gabbianaのように



二期会研修所での試演会

前回の日記に書いた本番の次の日、14日は二期会研修所の試演会でした。
この日バレンタインデーでしたが、もちろん私には全く関係ございませんでした(^^;)
試演会とはオペラの重唱部分を演技付き歌う試験なのですが、
私はメゾソプラノの役をお手伝いしたという訳です。
私がお手伝いさせて頂いたのは、弟55期本科の篠崎義昭先生クラス♪
私は篠崎先生をはじめ諸先生方、指揮者の時任さん、演出家の澤田さん、
ピアニストさん達、このクラスの皆さんがだぁ〜い好き(♡o♡)幸せでした!!

昨年の10月から研修生のみんなとがんばってきて、
この日はまさに先生のような母のような気持ちでした。
とは言え、研修生にとっては試験ですが、私にとっては本番。失敗は許されません。
何より、一緒に組んだ研修生が輝いてみえて欲しいですからね♪
前日の本番の疲れもあり少々不安でしたが、がんばりました。

とにかく、研修生のみんな、よく歌ってました!!よくがんばった!!えらい!!!!!
いつも通り歌えなかったり、体調を崩してしまったり、この日だけうまくいったり、
色々あったと思いますが、私の目にはみんな成長してみえました。
初めて稽古に参加した時の顔つきとは全く違って、この日はきりっとしていました。

2年前「蝶々夫人」でご指導頂いた演出家の栗山先生が、
「芸術の世界というのは、とても時間がかかるもの。そうわかった上で頑張りなさい。」
とおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。
今の時代、パソコンや機械、あらゆる技術の発展が色んな事を簡単に、且つすばやくできるようにしてくれましたが、自分たちの体は決して機械のようにはいきません。
そこを錯覚しないで欲しいと思います。“このボタンを押せばこうなる”とはいきません。
歌の世界に限りませんが、私達が学ぶべき所は目に見えないものの方が多いでしょう。
だから、そこを克服するのは難しい。逆を言えば簡単なことかもしれません。
うまく行かずもどかしい思いばかりするかもしれないけど、それができた時の喜びは格別のはず。
またそれは努力の証しでもあり、知らないうちに“自信”へと繋がるでしょう。
その喜びのための苦労を楽しめるようになってほしいと思います。

今回の助演で、また自分の未熟さを痛感しました。
それに気付かせてくれた先生方や研修生たち、そしてこの機会に感謝です。
稽古中、できもしないのに偉そうな事ばかり言ってすみませんでした(苦笑)。
いつか舞台で会える日を楽しみに、私もがんばります!!

打ち上げでは、たくさんのプレゼントときれいなお花、そして寄せ書きを頂きました♪
f0208202_139117.jpg

〜たぶん寄せ書きを頂くのは、母校に教育実習に行った時以来。嬉しいものですね...

この日は大雪で、この後帰宅が夜中3時になるとは夢にも思いませんでした(>_<)
みんなは結局朝まで飲んでたのかな...???
[PR]
by yucantus | 2011-02-17 13:25 | 出来事 | Comments(0)
<< 2012年スケジュール 練馬合唱団との素敵な時間 >>


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
『ルチア』初日
at 2017-03-14 11:40
2017年スケジュール
at 2017-03-13 14:05
2年ぶりの再演
at 2017-01-28 01:40
2017年活動開始
at 2017-01-15 23:45
ありがとう、2016年‼︎
at 2016-12-31 23:56
カテゴリ
最新のコメント
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:15
初めてコメントいたします..
by ミッチェル at 23:14
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル