”と、
私もうれしくなりました。やはり、病院は地域にとって大切なものです!!


母の検査結果はこれといって大きな問題はなく、でも何となく心配で結局4泊。
ちょうど帰京する前夜、お酒片手に私が作った料理を食べながら、母が泣き出しました。
“お母さん、幸せすぎて涙でっちゃう...3月はもう大変で、いつ寝て、いつ帰宅して、いつご飯食べたのか覚えてないもん(ToT)おっきい余震もずっと続いて怖かったぁ〜...(津軽弁混じり)”と。
私は笑い飛ばしましたが、これが本心なのよね...と泣けた母を見て、やっと安心しました。
地震もありますが、中卒でずっと働いてきた母にとって、
きっと今が人生で一番ほっとできているような気がします。
この体調不良も、精神的なものから来ているものでしょう。
これからは父と二人仲良く、のんびり暮らしてほしいです。


母が言ったからじゃないですが、本当に自分達は幸せすぎるくらい幸せだと感じます。
家があって、両親がいて、姉妹もみんな元気で、ご飯が食べられて、着る服もあって、、、
こうして普通に暮せることが何よりも贅沢で幸せな事だと実感。
そう感じれば感じる程、被災地にいる皆さんはどんなに頑張っているのだろうと心が痛いです。


3月11日の地震以来ずっと、水戸線の電車が上下線共に岩瀬駅に停車していました。
ちょうど母が就職した44年前の3月、水戸線が電気化されたそうです。
その電車が今は岩瀬駅にずっと停車したままでいる...
“なんかお母さん、変な感じがする。これも運命かしらね”なんて話してくれました。
その電車が今日、4月7日に復旧しました!!よかったですね(^_^)
ネット等で水戸線の被害を写真で見ましたが、復旧に携わった多くの皆様、
本当にお疲れさまです。そして、ありがとうございました。


先程観た番組で、ある会社の社長さんが“理想は知識を超える”とおっしゃっていました。
その通りだと思います!!!!!
理想がなくては何もできないし、何も始まらない。
今の時代、原発なしでの生活は難しいのかもしれないが、私はできると思う。
口で言うのは簡単なんですよね(^^;)
でも、やはり自然界にないものを人間が作ってしまう事に、私は恐怖を感じる。
また技術だけではなく、生活する私達もそのスタイルも変えていくべきなのだと思う。


素敵な未来を想像すれば、全てはそこに向かうはず。
水戸線も母も父も私も、そしてこの日本も、一体どんな未来がくるのだろう。
それは今より幸せであると信じている。そう思うとこれからが楽しみだ♪
両親の第二の人生が、健やかで楽しい毎日でありますように。。。
[PR]
by yucantus | 2011-04-08 04:18 | 東日本大震災 | Comments(0)
<< ズービン・メータ指揮「第九」 若手有志によるチャリティーコンサート >>


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
素晴らしすぎるオペラ...『..
at 2017-04-03 02:51
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル