gabbianaのように



協奏曲と合唱の夕べ

今年もあっという間に師走になってしまいましたね。
ずっとお天気続きで、それだけで毎日幸せな気分です。
なんて歌い手は安上がりなんでしょう、、、って、歌い手でくくってはだめですね。
私だけかな。

さて季節労働者の私たちは、12月はとても忙しい時期。早速お知らせです。
もう明後日のお話なのですが、12月3日(金)東大和ハミングホールにて、
私の大好きな曲、モーツァルト“レクイエム”のアルトソロを歌わせて頂きます。

合唱では何度も歌った事があるのですが、ソリストは初めて!!
合唱団は、私が20代の時住んでいた東大和市の皆さん。
今年2月の演奏会に引き続き、年に2度もソリストを歌わせて頂けて感謝感謝です。

モーツァルトの命日は12月5日。
久しぶりにCDを聞こうと棚をあさって出てきたのが、
1991年12月5日、モーツァルト没後200年を記念してにウィーンで演奏された録音。
確か世界に生中継され、日本では夜中の放送だったんですが、自分もテレビで見た記憶があります。
この曲に奇妙なお話つきまとっているのは抜きとして、いやぁ〜、やっぱりいい曲ですね。
私は“天才”という言葉があまり好きではないんですが、
モーツァルトだけは天才かもと素直に思えます。

“レクイエム”とは「カトリック教会で行われる、死者のためのミサ典礼」。
キリスト教の礼拝で最も重要な儀式の一種だそうで、つまり死者を追悼するもの。
ラテン語の歌詞を読んでいると、つくづく感じるのは“私は日本人だなぁ〜”という事。
情けないお話ですが。。。
私は宗教は嫌いなのですが、神様はいると信じています。
その神様も色々で、私は八百万の神様が一番ピンとくるかな。
結局のところ、最終的にはみんな同じ神様な気がするんですけどね。
このキリスト教の精神を理解するのは、私には至難な技のように感じてしまうのです。

でも、そこは天才モーツァルトの為せる業なのか、この曲を歌っていると涙が出そうになります。
理解を深める努力は続けようと思いますが、
とにかくこの気持ちのまま、素直に歌いたいと思います。

今夜はオケ合わせです。

※チラシがアップできません(>_<)後ほどまた試してみます。
[PR]
by yucantus | 2010-12-01 14:37 | コンサート | Comments(0)
<< 悲しいこと 写真を送って頂きました。 >>


メゾ・ソプラノ 小林由佳のうた人生
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
演奏、レッスン依頼などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

yucantus_1248@hotmail.
co.jp

最新の記事
カテゴリ
最新のコメント
♪浦聖治さま、 田..
by yucantus at 15:37
田辺市でカルメンが観れる..
by 浦聖治 at 09:34
♪アツコさま 嬉し..
by yucantus at 23:16
こんにちは、いま、NHK..
by アツコ at 16:44
♪ミッチェルさま、 ..
by yucantus at 20:21
記事ランキング
ブログパーツ
画像一覧
検索
ファン
ブログジャンル